« MT-135P-T-1 | トップページ | TT-210-1 »

2016年6月13日 (月)

フライト 16P

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第46回の今回は,フライト 16P.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2004年12月26日の状態) 2004年12月26日,プログレス補給船(M-51)が「ズヴェズダ」後方のドッキング・ポートにドッキングした.
なお,このフライトから,プログレス補給船機体側面のマーキングが変更されている.

  というわけで,15P(左)と16P以降(右)のプログレス補給船.
Progress_m50_and_m51 ロシア国旗の左下,ロスコスモスのロゴが変更になっている.このサイズの画像だとわかりづらいけれど.
・・・M-50(フライト15P)タイプのプログレスは一回しか使わなかった・・・
で,これでプログレス補給船の製作はおしまい!
と思っていたのだが,2012年4月20日に打ち上げられた「プログレスM-15M(フライト47P)」,2013年11月25日に打ち上げられた「プログレスM-21M(フライト 53P)」,そして,2015年12月21日に打ち上げられた「プログレスMS-1(フライト 62P)」以降,また変更があったので,将来的にはまた作らねばならないのであった.

  そして,2005年2月28日,このプログレス補給船(M-51)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2005年2月28日の状態)
・・・今回もこれでおしまい.

この状態はもう少し続く.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 16P

|

« MT-135P-T-1 | トップページ | TT-210-1 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

ペーパークラフトISS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/65704319

この記事へのトラックバック一覧です: フライト 16P:

« MT-135P-T-1 | トップページ | TT-210-1 »