2009年10月 6日 (火)

「惑星X」探査計画始動

  昨年,神戸大学のパトリック・リカフィカ研究員,向井正教授らのグループが存在の可能性を示唆した「惑星X」の探査計画がこの秋から木曽観測所のシュミット望遠鏡(シュミットカメラ?)とマウイ島の「PS1」と呼ばれる望遠鏡で本格的に始動した.

  この「惑星X」は,海王星軌道より外側の領域に多数発見されている太陽系外縁天体(数年前まで惑星とされていた冥王星もその一つ)の現在の軌道分布が,40億年前には天王星や海王星の軌道近くに位置し,その後様々な変化を経て現在は軌道長半径100~175天文単位程度,傾斜角20~40度の軌道を回るほぼ地球サイズ(質量は地球の0.3~0.7倍,直径は地球よりやや小さい程度)の惑星が存在すると仮定するとほぼ説明がつくという計算結果からその存在の可能性が示唆されるというものだ.

  太陽系の外縁部に未知の,しかも大物の天体が発見されるかもしれないと考えるだけでワクワクするが,もっと面白いのは発見された後だ.
  現在の惑星の定義では,その天体が大物であったとしても,「その軌道近くから他の天体を排除した」天体でないと惑星とは呼ばれず,冥王星と同じ準惑星ということになり,同時に「冥王星型天体(Plutoid)」として分類されることになるだろう.
  発見された「惑星X」がその条件をクリアした場合,晴れて惑星と呼ばれることになるのだが・・・

  現在「惑星」と呼ばれる8つの天体はほぼ同じ軌道面内を公転している.それに対し,新たな「惑星X」は20~40度も傾いた軌道を回っている.現在の惑星の定義を満たしているとは言え,他の8惑星とは明らかに性質も素性も異なっているということになり,その状況はセドナやエリスが発見される前の状況と似ている.ここに至り,また「惑星とは何か」という議論が再燃するのではないだろうか.「惑星X」は一つだけなのか.それとも他にも多数存在するうちの一つなのだろうか.

  いずれにせよ,これまでにも既存の定義に当てはまらない「はみだしもの」の天体が発見される度に天文学は大きく進歩してきた.もし「惑星X」が発見されれば,「太陽系の姿」に関する我々の理解も一段と深くなるだろう.その日がやってくることを期待して待っていることにしよう.

SETI@home 現在の順位 世界…74,285位(/1,021,102人)国内…2,690位(/27,375人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,319位(/239,621人)国内…236位(/3,501人)

この記事を読んで「もし本当に“惑星X”が発見されたら面白いことになるだろうなぁ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月30日 (水)

大きな星と小さな星

  星雲・星団の写真を撮影し,ホームページに掲載するにあたっては,方々の資料をあたり,その天体についていろいろ調べている.その際,イモヅル式にいろんなことを知ることができるのも私にとっては大きな楽しみでもある.

  先月26日から27日にかけて城里町ふれあいの里天文台の屋上で撮影した,
ケフェウス座の 散開星団 & 輝線星雲 IC1396
ケフェウス座散開星団 & 輝線星雲 IC1396.この画像左上に写っている星が「ガーネットスター」と呼ばれる星であることは知っていたし,その色や明るさから見ても赤色巨星であろうことは想像に難くないが,かつて最大の恒星とされていたということはこの天体のページの解説を書くためにいろいろと調べるまでは知らなかった(私のような立場の人間がそんなことを知らなかったのは怠慢かもしれないのだが).

  天文教室の折,時々「一番大きな星って何ですか?」という質問を受ける.私も,どこかで読んだ記憶があって,それが固有の名前を持たない星だということは知っていたのだが,改めて調べてみると,現在知られている恒星の中ではおおいぬ座VYWOH G64(大マゼラン星雲の中)が最大とされていて,その大きさは太陽の2000倍程度もある(ただし,そもそもWOH G64は地球から16万光年以上も離れているのでその大きさを正確に測定することなんてほとんど不可能だし,おおいぬ座VYにしても中心部からガスが流出しているのでどこまでが恒星でどこからがガスの塊なのかを判断するのが難しいのだとか).
  まぁ正確な話はとりあえずおいといて,現在知られている「一番大きな星」となると,よく知られているアンタレスやベテルギウスで太陽の数百倍から1000倍程度,おおいぬ座VYやWOH G64 と呼ばれる恒星で太陽の2000倍程度ということになるか.

