2013年2月16日 (土)

小惑星 2012DA14

  今朝早く,2012DA14という小惑星が地球のすぐそば,しかも静止衛星軌道より内側を通り抜けて行った.

  この情報は事前に話題になっていたので,その軌道を調べ,
「午前5時頃しし座δ星のあたりに網をはっていれば捕まえられるはず」
と思っていた.
  で,昨日の昼間,星図を見ていて気がついた.
「そこって,系外銀河トリオのすぐ近くじゃん」
ここは一つ,三つの銀河と共に小惑星の軌跡を写真に写してやろうという作戦を立てた.

  そして夕方.

  昨日の晩は市内某小学校で観望会の予定があったのだが,夕方は雨で,この観望会は屋内での天文教室となった.
(これ,朝までに晴れるのか?~)
  ベテルギウスの超新星爆発の話題など話しながら,心の片隅では翌朝の天気を心配していた(参加者の皆様,ごめんなさい)

  でも,天文教室が終わった頃には月がうっすらと見え出し,後片付けが終わって帰宅する頃にはかなり晴れ間が広がっていた.
「こりゃいけるかも!?」

  寝過ごしてしまわないように注意して,とりあえず就寝.

  目が覚めたのは午前3時頃.天気は・・・快晴!

  とにもかくにもポタ赤と望遠レンズを用意.
  まずは,狙ったあたりにカメラを向け,テスト撮影.
「よし,これでちゃんと写る!」
カメラのモニターに写し出された画像には,件の銀河たちが確かに写っている.
  そして,画像と星図を見比べ,小惑星の軌道がきちんと中央を通るように微調整.

  04:40頃.
  いよいよ撮影を開始.

  え?

  いきなり線になって写る天体があった.まだ早いじゃないか・・・って,これは人工衛星か・・・

  そして04:51.
「来た!」
画像には確かに南から北に移動する天体が写っている.いやぁ,カメラの画角に入ってきた時は感動した.

  そのまま,小惑星が画角から出て行くまで,30秒の露出を繰り返す.
  05:02頃,小惑星2012DA14は画角の北へと去って行った.

  撮影終了.満足して後片付けに入ったのだが,このタイミングで急に強い風が吹き始めた.
  何というタイミング!
  今朝使ったのはポタ赤.強風下ではブレてとても望遠レンズでの撮影なんぞできる訳がない.風が吹き始めるのが30分早かったらアウトだった.

  そして夜が明け,撮影した画像を「比較明」で合成したのが↓.
2012da14_130216_2 (クリックして是非大きな画像でご覧ください.1200 x 1800 pixel,884kb)
上下にまっすぐ貫いているのが小惑星2012DA14の軌跡,横切っているのが直前に見られた人工衛星,そして,右上の方には,フレアを起こしたとみられる人工衛星も写っている.また,小惑星の右側には,狙い通りM65,M66,NGC3628の3つの銀河たちもきっちり写っている.

・・・そういえば・・・

以前に撮った写真には↓こんなものも.
Ngc3628_030108 銀河はNGC3628,中心やや下に写っている線は,丁度通りかかった小惑星「アクィタニア」.

  ・・・「NGC3628の近くを小惑星が通過する」って,私には結構縁があるのかねぇ.

  ところで.

  この小惑星の撮影が終わり,「さっそくネットにアップ♪」と思ったところで,「ロシアで隕石が落下」というニュースを見つけた(遅い?).隕石の落下で多数のけが人が出たというのは多分史上初めての出来事.この隕石は北から南に向かう軌道で,2012DA14は南から北に向かう軌道なので両者には全く関係はないのだが,史上初めての出来事と,小惑星の「超接近」がほぼ同じ日に起こるなんて,こんなこともあるもんなんだねぇ.

  とにもかくにも,ロシアで被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます.

 

「小惑星の超接近が気になっていたところで,方や隕石の衝突なんて滅茶苦茶驚いた」という方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月14日 (金)

流星群

  昨日(13日)から今朝(14日朝)にかけて,ふたご座流星群が極大.
  私は,市内の公園で観望会を企画していた.

