« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »

2015年10月30日 (金)

R-2

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる R-2 第二次世界大戦後,ソビエト連邦国内で“V-2ロケット”を改良・発展させた機体,R-2.型紙は“Constant Variation”から.
  第二次世界大戦後,米ソ両国は,ドイツの“V-2”を自国に持ち帰り,それを元にした研究・開発から,後のロケットへと進化して行った.
  ソ連では,第二次世界大戦終戦後,ドイツのノルトハウゼンにあった“V-2”ロケット生産施設を接収,フォン・ブラウンのアシスタントであったヘルムート・グレトルプを中心とするグループによって,ソ連国内で生産される資材・部品を用いた,“V-2”の複製品である“R-1”の生産を開始した(後にドイツに帰ったグレトルプは,ドイツ国内でチップ・カード(現代のキャッシュカードやテレホンカード等のもとになったもの)を開発している).
  同時に,改良型の開発が開始された.制御モジュールの位置変更,無線誘導の導入等の他,骨組み全体が軽量化されて完成した“R-2”は,1949年9月に最初のテスト飛行が行われ,その後,中距離弾道ミサイルとして多数が配備された.
  “R-2”の派生型として開発された観測ロケット“R-2A”は1957年4月12日に初めて打ち上げられ,上層大気や電離層の観測,太陽の紫外線観測の他,高度150∼200kmへ犬を搭載して打ち上げ,回収する実験等,セルゲイ・コロリョフ率いる第一設計局の設計による機体が実用化されるまで,様々な実験に使われた.
  なお,この“R-2”はのちに中国にも渡り,その後の中国のロケット開発に多大な影響を与えたと言われている.

  とりあえず,V-2(A4v4)と並べて一枚.
1/100スケールペーパークラフトによる V-2(A4v4)とR-2

  「第二次世界大戦後,米ソ両国はドイツのV-2を持ち帰り,それを元にした研究・開発が両国の宇宙開発の主発点となった」
  ということは良く知られているのだが,アメリカはともかく(それも広く知られているとは言いがたいが),ソ連については“V-2”と“R-7 スプートニク”の間はほとんど知られいない.“V-2”と“R-7 スプートニク”は似ても似つかない機体なわけで,そのミッシングリンクを繋ぐ機体として,この“R-2”は重要な機体.そんなわけで,ほとんど知られていない機体であるにもかかわらず,作品を展示する最には,必ずこの“R-2”も展示するようにしている(もっとも,この“R-2”と“R-7 スプートニク”も似ても似つかないわけで,さらにその間の機体が作れるといいんだけど・・・).

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→R-2

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月28日 (水)

フライト 11A

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第35回の今回は,フライト 11A.

  2002年11月26日,第6次長期滞在クルー(Expedition 6)を乗せたSTS-113ミッションのスペースシャトル「エンデバー」がドッキングした.このミッションでは,「P1トラス」が取り付けられる.

  まず,STS-113ミッションの「エンデバー」
1/100スケールペーパークラフトによる STS-113「エンデバー」 このミッションも,やっぱりペイロード・ベイは「P1トラス」だけでいっぱい.

  「デスティニー」前方の「PMA-2」にドッキングして↓.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年11月26日の状態) ドッキングした状態の「エンデバー」↓.
国際宇宙ステーションにドッキングしたSTS-113「エンデバー」