  反対に,「じゃあ一番小さな星は?」と聞かれることもあるが,こちらの方はややこしい.小惑星まで「星」と呼んで良いのであれば,小さいもので直径数m(そのくらい小さな小惑星だとそもそも球形とは限らないから直径というのも変だが)のものもある.ちなみに,手っ取り早いところで,NASACurrent Impact Risks にリストアップされているものの中で最小は 2008 VM とよばれる小惑星で,推定直径は3m.昨年10月にスーダン上空で地球大気圏に突入した 2009 TC3 は推定直径が0.9~4.5m(いやしかし,よくもまぁこんな小さなものを見つけられるよねぇ).太陽系を漂うように,それでも太陽のまわりを回っているであろう「流星物質」に至っては直径数cmとか数mmなんてものもあるだろう.流星として見られた時には既に星とは呼ばないだろうが,それが地球に落ちてくる前となると,どこまで小さいものを「小惑星」と呼ぶのか難しい.
  こう考えてくると話が非常にややこしくなってくるので,「星」を「恒星」に限って考えてみる(もっとも,最近では「恒星」と「惑星」の区別も難しくなってきているようだが).これは褐色矮星であろうことは想像に難くない.そして,とりあえず私が調べられる範囲で最も小さい褐色矮星はりゅうこつ座の方向にあって,直径は木星よりほんの少し大きい程度,質量は木星の100倍弱ということらしい.

  最も小さいもので太陽の10分の1程度(それでも地球の10倍!)最も大きなもので太陽の2000倍程度.いやはや恒星もいろいろだ.でもこれで子供の素朴な疑問にもとりあえずちゃんと答えられるぞと.

今年の観望会 予定…97 実施…57 中止…24 延期…3 屋内(外)で天文教室…13 勝率….588(57勝40敗)
実は昨日(29日)も観望会が予定されていたのだが,ベタ曇りであえなく中止.連勝は2で止まり,貯金が1つ減って17.

SETI@home 現在の順位 世界…74,214位(/1,019,757人)国内…2,689位(/27,351人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,432位(/239,155人)国内…244位(/3,499人)

この記事を読んで,「一口で“星”と言ってもいろいろあるんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月16日 (水)

意外に珍しくない?

  1ヶ月ほど前,木星に黒々とした衝突痕が発見されて話題になった.
  その木星,60年ほど前には近くを通りかかった彗星をその引力で引き寄せ,一時的に衛星にしてしまっていたらしい.
  9月14日にポツダムで開かれた欧州惑星科学会議で発表された研究成果によるもので,それによると,木星に捕獲されていた彗星は1993年に発見された串田・村松彗星で,観測をもとに過去の軌道を計算した結果,1949年に木星に捕獲され,1961年までは木星の“臨時衛星”になっていたらしい.
  「串田・村松彗星は木星の影響圏から離脱するまで,1,2度周回した.それはほぼ間違いない」
と語ったのは“あの”デイビッド・アッシャー博士.おお!(デイビッド・アッシャー博士は2001年にしし座流星群の大出現を見事に予測したことで有名).

  さらに,2068年から2986年までの間にヘリン・ローマン・クロケット彗星が木星に捕獲され,その周りを6周するとみられているとか.

  木星にシューメーカー・レヴィー第9彗星が衝突したのが1994年.それ以来,再び小天体の衝突が確認されたのが今年2009年でその間15年.観測技術の進歩の速さを考えると,1994年の15~20年前にもし同様の衝突があったとしても,地球からは観測できなかったのではないか.1960年に串田・村松彗星が木星に捕獲された際にも,木星の引力による潮汐力で砕かれた彗星の一部はやはり衝突していたのかもしれない.

  そう考えていくと,木星に小天体が衝突するというのは意外に珍しいことではないのかもしれない.

  ならば・・・
  木星には申し訳ないが(もっとも,自らの重力で引き寄せるのだから自業自得?),大物が衝突するところをぜひ見てみたい...

SETI@home 現在の順位 世界…73,725位(/1,014,784人)国内…2,673位(/27,267人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,571位(/238,179人)国内…245位(/3,486人)

この記事を読んで,「アンタのことだ,“その日”はきっと曇りだね」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年8月10日 (月)

末期の星たち

  冬の夜空に君臨するオリオン座.その右肩に輝く1等星ベテルギウス(ベテルギウスとは巨人の脇の下という意味なので,ホントはオリオンの右の脇の下に輝いている).超巨星として,また,末期の星として知られるこの星の表面から宇宙空間へガスが広く流出している姿がとらえられ,その画像が公開された.
  これは,ヨーロッパ南天天文台(ESO)の大型望遠鏡(VLT)によってとらえられたものだ.