  直前になって,宵の頃にもう一つの流星群,ウィルタネン彗星(46P)起源の流星群が見られる可能性があるという情報が入ったので,少し早めに観望を始めるつもりでいた.

  ところが.

  こういう時に限ってこういうことが起こるんだよねぇ・・・

  さぁ出かけるか!と思っているところに電話がかかってきた.
  この電話が終わり,「どうしてこういうタイミングで電話がかかってくるかなぁ」と思いつつもようやく出発・・・したのだが,交通事故の現場に遭遇・・・

  そんなこんなで,観望会場に到着したのは,予定より30分だけしか早くなかった.
  気を取り直して機材を設置,とりあえず最初は件の流星群の輻射点に向けて撮影開始.

  ・・・流れるのはふたご座流星群の流星ばかり.しかもカメラの向いていない方向ばかり・・・
  それでも,19:47頃,輻射点近く,どうやらこの流星群のものと思われる明るい流星が現れた.
「よし,あれは写ったぞ」
と思っていたのだが,画像をチェックしてみると,
Meteor_121213_01 まぁ写ったっちゃあ写った・・・といった程度.
  この後もしばらくはこの方向にカメラを向けていたけれど,それらしい流星は全然見られなかった.

  気を取り直して,本来の目的であるふたご座流星群に切り替え.
  絵になりそうな方向にカメラを向けて撮影開始.
  23:38頃.カメラの向いている先に,経路の長い流星が現れた.
「よし,こいつは写ったぞ」
Meteor_121213_02 ううん,あれでこんなもんか・・・流星ってなかなか良く写ってくれないねぇ.

  結局,会場にやってきたのは知り合いばかり5人ほど.しかも入れ替わり立ちかわりで,今ひとつ盛り上がらなかったけれど,とにもかくにも撮影は午前1時頃まで継続.今ひとつ流星の数も増えて来なかったし,すっかり体も冷えきったし,
「さぁて,こんなもんかなぁ」
と機材を撤収.

  ・・・機材を撤収した頃から立て続けに十数個の明るい流星が.
  まぁそんなもんだ.

  結局,流星が一番良く写ってくれたのが,23:49頃の↓
Meteor_121213_03 でも待てよ・・・写っている方向から言って・・・これって,「うお座流星群」でもふたご座流星群でもないじゃん.

  世の中,やっぱりうまくは行かないのであった.

 

この記事を読んで,「うーん,ありがちありがち!」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.是非!→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年11月29日 (木)

半影月食

  昨日(28日)夜には半影月食があった.

  天気は夕方まで曇り.しかも今にも雨が降り出しそうだった.さらに,強い冷え込みで,
「こりゃ雪が降ってきても不思議じゃないぞ」
なんていう状況.

  ところが,20:00近くなって急に晴れ間が広がり,満月が顔を出した.

  こりゃ大変!

  半影月食の撮影をすべく,自転車をとばして自宅へ!

  自宅にたどり着いてすぐ,撮影機材の準備.
  機材の組み立てが終わり,さてこれからカメラのピント合わ・・・え゛?

  雲がいっぱい.いつしか満月も厚い雲の向こうへ.

  ・・・どうしていつもこうなる・・・

  しかし,なんだか悔しいので,持ち出した機材をそのままにして一度自室へ.
  遅い夕食をとり,もう一度外へ.

  む!晴れてるじゃないか.おちょくってんのか!

  とにもかくにも急いでピントを合わせ,最初の一枚.
半影月食直前の月 2012年11月28日 21:13 これを撮影したのが21:13.欠け始めにぎりぎり間に合った.今回の月食は淡いので,欠ける前,つまり普通の満月の写真を撮っておかないとわかり辛いのだ.

  この後は20分おきに撮影.

  ↓これは22:33に撮影したもの.
半影月食 2012年11月28日 22:33 お,確かに左上が少し暗くなっている.