  11月27日,「エンデバー」のロボットアームによって「P1トラス」が「エンデバー」のペイロード・ベイから取り出され,これを「SSRMS(カナダアーム2)」が把持,そして,「S0トラス」左舷側に移動した後,電動式のボルトで「S0トラス」に固定された.
  その数時間後から始まった船外作業では,「S0トラス」と「P1トラス」の電気配線の結合等が行われた後,「ユニティ」右舷側外壁にワイヤレスビデオ送信機(Wireless Video System External Transceiver Assembly : WETA)が取り付けられた.これまでは,船外作業を行う宇宙飛行士のヘルメットカメラからの画像はドッキングしているスペースシャトルのアンテナを経由して受信していたが,「WETA」で受信するようになったことにより,スペースシャトルがドッキングしていない時でもヘルメットカメラからの映像が利用できるようになった.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年11月27日の状態) 取り付け完了後の「P1トラス」↓.
取り付け完了後の「P1トラス」 背面から↓.
「P1トラス」背面 そして,「ユニティ」右舷側外壁に取り付けられた「WETA」↓.
「ユニティ」右舷側外壁の「WETA」

  11月29日,船外作業により,「P1トラス」左舷端丈夫にもう一基の「WETA」が取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年11月29日の状態)「P1トラス」左舷端丈夫に取り付けられた「WETA」↓
「P1トラス」左舷端上部に取り付けられた「WETA」

  12月1日,予定されていた船外作業に先立ち,「MT」を「P1トラス」の左舷側に移動するコマンドが送信されたが,「MT」は目的地の途中で突然停止してしまった.調査・検討の結果,これは「P1トラス」上部で格納状態にあったUHFアンテナが,「MT」の配線機構の動きを妨げていると判断された.そして,UHFアンテナを展開する作業が行われた後,「MT」は予定の位置まで移動できることが確認された.しかし,他の様々な要因も含めて検討した結果,「SSRMS(カナダアーム2)」を「MT」に移動する作業は見送られた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年12月1日の状態)展開された「P1トラス」上部のUHFアンテナ↓.
展開された「P1トラス」上部のUHFアンテナ

  12月3日,帰還する第5次長期滞在クルー(Expedition 5)を乗せ,STS-113「エンデバー」が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年12月3日の状態)

  2003年1月16日,「P1トラス」後部中央のラジエーターが展開された.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2003年1月16日の状態) 展開された「P1トラス」後部中央のラジエーター↓.
展開された「P1トラス」後部中央のラジエーター
  アメリカ東部標準時2月1日午前9時(日本時間同日午後10時)頃,「コロンビア号空中分解事故」が発生,これにより,当分の間スペースシャトルの打ち上げが凍結されることとなった.

  グリニッジ標準時2月1日午後4時(日本時間翌2日午前1時)00分54秒,プログレス補給船(M1-9)のドッキングが解除された.これは,「コロンビア号空中分解事故」の2時間後のことであった.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2003年2月2日の状態)

・・・というわけで,トラスが左右両舷に広がり,だいぶ迫力が増してきた♪
↓こーゆーアングルでの写真は我ながらちょっとホレボレ.
左右両舷に広がったISSのトラス

  しかし,上に書いた通り,「コロンビア号空中分解事故」の影響でスペースシャトルの打ち上げは2005年7月末のSTS-114(フライト LF-1)まで行われない.
  それまでの間,ISS本体には大きな変化はなく,ソユーズとプログレスがくっついたり離れたりだけ.その間の分はさっさと進めて,早くSTS-114♪・・・と思っていたのだが,この後,

「世の中そんなに簡単には行かない」

ということを思い知ることになる.

  ・・・が,それはまた後の話・・・

  完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 11A

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月16日 (金)

ファルコン 9 v1.1 (CRS-3)

