2017年6月13日 (火)

フライト ULF-1.1

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第57回の今回は,フライト ULF-1.1.

  2006年7月6日,STS-121ミッションのスペースシャトル「ディスカバリー」がドッキングした.「コロンビア号空中分解事故」以来,ISS滞在要員は2人になっていたが,このフライトで第13次長期滞在クルーにドイツ人宇宙飛行士のトーマス・ライターが加わったことにより,元の3人体制に戻っている.

  まずはSTS-121「ディスカバリー」↓.
1/100スケールペーパークラフトによる STS-121「ディスカバリー」

STS-114ミッション時(上)とSTS-121ミッション時(下)のドッキングシステム横のツールボックス↓.
STS-114ミッション時(上)とSTS-121ミッション時(下)のドッキングシステム横のツールボックス

ユニティ」船首側の「PMA-2」にドッキングして↓.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年7月6日の状態)

ドッキングした状態の「ディスカバリー」↓.
国際宇宙ステーションにドッキングした STS-121「ディスカバリー」

  7月7日,「ディスカバリー」のペイロード・ベイから多目的補給モジュール「レオナルド」が取り出され,「ユニティ」地球側の共通結合機構に取り付けられた.なお,このフライトからは,「レオナルド」も側面のビジュアル・ターゲットが無くなっている.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年7月7日の状態) ビジュアル・ターゲットが無くなった「レオナルド」↓.
ビジュアル・ターゲットが無くなった「レオナルド」

  7月11日,予備ポンプモジュールが「ESP-2」に設置された.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年7月11日の状態)「予備ポンプモジュール」が設置された「ESP-2」↓.
「予備ポンプモジュール」が設置された「ESP-2」

  7月14日,「レオナルド」が取り外され,「ディスカバリー」のペイロード・ベイに格納された.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年7月14日の状態)

  7月15日,STS-121「ディスカバリー」が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年7月15日の状態)

  フライト ULF-1.1 としてはここまでだが,次の フライト 12A までの間に,

  8月4日,「クエスト」右舷側外壁と高圧タンク外壁に2つの材料曝露実験装置(MISSE-3MISSE-4)が取り付けられ,「S1トラス」地球側に外部照明装置が取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年8月4日の状態) 2つのMISSEが取り付けられた「クエスト」↓.
2つのMISSEが取り付けられた「クエスト」S1トラス」地球側に取り付けられた外部照明装置↓.
「S1トラス」地球側に取り付けられた 外部照明装置

・・・ということで,実に久しぶりにシャトルのフライト.

でも,このフライトは多目的補給モジュールによる物資補給がメインで外観的には地味に変化しただけ.
次のフライト12Aで大幅に変化するのだけれど,ここでそれを紹介できるのはいつのことになるやら.
(4月から職場が変わって,なかなかここを更新する時間がとれてなかったり)
まぁ気長に待ってやってくださいませ.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight ULF-1.1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月22日 (水)

フライト 22P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第56回の今回は,フライト 22P.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年6月27日の状態) 2006年6月27日,プログレス補給船(M-57)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.

・・・

今回もこれだけ.しかも写真も使いまわし.

でも!

次はいよいよスペースシャトルの飛行再開♪(フライト ULF1.1 (STS-121))

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 22P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月 8日 (水)

フライト 21P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第55回の今回は,フライト 12S.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年4月27日の状態)2006年4月27日,プログレス補給船(M-56)が「ズヴェズダ」後方のドッキング・ポートにドッキングした.

  6月19日,プログレス補給船(M-55)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年6月19日の状態)

・・・今回もこれだけ.しかも,写真も以前のものを使いまわしだったり・・・

次の「フライト 22P」もプログレス補給船がドッキングするだけだが,その次はいよいよスペースシャトル飛行再開♪

とりあえず,

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 21P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月22日 (水)

フライト 12S

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第54回の今回は,フライト 12S.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年4月1日の状態) 2006年4月1日,第13次長期滞在クルー(Expedition 13)を乗せたソユーズ宇宙船(TMA-8)が「ザーリャ」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.

  4月9日,帰還する第12次長期滞在クルー(Expedition 12)を乗せ,ソユーズ宇宙船(TMA-7)が分離. 1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年4月9日の状態)

・・・今回もこれだけ.この状態はもう少し続きます.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 12S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 9日 (木)

フライト 20P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第53回の今回は,フライト 20P.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年12月24日の状態) 2005年12月24日,プログレス補給船(M-55)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.