  そして,食分が最大になる23:33頃.
半影月食 2012年11月28日 23:33 写真では結構良くわかるのだが,肉眼では
「その気になって見れば,なんとなく片側が暗くなっているような・・・」
という程度ではあった.

  この後も,食終了まで撮影を続けるつもりだったのだが,この頃から濃い霧が立ちこめ始めた.そしてこの霧はかなり濃くなり,いつしか空に見えるのは月と木星だけになってしまった.

  ただでさえわかり辛い半影月食なのに,この濃い霧じゃあ・・・

  ということでこれ以降の撮影は断念.

  ちなみにこの時,いつも星を指し示すのに使っているLEDライトが
ライトセイバー? 見事にライトセイバー状態.

  思わず童心にかえって遊んでしまったじゃないか.

 

この記事を読んで,「相変わらず天気相手に戯れてるねぇ」とった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月27日 (火)

金星と土星

  昨日(26日)は宵の頃まで雨.ろくに空を見ることもなくさっさと就寝.
  そして,例によって例のごとく,明け方目が覚めた.窓からチラッと外を見てみると,晴れている様子.

  とりあえず外に出てみた.

  快晴.いかにも雨上がりの星空.うーん,星が綺麗だ.

  あ.

  そう言えば,土星と金星が並んで見えるのって,そろそろじゃなかったっけ.

  急いで調べてみると,なんと今日じゃないか.

  東の空を見てみると,

  げ.

  自宅の東側は林.木々の隙間から辛うじて並んで光る土星と金星の姿は見えるけど,これじゃ写真は撮れない.もう1時間ほど待てば林の上まで昇ってくるのだろうが,それまで待っていたのでは夜が明けてしまう.

  えーい,やっぱりここじゃダメだ.

  ベンチコートの下は寝間着のまま,車に飛び乗り,近くの川べりへ.

  む,ここは明かりが多いのか・・・ええい,でももう時間がないぞ!

  ということで,少しでも明かりが画面に入らない場所を選んでカメラを設置.

  その結果が↓.
金星と土星 明け方のランデブー 2012年11月27日 まぁ悪くないか.マンション(?)の明かりがむしろいいアクセントになってるかも.
金星と土星のあたりをトリミングしたのが↓
金星と土星 2012年11月27日ちなみに,金星の光で光条を出すために,レンズの絞りを深めにしてある.

  ・・・というわけで,ドタバタ劇の割にはそこそこいい写真が撮れた(と思う).今日は憑いてツイてるかも!?

 

「今朝の東の空は綺麗だったよねぇ」と思いう方も,「しまった!見逃した!」という方も,とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 2日 (金)

月と木星

  今朝,例によって例のごとく03:00過ぎに起きてみると,

  快晴.

  中天高くには月が輝き,そのすぐ近くには木星の姿があった.
「よし,これを撮っておこう」
と思ったのだが,次の瞬間には,
「こういうのは難しいんだよねぇ・・・」

  とりあえず一枚.
月と木星 2012年11月2日 その1 案の定,木星がどこにあるかよく探さないとわからない.実際の空では木星だって凄く目立っているのに.

  とりあえず,木星が写るように露光を変えてもう一枚.
月と木星 2012年11月2日 いやたしかに木星も写った(ガリレオ衛星まで!)ものの,月が月らしくない.しかも,左側にはものの見事にゴーストが写っているし.

「やっぱり難しかったか」
ということで,とりあえず全天の写真を撮影して,
2012年11月2日 自宅にて 撤収.

  もう一度就寝した後,露光を変えて撮影した写真を使って,HDR合成をためしてみる.
月と木星 2012年11月2日 その3 ・・・やっぱりダメなものはダメか.

  写真はともかく,今朝の空では接近して輝く月と木星が見事だった.明るい月と,月よりはずっと暗い木星を一緒くたに見ることができる人間の目.つくづく凄いと思う.

 

「“何でも見た目の通りに写るカメラ”なんてものが発明されたら絶対欲しい!」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

雨上がり,夜明け前

  昨日(23日),夕方は雨.自転車通勤の私,帰り道は結構難儀したのだが・・・
  予報によれば明け方は晴れ.
「今日は明け方に賭けてみようか」
明けの明星もあることだし.