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ファルコン 9 v1.1 (CRS-3)  アメリカの民間企業「スペース X社」が開発した商業用打ち上げロケット「ファルコン 9」の改良・発展型.型紙は “AXM Paper Space Scale Models”から.
  「ファルコン 9」の全長を14m延長,エンジンは改良型になり,その配置も,「オクタ・ウェブ(八角形の蜘蛛の巣の意)」と呼ばれる,同心円状の配置に変更されている.第一段は分離後にエンジンを逆噴射して垂直に着陸,回収の上,再利用することを目指している.
  第一段の回収・再利用に向けた実験は,「グラスホッパー」という実験機によって行われた.「グラスホッパー」の初飛行は2012年9月,この時は最高高度わずか1.8m,飛行時間は3秒であったが,2013年10月に行われた8回目の試験飛行で最高高度744mまで上昇,離陸地点への着陸にも成功している.その後,後継機である「F9R-Dev (Falcon9 Reusable Development Vehicle)」によって実験が続けられ,2014年6月には高度1000mに達し,着陸にも成功している.
  ファルコン 9 “v1.1”としての初めての打ち上げは2013年9月29日.これは「ファルコン 9」シリーズとして初の商業打ち上げでもあった.打ち上げは成功,カナダ宇宙庁の「カシオペ(CASSIOPE)」をはじめ,計4機の人工衛星を軌道に投入した.第一段分離後,再使用に向けた回収実験のため,着水前にエンジンの逆噴射が行われたが,充分に減速できず,海面に激突している.
  模型は2014年4月に打ち上げられた9号機(v1.1としては4号機,国際宇宙ステーションへの補給フライト“CRS-3”)で,機体の第一段下部にはこの時初めて着陸用の脚が取り付けられていた.この打ち上げでは,脚は取り付けられていただけだったが,2015年1月に打ち上げられた14号機からは,実際に洋上プラットフォームへの着地が試みられている(2015年10月現在,成功には至っていない).
  2015年4月に打ち上げられた18号機までは全て打ち上げに成功,国際宇宙ステーションへの物資輸送や商業打ち上げに活躍していたが,2015年6月末に打ち上げられた19号機は打ち上げから139秒後に爆発,打ち上げは失敗に終わってしまった.なお,前年に打ち上げられた「アンタレス」と同様,この時も千葉工業大学が開発,国際宇宙ステーションに運ばれる予定だった流星観測カメラ「メテオ」が搭載されていた.

  着陸脚のついた第一段下部↓.
Falcon9_v11_legs この工作はかなり苦戦した.ロケットというのは基本的に単純な形が多いのだが,このように「凸」と「凹」が混じると途端に難しくなるものなのだ.

  オリジナルのファルコン9(v1.0)(左)とv1.1(右)
1/100スケールペーパークラフトによる ファルコン9 (v1.0)と v1.1 v1.1 長っ!こうもひょろ長いロケット,他にはゼニット-2くらいじゃなかろうか.

  そして,v1.0(左)とv1.1(右)のエンジン部分↓.
v1.0(左)と v1.1(右)のエンジン部分 v1.0では異様な感じだったエンジン配置も,v1.1では「さもありなん」という配置に変更されている.

  実は今回の作品,「脚」が開いた状態を作って差し替えができる仕掛けにしてあるのだが・・・脚が開いた第一段下部を製作する余裕がない・・・はて,この仕掛けが生きる日はやって来るのだろうか.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Falcon 9 v1.1 (CRS-3)

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 8日 (木)

フライト 5S

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第34回の今回は,フライト 5S.

  2002年11月1日,ソユーズ宇宙船(TMA-1)が「ピアース」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.このフライトは,ソユーズ宇宙船の交換フライトであり,「TMA型」ソユーズ宇宙船の初フライトであった.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年11月1日の状態)   ソユーズ TMA型は,搭乗するクルーの身長・体重制限の緩和,ソフトランディングシステムの改良,オンボードコンピュータのハード・ソフト面のアップグレード等が行われている.外見上の差異はほとんどないが,外壁のマーキングが変更されている.