  以前,くじら座のミラに長さ13光年にも及ぶ尾が観測された.生涯の最後が近づくと,大量のガスを放出するというのはこうした超巨星に共通する現象なのか.
  放出されたガスは次世代の星の材料になる.末期を悟った星たちが次世代のために必死になって遺産を残そうとしているようで,なんだか切ない気分になる.

  ところで,少し前,「ベテルギウスが大きく縮小している」というニュースがあり,「もう爆発してなくなっているのではないか(ベテルギウスまでの距離は約600光年.ベテルギウスが超新星爆発を起こしてから600年後にならないと我々は観測できない)」という話まで出ていたが,どうやら専門家たちの見通しは「超新星爆発はあと数千年以内」ということが優勢らしい.

  ベテルギウスの超新星爆発,生きているうちに見られないものかなぁ...

SETI@home 現在の順位 世界…74,784位(/1,001,040人)国内…2,716位(/26,982人)
Einstein@home 現在の順位 世界…11,943位(/235,639人)国内…250位(/3,447人)

この記事を読んで,「星も生きているんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月30日 (木)

アポロ着陸地点

  日本の月周回衛星「かぐや」が昨年,月のハドレー谷でアポロ15号が1971年に着陸した際に残したエンジンの噴射痕を撮影した.また,アポロ17号着陸地点近くの地形を調査した結果は,アポロ17号のクルーが撮影した写真と見事に一致していた.
  これで,「アポロは月に行っていない」なんて言う人はいなくなるかと思ったが,いまだに時々そんな話を耳にする.

  ところが,今度はNASAの月探査機ルナー・リコナンス・オービターが調整中にアポロの着陸地点を次々にとらえ,その画像が公開された.その画像には着陸船の下階段が月面に落とす長い影がはっきりと写っている.
  これでアポロが月に行ったという直接的な証拠が出てきたわけだが,
「その画像は巧妙に合成されたものだ」
なんて言い出すんじゃあるまいな...

  ところで,昨日(29日)は城里町ふれあいの里天文台で観望会の予定だった.20:00頃はそれなりに晴れ間が広がっていて月も見えたので天文台は開館ということになったのだが,いざ開館する頃になってみればベタ曇り.遂に月も星も見ることができなかった.
  毎度のことではあるけれど,

  こんな天気になるならもっと早くなってくれればいいのに.

  天気ってヤツはホントに嫌なヤツだ.

今年の観望会 予定…63 実施…33 中止…18 延期…3 屋内(外)で天文教室…9 勝率….524(33勝30敗)
天文台は開館したけれど,少しも星を見られなかったので連勝は2でストップ.貯金が1つ減って3.

SETI@home 現在の順位 世界…74,879位(/997,358人)国内…2,720位(/26,921人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,030位(/234,913人)国内…248位(/3,438人)

「もういい加減,“アポロは月に行ってない”なんていうのはやめにしようよ」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月18日 (木)

復調傾向

  いや最近4連勝!な楽◯ゴールデンイーグルスの話ではない.

  ここ1月ほどの間,太陽に活動領域がやや頻繁に現れるようになってきた.
「もしかして活動が活発になりつつあるのか?」
と思っていたが,これは私の印象だけではないらしい.

  ここ数ヶ月で黒点が現れる頻度が増し,赤道に向かうプラズマの流れが強くなり,わずかながらではあるものの,電波放射の強度も上がっているとのことだ.

  2007年の時点で,専門家の間の予想では活動の「底」になるのは2008年の3月,極大となるのは2011年ないし2012年と予想されていた.ところが,2009年になってもまだ極小期が続き,これまで記録的な「静けさ」を保ってきた.それがここへきて活動度が上がり,アメリカ海洋大気庁などの専門家による委員会では「次の極大は2013年5月」という予想を発表した.

  日食まで後約1ヶ月.ぎりぎりのタイミングで太陽の活動度が上がり始めた.太陽表面の黒点が見えた方が時間変化を実感できて面白いのだが,さて当日はどうなるだろう?
  2012年には水戸でも金環日食が見られる.その時には極大期近くなっているわけで,面白い日食が見られるはずだ.楽しみ楽しみ・・・

SETI@home 現在の順位 世界…75,831位(/981,757人)国内…2,753位(/26,603人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,535位(/231,622人)国内…260位(/3,400人)

この記事を読んで「いずれにしても晴れてくれないことにはねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月16日 (火)

ベテルギウス

  最近,「ベテルギウスが15年間で15%縮小」というニュースが(一部で)発表され,このブログにも「ベテルギウス」というキーワードでの検索でたどり着く方が多く,ここ数日アクセス数が急増している.
  この話題に関しては,私自身「良く解らないので触れたくない」というのが正直なところなのだが,これだけたくさんの方が興味を持ってこのブログを見て下さっているので,とりあえず私の見解も記しておこうと思う.