  普通に生活している人ならば,明け方3時に起きるというのはちょっと気合が必要なのだろうが,私にとっては(あんまり歓迎できるものでもないが)すっかり習慣.
  きっちり3時過ぎに起きだし,とにもかくにも全天の写真を一枚.
2012年10月24日 自宅にて 快晴!というわけでもなかったが,さすがに雨上がり,透明度は実に素晴らしかった.
  この時,まだ明けの明星は見えていなかった.

  さてどうしようか.

  夏にやってみた,
天の川全景 モザイク合成 (クリックで拡大,1800 × 1026 pixel,651kb)
天の川全景のモザイク写真が面白かったので,
「ここはひとつ,冬のダイヤモンドのモザイク写真をやってみようか」

  ということで,ポタ赤を持ち出して撮影開始.
  そしてその成果が↓
「冬のダイヤモンド」モザイク合成 2012年10月24日 自宅にて (クリックで拡大,1200 x 1185 pixel,339kb)
モザイク合成はバッチリ.ただそれだけに,右下の一角を撮ってなかったのがなんとも残念!今度やる時は,空の暗い場所で,しっかり計画を立ててやることにしよう.

  そうこうしているうちに,明けの明星も上がって来ていた.丁度東に見える林の木々の隙間に見えていたので,面白がって一枚.
明けの明星 2012年10月24日 この大きさだとイマイチ面白くないので,金星を中心に少しトリミングして
明けの明星 2012年10月24日(トリミング) それにしても明るい.すぐ右下に写っているナトリウムランプと競っているようだ.

  それにしても雨上がりの星空ってのは気持ちいい.いつもこうだといいんだけど・・・ってそんなわけないか.

 

この記事を読んで,「せっかくうまく行っても,やっぱりどこかぬけてるってのはいかにもアンタらしいね」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

月面X 再び

  昨日は20時頃,月面のプールバッハ,ラカイユ,ブランキヌスの三つのクレーターの境目に「X」の文字が浮き上がる「月面X」が見られた.
  ↓これが昨日の「月面X」.
Moonx_121022203501 (クリックで拡大,600 x 600 pixel,160kb)

前回は薄明中から既に見られていたが,今回は薄明終了からやや時間があったので(というより,「もう見えてるかな?」と思ったが,最初は「X」は見えていなかったので),今回は連続写真にしてみた(インターバルはいい加減だけど).
Moonx_121022_sequence (クリックで拡大,800 x 600 pixel,153kb)
「欠け際」がだんだん西に移動し,「X」の文字が浮かび上がって行く様子が(とりあえず)よく分かる.月の「日当たり」も刻々と変化していることをものすごく実感.

  本当はこの後,「X」付近一面に陽があたり,「X」が見えなくなるまで粘るつもりだったのだが・・・実は昨日の昼頃に急に襲ってきた腰痛のためギブアップ.実は上の写真も,時々呻き声を上げながら,「ちきしょう」とか「くっそー」とか言いながら,ほとんど涙ながらに撮った写真だったりする.

  ・・・タイミング悪すぎ・・・

 

この記事を読んで,「腰痛をおしてでもきっちり写真を撮るあたりは執念だねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

十六夜(じゅうろくや)

  今年の中秋の名月の日は台風17号が直撃,月を眺めているどころではなかったが・・・
  それでも,水戸地方では心配されたほどの被害は出ず,とりあえず一安心.

  ・・・となれば,台風一過に期待.

  昨日(1日),朝は確かに台風一過の快晴で,午前中は夏が戻ってきたような暑さだった.
  ところが,午後になって雲が広がった.夕方になって一時的に晴れ間が広がったものの,その後は再び曇り.

  例によって例のごとく,明け方,「もしかして(快晴になっているんじゃないか)・・・」と思って外に出てみる.
2012年10月2日 自宅にて 雲がいっぱい.一応晴れてはいるけれど.
  ここ数年,「台風一過の素晴らしい夜空」にお目にかかっていない.まぁ,水戸地方に被害をもたらすような台風もやってきていないので,そちらの方はありがたいわけだけど.