2006年3月3日,プログレス補給船(M-54)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年3月3日の状態)

3月20日,ソユーズ宇宙船(TMA-7)が,「ザーリャ」地球側のドッキング・ポートから,「ズヴェズダ」後方のドッキング・ポートに移動した.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2006年3月3日の状態)
今回もこれだけ.
プログレス補給船(使い回し)を1機くっつけ,別なプログレスを外し,ソユーズを移動しただけです.はい.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 20P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月10日 (火)

フライト 11S

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第52回の今回は,フライト 11S.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年10月3日の状態) 2005年10月3日,第12次長期滞在クルー(Expedition 12)を乗せたソユーズ宇宙船(TMA-7)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.

  10月11日,帰還する第11次長期滞在クルー(Expedition 11)を乗せ,ソユーズ(TMA-6)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年10月11日の状態)

  11月8日,船外作業により,「P1トラス」左舷端地球側に「外部テレビカメラ(ETVCG)」が取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年11月8日の状態)P1トラス」左舷端地球側に取り付けられ「ETVCG」↓.
「P1トラス」左舷端地球側に取り付けられた ETVCG

  11月18日,ソユーズ宇宙船(TMA-7)が,「ピアース」地球側のドッキング・ポートから「ザーリャ」地球側のドッキング・ポートに移動した.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年11月18日の状態)

  ソユーズ宇宙船をくっつけ,ちっちゃなパーツ(ETVCG)を取り付け,ソユーズ宇宙船を移動しただけ.ソユーズ宇宙船は使い回しなので,実際に作ったのは「ETVCG」だけ.

  今回はこれでおしまい.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 11S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月12日 (月)

フライト 19P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第51回の今回は,フライト 19P.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年9月10日の状態) 2005年9月10日,プログレス補給船(M-54)が「ズヴェズダ」後方のドッキング・ポートにドッキングした.

  前回のフライトで(フライト LF-1)でスペースシャトルの飛行が再開されたものの,打ち上げ時に外部燃料タンクから断熱材が落下していたことが判明,これにより,再びスペースシャトルの飛行が凍結されてしまったため,またしばらくの間は「ソユーズとプログレスを付けたり外したり」の状態に逆戻り.

  というわけで,今回はプログレスを「ズヴェズダ」後方にくっつけただけ,写真も使い回しだったりします.

  とりあえず,

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 19P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

フライト LF-1

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第50回の今回は,フライト LF-1.「コロンビア号空中分解事故」後の飛行再開ミッションでもある.

  2005年7月28日,STS-114ミッションのスペースシャトル「ディスカバリー」がドッキングした.なお,このフライトでは,ミッション・スペシャリストとして,日本の野口聡一宇宙飛行士が搭乗していた.
  このフライトまで2年と5ヶ月に及び,スペースシャトルの飛行を凍結させることになった,「コロンビア号空中分解事故」は,打ち上げ時に燃料タンク上部の「バイポッド・ランプ」から断熱材が落下,「コロンビア」の熱防御システムを損傷させていたことが原因であった.再びこのような事故が発生することを防止するため,このフライトから,ペイロード・ベイ右舷側に「オービター・ブーム・センサー・システム(Orbiter Boom Sensor System : OBSS)」が搭載された.これは,先端にテレビカメラとレーザー・センサーを取り付けた延長ブームで,軌道上でオービターのロボットアーム(Shuttle Remote Mamipulator System : SRMS)の先端に接続,機体の熱防御システムを検査するためのものである.また,ISSにドッキングする直前にISSの近くで機体を一回転させ,ISSから滞在クルーが機体の詳細をデジタルカメラで撮影する「ランデブー・ピッチ・マヌーバ」もこのフライトから行われることとなった.
  7月26日の打ち上げの際に撮影された映像から,打ち上げ後に外部燃料タンクから数度に渡って断熱材が落下していたことが学人され,(少なくとも)そのうちの1つがオービターの右翼に衝突していた.OBSSを用い,レーザースキャンと画像診断を行った結果,このフライトでは問題がないことが確認されたが,後のフライトでも打ち上げ時に同様の状況が発生した場合,オービターの熱防護システムに損傷を及ぼす危険性があると考えられたため,7月27日,外部燃料タンクからの断熱材落下の問題が解決するまで,スペースシャトルの全ての飛行が延期されることが決定された.

  まずはSTS-114「ディスカバリー」↓.
1/100スケールペーパークラフトによる STS-114「ディスカバリー」 ペイロード・ベイ右舷側にOBSSが搭載されている.