  もしこれが特異な現象であり,ベテルギウスに特筆すべき異変が起きている証拠だとすれば大ニュースになるはずなのだが,今のところ,天文に関するニュースサイトでもこのニュースは見かけないし,業界でも全然話題に登らない.
  ということはつまり,専門的な知識を持った方々の多くはこれが「特異な現象」であることに懐疑的な見方をしているということなのだと思う.

  そもそも,ベテルギウスは膨張・縮小を繰り返す脈動変光星である.その周期は5.8年だから15年間縮小を続けたというのは異様ともとれるが,もっと長い周期での変動(太陽でも11年周期(磁場の変化も考慮すれば22年周期)の他,数十年から数百年という長い周期での変動も指摘されている)を観測しただけで,別段「特異な現象」ではないのかもしれないのだ.

  ちなみに,肉眼以外での観測ができるようになってから,近距離で観測された超新星は1987年に大マゼラン星雲で発見されたSN 1987Aのみ(カミオカンデでこの超新星爆発によるニュートリノを捉えることに成功,小柴先生のノーベル賞受賞につながっていくことになった)で,我が銀河系内での超新星はまだ観測されていない.
  SN 1987A は,超新星爆発を起こす直前は太陽質量の20倍程度の青色超巨星であったことがわかっている.SN 1987A は赤色超巨星→青色超巨星という過程をたどって超新星爆発となったらしい.ベテルギウスが超新星爆発を起こす時に同じ過程とたどるのだとすれば(質量が同程度であることからその可能性は高いと思う),ベテルギウスはまだ赤色超巨星なのだから,今回の縮小が「特異な現象」だったとしても,超新星爆発はまだ先ということになる.

  この記事の冒頭に書いたとおり,ベテルギウスが(人間の時間スケールで)近いうちに超新星爆発を起こすのかどうかという点については「全く解らない」とい うのが正直なところだ.多くの専門家も「まだまだ先」という見解だろうし,私もどちらかと言えばその見解に賛成で,「生きているうちにベテルギウスの超新 星爆発を見られる可能性は限りなく0に近い」と思っている.その一方で,「天文学的な時間スケール」であればベテルギウスの超新星爆発は「もうすぐ」なわけで,その「もうすぐ」が私が生きているうちにやってきて欲しいという淡い期待も持っている.

  「たった一枚買った宝くじが1等に当たる」くらいの期待を持っているのが丁度いいのではないだろうか.

SETI@home 現在の順位 世界…76,441位(/980,620人)国内…2,774位(/26,591人)
Einstein@home 現在の順位 世界…12,591位(/231,350人)国内…263位(/3,394人)

「でもやっぱりこういうニュースを見るとちょっと期待しちゃうよねぇ」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月29日 (日)

アルマハタ・シッター隕石

  昨年10月6日 06:30頃(UT,日本時間で15:30頃),地球へ接近する彗星や小惑星を捜索しているカタリナ・スカイ・サーベイ(CSS)によって,地球に衝突する直前の小惑星 2008 TC3 が発見された.その後,この小惑星はほぼ予想通り,翌7日02:46(UT,同7日11:46)にアフリカ・スーダン上空で大気圏に突入した.
  突入後しばらくは目撃証言などの情報がなかったが,人工衛星が捉えた画像が公開されたり,地上から,この隕石が残した永続痕を捉えた写真が公開されたりもした.
  ハルツーム(Khartoum)大学のマウウィア・シャダード博士らのグループが,こういった情報,そして地上での目撃情報などを基に落下地域を想定,その地域を徹底的に捜索した結果,12月6日に最初の隕石が発見され,最終的に約280個,総重量にして約5kgの隕石を発見した.これらの隕石はアルマハタ・シッター隕石と呼ばれている.

  小惑星 2008 TC3 は地球に衝突する可能性のある天体を大気圏への突入前にとらえた初めての例である.発見から突入まで20時間足らず.しかも突入したのがスーダン北部のヌビア砂漠上空であったため,突入時の観測が少ないのは残念だが,これで大気圏突入前,突入時,突入後,そしてなれの果てまで情報が揃ったということになる.もちろん,科学史上始めてのことである.