  フライト 2R から フライト 4S まで(左)と フライト 5S から フライト 8S まで(右)のソユーズ宇宙船↓.
ソユーズ TM-14(左)とソユーズ TMA-1(右)
  そして,

  11月10日,ソユーズ宇宙船(TM-34)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年11月10日の状態)
・・・

  このアングルだと,11月1日の写真と10日の写真で違いがわからない.11月1日には,「ザーリャ」地球側にソユーズ TM-34,「ピアース」地球側にソユーズ TMA-1 がドッキングしていて,11月10日に「ザーリャ」地球側ソユーズ TM-34 が分離しているんだけれど・・・写真のアングル失敗・・・

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 5S

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 6日 (火)

ファルコン 9 (COTS-2)

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる ファルコン 9(COTS-2)
アメリカの民間企業「スペース X社」が開発した商業用打ち上げロケット,ファルコン 9.型紙は “AXM Paper Space Scale Models”から.
  2006年5月24日,「スペース X社」が開発した「ファルコン 1」ロケットの初めての打ち上げが行われた.打ち上げは失敗に終わってしまったが,これは,本体だけでなく,液体燃料ロケットエンジンまでを民間主導で開発されたロケットの世界初の打ち上げであった.
  2度の失敗の後,2008年9月に初めて打ち上げに成功,2009年には商業打ち上げにも成功した.
  「ファルコン 9」はこの「ファルコン 1」を大型化したもので,NASAが計画誘導している「商業軌道輸送サービス(Commercial Orbital Transportation Services : COTS)」の計画に則った有人宇宙船の打ち上げを想定して設計されている.
  初の打ち上げは2010年6月4日に行われ,見事に成功している.2010年12月8日には,やはり自社開発した宇宙船「ドラゴン」を搭載,“COTS-1”として打ち上げられた.無人の「ドラゴン宇宙船」は無事に地球周回軌道を2周,軌道離脱の前に高度約300kmで軌道操縦試験が実施された後に大気圏に突入,メキシコ沖の太平洋に着水して無事に回収された.民間で開発された宇宙船が地球周回軌道から地上に無事帰還したのはこれが世界初のことであった.
  モデルは,これに続く“COTS-2”フライトの時のもの.
  アメリカ東部夏時間2012年5月19日午前4時55分(日本時間同日午後5時55分),打ち上げカウントダウンは“0”になり,メイン・エンジンが点火した.しかし,その直後にエンジン1基の燃焼室圧力が異常に高いことが検知されてエンジンはカットオフ,離床直前に打ち上げが中止された.それでも機体全体に大きな損傷や異常は見られず,3日後の5月22日午前3時44分(日本時間同日午後4時44分),無事に打ち上げられた.
  打ち上げ後,様々な機能確認・ランデブー試験を行って問題がないことを確認,アメリカ中部夏時間2012年5月25日午前8時56分(日本時間同日午後10時56分)に国際宇宙ステーションのロボットアーム(SSRMS)によって把持,同午前11時02分(日本時間翌26日午前1時02分)に「ハーモニー」モジュール地球側の共通結合機構に結合された.民間の宇宙船が国際宇宙ステーションに結合したのはこれが初めてのことであった.その後,積み荷であった補給品をISSに搬入,ISSの不要品の積み込みを行い,5月31日にISSを離脱,大気圏突入の後,アメリカ東部夏時間5月31日午前11時42分(日本時間翌日午前0時42分),カプセルが太平洋に着水,回収にも成功している.
  この後,“CRS-1”(2012年10月)及び“CRS-2(2013年3月)フライトの打ち上げに用いられたが,その後は拡大・発展型である“ファルコン 9 v1.1”に引き継がれた.

  ファルコン 9は以前にも作っていたが,そちらはどうやら計画段階の構想図に基づくモデル(?)らしかった.で,いつもお世話になっている“AXM Paper Space Scale Models”に実際に打ち上げられた機体のモデルと,上の「拡大・発展型」である“ファルコン 9 v1.1”の型紙がアップされたので,
「コイツは両方作るしかあんめぇ」
ということで新たに製作したというわけだ.

  さすが Alfonso さんの型紙.細部もきっちり再現されている.
  ↓こちらがエンジン部分.
Falcon9_engines 下部側面の形状もしっかり再現されているが,これが結構難しかった!

