2011年3月12日 (土)

地震

  昨日(11日)発生した巨大地震,水戸市でも大きな被害が出ています.
  幸い,私も,身の回りでもけが人など人身被害は出ていないものの,自宅も含めて建物などにはかなりの被害が出ています.
  ちなみに,私の自作プラネタリウムもペーパークラフトたちも壊滅状態.
  状況が落ち着くまで,こちらの更新もお休みさせていただきます.ご了承ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

大地震

  最初に,昨日中国で発生した地震により亡くなられた方々のご冥福をお祈りするとともに,被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます.

  ところで,2004年12月26日に発生,インドネシアのみならず,インド洋沿岸に大津波が押し寄せ,大きな被害を出したスマトラ島大地震を覚えておいでだろうか.
  この地震はスマトラ島北西沖のインド洋でインドネシア西部時間2004年12月16日07:58:50(日本時間同日09:58)に発生,マグニチュードは暫定発表で8.1,その後幾度も修正され,2006年現在アメリカ地質調査所では9.1としている.
  この地震によって開放されたエネルギーは非常に巨大であり,その後驚くべきことがいくつか報告されている.
  この地震によって地球の自転軸が変化し,北極の方向が東経145°の方向(北極から見て北海道東端の方向)に約2.5cm移動した.また,地球の形が南北にわずかに伸びる形に変形したため,地球の自転がわずかに速まり,一日の長さが100万分の3秒短くなった.そして,地震発生から半月経過しても周期約20分の地球全体の振動が続いていて,この振動は1〜2ヶ月続いたという.

  ちなみに,マグニチュードからざっと計算してみると,昨日の地震のエネルギーは3.16×1016[J]で広島型原爆の約600発(弱)分,2004年スマトラ島大地震のエネルギーが2.82×1018[J]で広島型原爆の約5万発分(広島型原爆のエネルギーを5.5×1013[J](TNT火薬13kt相当)として計算)ということになる.(ちなみに,先日水戸市で震度5弱を観測した地震のマグニチュードは6.7,エネルギーは3.16×1014[J]で広島型原爆6発分だった.つまり,昨日中国で起こった地震は先日の地震の100倍のエネルギーだったということだ)
  こうして地震のエネルギーを計算してみるとそのもの凄さにびっくりだが,実は1秒間に太陽から地球に届くエネルギーの総量が1.74×1017[J]だそうな.比較対象としてはどういう印象を持つか微妙な数値ではあるが,

  げに恐ろしきは自然のエネルギーである.

SETI@home 現在の順位 世界…90,811位(/818,590人)国内…3,339位(/23,335人)
Einstein@home 現在の順位 世界…19,804位(/198,175人) 国内…386位(/2,965人)

この記事を読んで,あらためて自然の力の大きさに驚いた方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

祝!エンデバー打ち上げ成功

  昨日(11日)日本時間午後3時28分,フロリダ州ケネディー宇宙センターから,日本初の有人宇宙施設「きぼう」の「船内保管室」と,土井隆雄さんら7人のクルーを乗せたスペースシャトル「エンデバー」が打ち上げられた.
  打ち上げは成功で,順調に行けば14日午後6時頃(日本時間)にはISSに「船内保管室」を設置する作業が完了する予定とのこと.これで遂に我が日本も宇宙に拠点を持つことになるわけだ.
  日本がISS計画に参加を決めたのは1985年のこと.しかし,クリントン政権と,続くブッシュ政権ではISS計画に縮小・変更が重ねられた上,2003年の「コロンビア」号の事故によってスペースシャトルの飛行も中断,「きぼう」は開発開始から20年でようやく打ち上げられた.
  「日本初の有人宇宙施設」が打ち上げられたことは喜ばしいことだが,やっぱりこの打ち上げが日本人の手によるものでなかったということがやや残念(クルーの中に日本人宇宙飛行士がいるということがせめてもの救い).莫大な費用がかかる宇宙開発については賛否両論あるのでここではあえてそういう有人宇宙飛行の手段をもつ“べき”だとは主張しないが,「日本初の◯◯」が「他人のフンドシ」でしか実現できないということには寂しさを感じる.いつの日か,日本独自の「宇宙往還機」が実現することを期待したい.

  ところで...
  「なんとか晴れてくれ」と願った昨晩だったが,晴れたには晴れたものの,透明度が非常に低かった.オリオン座ですら輪郭が辛うじてわかる程度,北極星も注意深く探さないと見えない.日付が変わる頃まで粘ってみたが状況は変わらず,もういつもの写真を撮る気もなくなって就寝.「おあずけ状態」は続く...

SETI@home 現在の順位 世界…103,829位(/791,630人)国内…3,865位(/22,828人)
Einstein@home 現在の順位 世界…27,817位(/192,707人) 国内…559位(/2,912人)

この記事を読んで,「日本独自の宇宙往還機はやっぱりほしい!」と思ってくださった方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

星空観望会

  突然ですが宣伝です.

  明日(18日)は城里町ふれあいの里 で年に一度のイベント「星空観望会」があります.天文台 無料開放の他,新星捜索で有名な櫻井幸夫氏によるスライドショー,私の自作プラネタリウム“PPLS-β” によるプラネタリウムショー,けんちん汁他の無料サービス,そして私が撮影した天体写真のパネルが当たるお楽しみ抽選会等(え,写真いらないって?まぁそう言わずに...).全て無料ですので,お時間のある方は是非お越しください.もちろん私も参加します.

  もしかしたら,制作途中ではありますが,“PPLS-1”がお目見えするかも.ただ,当日は混雑しますので時間限定(おそらく終了間際 or 終了後)でということになります.ここを読んで下さっている方でもし「見たい!」という方がいらっしゃいましたら,会場で「ブログを見て来ました」と声をかけてください.(おおよその)投影時刻をご案内します.なお,必ず投影できるとは限りませんので予めご了承ください.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 9日 (木)

速報3

 続いて速報(最終回)です.
 午前8:52分.
水星太陽面通過 2006年11月9日 午前8:52
 そして最終,ほぼ第3接触の午前9:09です.
水星太陽面通過 2006年11月9日 午前9:09
 いやようやく終わりました.午前5:00頃自宅を出発,それから4時間半,計40km程を移動しながらの撮影(午前6:21の撮影(水星はわからなかったけど)は大洗海岸にて,午前7:21分は水戸市内,千波湖畔にて,それ以降は水戸市笠原町の職場にて)でした.
 疲れた...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報2

 続いて速報です.
午前7:52のもの.
水星太陽面通過 2006年11月9日 午前7:52
 そして午前8:21分.
水星太陽面通過 2006年11月9日 午前8:21
 先ほどから望遠鏡を持ち出して見ていますが,眼視の方がよくわかりますね.写真ではやっぱりイマイチわかりづらいようです.太陽投影板に投影するのが一番よくわかるようですね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)

速報

 現在水星が太陽面を通過中.以下速報写真です.
最初は午前6:52のもの.
水星太陽面通過 11月9日 午前6:52
 実はこの前6:21にも撮影したのですが,高度が低すぎたためか水星がわかりませんでした.
続いて7:21のもの.
水星太陽面通過2006年11月9日 午前7:21
 う~ん,黒点が左下にしかなくてイマイチ面白くないかもしれませんね.

| | コメント (0) | トラックバック (0)