  東の空には明けの明星.今朝はしし座のレグルスと並んで光っていた.
明けの明星 2012年10月2日 ソフトフィルターを外し,もう少し拡大して一枚.
明け方の東天に並ぶ 金星とレグルス
  「中秋の名月」を見逃してしまったので,「十六夜」の月を一枚.
十六夜(じゅうろくや) 2012年10月2日 「十六夜」と書いて「いざよい」と読むのだが,満月の翌日,満月より遅い時刻に,いざよう(ためらう)ように昇って来るから「いざよい」なわけで,西に傾きつつあるこの月は単純に「じゅうろくや」だねぇ(しかも見た感じ月齢16を過ぎてるし).

  どうでもいいけど,「じゅうろく」と打とうとすると「じゅうりょく」と打ってしまうのは何故?

 

この記事を読んで,「それは重力に魂を引かれているからでは?」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします・・・って分かる人にしか分かりませんね.何だか分からない方もとりあえず応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 5日 (水)

12年

  昨日(4日),夕方は雷を伴った激しい雨.帰宅するにも難儀するほどだった.
  安心してさっさと就寝したのだが,やっぱり03:00頃には目が覚めた(ここのところずっと朝早く目が覚めるのは,「もしかして高血圧?」と少し心配していたのだが,健康診断の結果は逆に低血圧だった.朝早く目が覚めるのは単純に習慣らしい).
  あの激しい雨,予報も夜の間は雨だったので全然期待はしていなかったのだが,ちょっと外を見てみた.
「あ,晴れてる」
東側の窓からは,明るい金星が見える.

「ちょっと出てみるか・・・」
快晴というわけではなかったが,頭上高くに明るい月.そして東の空には冬の星座たちが綺麗に見えていた.
  とりあえず,いつも全天の写真を撮っている円周魚眼レンズを斜めに向けて,その冬の星座たちを撮ってみる.
明け方の東の空 2012年9月5日 ただでさえ一等星が多い冬の星座の中に,金星と木星が輝いている.いや賑やかだねぇ.

  木星は今,おうし座,ヒヤデス星団の近くで輝いている.

  ・・・

  ふと思い出した.
ヒヤデス星団と木星 2000年10月24日 この写真は,2000年10月24日に撮影したもの(写真下には“2001”と書いてあるけれど,これは間違い).これに一番明るく写っているのが,その時の木星である.
  そして,今朝の木星は
ヒヤデス星団と木星 2012年9月5日 上の写真から約12年経って撮影したのが下の写真.「木星は12年で夜空を一周する」ことを痛烈に実感.

  ちなみに,私が天体写真を撮り始めたのが2000年.木星が一周して戻ってきたので,私の天体写真歴も12年ということだ.

  月日の経つのは早いねぇ・・・

 

この記事を読んで,「木星の位置で12年を実感できるって結構面白いかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月29日 (水)

明けの明星

  昨日(28日)も観望会の予定はなし.
「久々に写真でも撮るか」
なんて思っていたけれど,
「あ,月があるんだっけ」
溜まった疲れをとるべく,早々と就寝.

  03:00過ぎに目が覚めたので,
「そうか,金星でも眺めてみるか」
ということで外に出てみる.

  快晴.さすがにこの時刻だと涼しい.虫の声が賑やかだ.

  東の空に明けの明星が輝いている.
明けの明星 2012年8月29日 写真としては面白くないけれど.

  金星のずっと上には木星も.どちらも一緒に写したかったので,いつも全天の写真に使っている魚眼レンズを斜めに向けて一枚.
明け方の金星と木星 2012年8月29日 南東側に薄雲が出ているようだけど,結構良く晴れている.

  14日の朝(金星食のあった朝)のこんな風に晴れていれば良かったのにねぇ.

 

この記事を読んで,「今の時期,早起きして金星を眺めるっていうのも結構気持ち良さそう」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