  “pe2tr Card Models”の型紙による「ドラゴン宇宙船」と並べて一枚.
Falcon9_dragonAXM Paper Space Scale Models”には,ちゃんとこの“COTS-2”フライトの「ドラゴン宇宙船」の型紙も公開されているので,ソイツも作らなきゃなんだけど,今はちょっと余裕がないので,しばらくはこれでご勘弁.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Falcon 9 (COTS-2)

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 3日 (土)

フライト 9A

  またしてもだいぶご無沙汰になってしまったけれど・・・

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第33回の今回は,フライト 9A.

  2002年10月10日,STS-112ミッションのスペースシャトル「アトランティス」がドッキングした.このミッションでは,「S1トラス」が取り付けられる.

  まず,STS-112ミッションの「アトランティス」↓.
1/100スケールペーパークラフトによる STS-112「アトランティス」
このミッションも,ペイロード・ベイは「S1トラス」だけでいっぱい.

  「デスティニー」前方の「PMA-2」にドッキングして↓.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年10月10日の状態) ドッキングした状態の「アトランティス」↓
国際宇宙ステーションにドッキングした STS-112「アトランティス」

  「SSRMS(カナダアーム2)」が「アトランティス」のペイロード・ベイにある「S1トラス」のPDGFを把持,「S0トラス」右端側に移動した.そして,アメリカ東部夏時間10月10日午前8時36分(日本時間同日午後10時36分),電動式のボルトによって,「S0トラス」に固定された.
  そのおよそ2時間後から始まった船外活動により,「S1トラス」天頂側に「S-バンドアンテナ・システム・アセンブリ(SASA)」,「S1トラス」右舷下部に「外部テレビカメラ(External TV Camera Group : ETVCG)」が取り付けられた.このETVCGにより,今後の船外作業時,船外からのテレビ画像が撮影されることになる.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年10月10日の状態(2)) 「S1トラス」↓.
「S0トラス」右舷側に取り付けられた「S1トラス」 船尾側から↓.
「S1トラス」背面 「S1トラス」上の「SASA」↓.
「S1トラス」上の「SASA」 「S1トラス」地球側の「ETVCG」↓.
「S1トラス」地球側の「ETVCG」

10月12日,船外作業により,「デスティニー」右舷側外壁にもう一基の「外部テレビカメラ(ETVCG)」が取り付けられた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年10月12日の状態)デスティニー」右舷側外壁の「ETVCG」↓.
「デスティニー」右舷側外壁に取り付けられた「ETVCG」

10月14日,「S1トラス」後部の「ラジエーター・ビーム」に取り付けられている3機のラジエーターのうち,中央の一基が展開された.これは本来,前日に予定されていたものだが,準備段階において電流を測定する保護回路の調整が必要となったため,この日まで延期されていた.このラジエーターは,幅約3mのパネル8枚で構成され,展開後は全長約23mとなった.ただし,実際にはこのラジエーターは起動されず,後の(このフライト当時は翌2003年に計画されていた)フライト12A.1で起動されることになる.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年10月14日の状態) 展開された「S1トラス」後部中央のラジエーター↓.
展開された「S1トラス」後部中央のラジエーター

10月16日,STS-112「アトランティス」が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2002年10月16日の状態)

  さて今回一番苦労したのは,「S0トラス」と「S1トラス」の接続部分.今となっては,おそらくコイツもどこかに運搬して展示することになると思われるので(実際,今年3月には日立シビックセンター,7月に神戸国際展示場,7月から9月までは明石市立天文科学館に展示した),運搬のためには分解できるようにしなければならない.それでいて,ちゃんと展示しておけるようにするには,それなりの強度も必要・・・
  考えた末,双方のトラス上下にピアノ線を通すことでどうにか解決.写真も撮ってないし,実は強度もイマイチで,各展示場所で組み立てるのには相当な苦労をすることになったのだけれど.

  というわけで,

  完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 9A

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2015年11月 »