« アトラス V 541 (MSL) | トップページ | アンタレス(ロケット) »

2014年5月27日 (火)

キュリオシティ

  ペーパークラフトシリーズ,今回は番外編,火星探査ローバーの「キュリオシティ」.1/12スケールペーパークラフトによる キュリオシティ  いやさすがにコイツを1/100スケールでというのは無理なので,開き直って大スケールの1/12で・・・という訳ではなくて,このスケールになったのは別に特別な理由があったのだけれど・・・それはまた後ほど.型紙は〝The Lower Hudson Valley Paper Model E-Gift Shop”から.

  2011年11月26日(UTC,日本時間翌日),アトラス Ⅴ 541型で打ち上げられた.
  打ち上げから7ヶ月後の2012年8月6日5時32分(UTC,日本時間同日14時32分),火星の赤道近くにある「ゲール・クレーター」の近くに軟着陸に成功した.
  「キュリオシティ」は全長約3m,重量約900kgで,SUV程度の大きさである.原子力電池を電源とし,最高で時速90m程度の速度で走行がなこうであり,当初の予定である2年間の活動中に,火星表面を最低でも19km移動する計画である.
  火星表面の以降には6輪の写真とロッカー・ボギー・システムを用いている.これは,ロッカー・アームが様々に動くことにより,ほぼいかなる地形であっても,6輪全てが接地することができ,様々な障害物や砂地が多いと思われる火星表面での走破性を高めている.また,何台ものカメラ,顕微鏡カメラ,大気分析装置,レーザー照射装置など,80kgの科学機器を搭載,生命の存在,あるいは過去に生命が存在した痕跡についての調査が主な目的である.

  よく見る正面やや下からのアングルで一枚.
Curiosity_f  ちなみに,全面のアーム,上面のカメラマスト,6つの車輪とステアリング,ロッカー・ボギー・システム,ハイゲインアンテナなどは可動式に作ってある.

  その,全面のアームを伸ばした状態.
Curiosity_arm

  ステアリング.
Curiosity_steering

  そして,ロッカー・ボギー・システム.
Curiosity_rb

  ・・・で,どうして1/12スケールになったかと言うと・・・

  こういうことをやりたかったから↓

空飛ぶ「スカイクレーン」と「キュリオシティ」.

・・・というか,そもそもの発端は,うちの職場の人から,

「アレ(スカイクレーンとキュリオシティ)が飛んだら面白いよねぇ」

という無茶ブリが飛んで来たのを真に受けてしまったからなのだけれど.

で,そのために小さなラジコンのクワッドコプターを購入してみた.それだと1/48スケールくらいで丁度良かったのだけれど,

パワーが足りなくてキュリオシティをぶら下げて飛べない・・・

さてどうしたものかと途方に暮れているうちに,

「はやぶさ」なら飛べるんじゃん?

と余計なことを思いついて作ってしまったのがこちら↓.



で,コイツが大ウケだった.この頃までに,
「コイツならば(キュリオシティを)ぶら下げても飛べるかも」
と思って目星をつけていた機体があったのだが,それは結構なお値段.
しかし,こうも「空飛ぶはやぶさ」がウケたとなっては,

やっぱり思い切ってやるしかないか・・・

そしてその「結構なお値段」のクワッドコプターを購入.
その品物が届いてみると,

でけぇ.

ということで,クワッドコプターの大きさに合わせるとなると,スカイクレーンが1/12になってしまった.そうなれば当然キュリオシティも1/12で作るしかないというわけで・・・

こうなったということです.

・・・こうなってくると,キュリオシティもラジコンで走らせてみたい・・・かも.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Curiosity

|

« アトラス V 541 (MSL) | トップページ | アンタレス(ロケット) »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/56278780

この記事へのトラックバック一覧です: キュリオシティ:

« アトラス V 541 (MSL) | トップページ | アンタレス(ロケット) »