  いやこれは凄いことだと思う.普通,隕石が発見される場合というのは,まずは火球の目撃,観測情報があり,落下した可能性があると考えられる地域を探した結果ということになる.そして,その隕石が「そもそも何者であったのか」ということに関しては「小惑星だったらしい」とか「火星から来たに違いない」とか“らしい”や“違いない”という言葉の域を出ない.ところが,このアルマハタ・シッター隕石は,地球大気に突入する寸前までは小惑星であったことがほぼ確実ということになる.

  来年には日本の小惑星探査機「はやぶさ」も,小惑星「イトカワ」のサンプルをもって地球に帰還するはずだ.こういった「星のかけら」たちがもたらす貴重な情報によって,どのような事実が浮かびあがってくるのだろうか.

SETI@home 現在の順位 世界…76,324位(/949,356人)国内…2,763位(/26,034人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,362位(/224,333人)国内…264位(/3,313人)

この記事を読んで「そういう意味でもはやぶさには無事に帰って来てもらわないとね.」と思った方,こちらをクリックして(はやぶさへの?)応援の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

近いのか遠いのか

  日本時間3月2日午後10時44分,直径30~50mの小惑星2009 DD45という小惑星が地球から7万2000kmの距離をかすめて通過していった.この7万2000kmの距離について,先日,
「それって近いの?遠いの?」
と聞かれた.
  難しい質問だ.
  天文学的に言えば天体同士の距離が7万kmなんて「かなりのニアミス」と言える.太陽と地球の距離が1億5000万km,2003年に地球に大接近した火星が地球からおよそ5500万km.それらに比べれば「ほとんど0」とも言えるほどの距離だろう.
  一方,地球からの距離が7万2000kmということは地球直径の5~6倍.直径約1万3000kmの地球を,運動会の「大玉ころがし」でつかうような玉くらいの大きさでイメージすると,その玉から7~8mくらいの距離を砂粒が通過していったようなもの.それを「ぶつかるかもしれなかった」と考えるのはどう見ても無理というもので,「ぶつかるかどうか」という観点から見れば「十分に遠かった」と言えるだろう.

  とは言え,発見されたのが2月27日.最接近が3月2日.2009 DD45の大きさは地球に衝突すれば都市一つを消滅させられるだけの大きさだっただけに,「地球に衝突する可能性の高い未知の天体があるんじゃなかろうか」とちょっとだけ心配.まぁ現時点でそれを本気で心配するのは文字通り「杞憂」というものだろうが.

  ちなみに,NASAの Current Impact Riscs によれば現在最も危険度が高いのは2007 VK184という小惑星で,危険度を表すトリノ・スケールは1(他は全て0).2048年6月3日に地球に接近した時の衝突の可能性は3万3000分の1.ま,とりあえず心配することはないか.

SETI@home 現在の順位 世界…77,430位(/945,142人)国内…2,793位(/25,932人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,398位(/222,870人)国内…262位(/3,290人)

この記事を読んで「でもやっぱりちょっとだけ心配・・・」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月10日 (火)

太陽観察は楽し

  P.S.T.(Personal Solar Telescope)を手に入れて以来,朝陽が射しているのを見てまず思うことは
「今日の太陽はどんなだろう?」

  職場に着くと早速P.S.T.を持ち出し,朝のコーヒーを片手にまず太陽観察.他の天体と違い,前に見た時と多少なりとも変化があり,
「今日は面白いぞ」
「ちっ!今日はちまいの(プロミネンス)しかみえないぜ」
など一喜一憂.

  その後P.S.T.は一日窓際に出しっぱなし.太陽が高くなってきた昼前には撮影.その他,休憩の度に眺めている.休憩と休憩の間の数時間の間の変化を見つけるのがこれまた楽しい.

  ・・・

  昨日は曇りで撮影はできなかったが,つい先ほど見た時には今日は大きめのプロミネンスが見えていた.今日,この後また撮影することになるだろう.

  最近は毎週火曜日の『週刊 天体模型 太陽系をつくる』発売が楽しみ(今日は発売日♪)だし,楽しみがたくさんあって日付が進むのが早い.

  これで月の暗い夜にきっちり晴れてくれて夜もきっちり撮影ができれば言うことなしなんだけど...

SETI@home 現在の順位 世界…77,087位(/938,518人)国内…2,783位(/25,814人)
Einstein@home 現在の順位 世界…13,324位(/220,821人)国内…260位(/3,262人)

この記事を読んで「毎日が充実しているってのはいいことだよねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