  「ユニティ」船首側の「PMA-2」にドッキングして↓.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年7月28日の状態)
ドッキングした状態の「ディスカバリー」↓.
国際宇宙ステーションにドッキングした STS-114「ディスカバリー」

  7月29日,「ディスカバリー」のペイロード・ベイから多目的補給モジュール「ラファエロ」が取り出され, 「ユニティ」地球側の共通結合機構の取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年7月29日の状態)  「ユニティ」地球側に取り付けられた「ラファエロ」↓.
「ユニティ」地球側に取り付けられた「ラファエロ」 このフライトから,側面のビジュアル・ターゲットが無くなっている.
↓こちらは,フライト 6A (2001年4月24日)のラファエロ.
「ユニティ」地球側に取り付けられた「ラファエロ」(2001年4月24日)

  7月31日,船外作業により,フライト 7A.1 で取り付けられた2つの材料曝露実験装置(MISSE-1およびMISSE-2)が回収された.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年7月31日の状態)MISSE回収後の「クエスト」↓.
MISSE回収後の「クエスト」こちらが回収前(と言うか取り付け時)↓
「クエスト」に取り付けられた2つの「MISSE」

  8月4日,「船外保管プラットフォーム-2(ESP-2)」が「クエスト」船首側の外壁に取り付けられ,さらに,新たな材料曝露実験装置(MISSE-5)が「P6トラス」上端部右舷側に取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年8月4日の状態)クエスト」船首側外壁に取り付けられた 「ESP-2」↓.
「クエスト」船首側外壁に取り付けられた「ESP-2」P6トラス」上端部右舷側に取り付けられた「MISSE-5
「P6トラス」上端部右舷側に取り付けられた「MISSE-5」

  8月5日,「ラファエロ」が取り外され,「ディスカバリー」のペイロード・ベイに格納された.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年8月5日の状態)

  8月6日,STS-114「ディスカバリー」分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年8月6日の状態) 前述のように,この後のスペースシャトルの全ての飛行が延期されることとなったため, 次にスペースシャトルがドッキングするのは2006年7月6日(STS-121「ディスカバリー」)のことである(この時点では未定).

「フライト LF-1」としてはここまでだけれど,次の「フライト 19P」の前に,

  9月7日,プログレス補給船(M-51)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年9月7日の状態)

・・・というわけで,実に久しぶりのスペースシャトルのフライト.
がしかし,この後またしばらく「ソユーズとプログレスを付けたり外したり」に逆戻り.

はぁ,先は長い.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight LF-1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月13日 (木)

フライト 18P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第49回の今回は,フライト 18P.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年6月19日の状態)2005年6月19日,プログレス補給船(M-53)が「ズヴェズダ」後方のドッキング・ポートにドッキングした.

  7月19日,ソユーズ(TMA-6)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートから「ザーリャ」地球側のドッキング・ポートに移動.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年7月19日の状態)

・・・

これだけ.

ではあるのだけれど,今回は「プログレスをくっつけ,ソユーズを移動しただけ」

・・・ではなく・・・

  実は,ソーラー・アレイ・ウィングのマストを作りなおしている.
  「フライト 10S」までは,最初に作ったものをそのまま使っていた.
  それが↓.
フライト 4A で展開された右舷側の太陽電池パドル

  ところが.

  いよいよ2組目のソーラー・アレイ・ウィングのトラス部分を作り始めてみたところ,

・・・色味が違う・・・

  上の写真のものを作った後,プリンターを買い換えていたのだった.仕方がないので,
「あぁ,あの作業をやり直さなきゃならないのか・・・」
と思いつつも,全部作りなおすことに.

で,とりあえず1本完成.
作ったもののボツにしたトラス ・・・

でもさ,ここの部分がオレンジ色ってのはおかしいよねぇ.

折角完成したこの一本をボツにし,色を変えてもう一度つくりなおし.

そんなわけで,
ソーラー・アレイ・ウィングのトラスを入れ替え 向かって左側が古い方,右側が新しく作りなおした方.

まぁ苦労した甲斐はあったというべきか.

そして,この時覚悟したことではあったのだが,この作業をこの先何度も繰り返すことになるのであった・・・

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 18P

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月26日 (金)

フライト 10S

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第48回の今回は,フライト 10S.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年4月17日の状態) 2005年4月17日,第11次長期滞在クルー(Expedition 11)を乗せたソユーズ宇宙船(TMA-6)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.

4月25日,帰還する第10次長期滞在クルー(Expedition 10)を乗せ,ソユーズ(TMA-5)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年4月25日の状態)
6月16日,プログレス補給船(M-52)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年6月16日の状態)
・・・

  今回もこれだけ.
ただ,「ソユーズとプログレスがくっついたり離れたりするだけ状態」はとりあえずもうあと1回だけです・・・

というわけで,とりあえず

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 10S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