« フライト 4R | トップページ | アリアン V (ES-ATV) »

2014年4月 3日 (木)

フライト 3S

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第25回の今回は,フライト 3S.

  2001年10月23日,ソユーズ宇宙船(TM-33)が「ザーリャ」地球側のドッキング・ポートにドッキングした.このフライトは,それまで緊急帰還用にISSにドッキングしていたソユーズTM-32が軌道上の設計寿命(約半年)を迎える前に,新しいソユーズと効果することが目的で,2人のロシア人宇宙飛行士,1人のフランス人宇宙飛行士が搭乗していた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2001年10月23日の状態)

ピアース」が取り付けられて以来,2機のソユーズが地球側にドッキングしたのはこれが初めて.

  ということで,地球側にドッキングした2機のソユーズ↓.
地球側にドッキングした2機のソユーズ

  10月31日,ソユーズ(TM-33)で到着した後8日間ISSに滞在していた3人の宇宙飛行士を乗せ,ソユーズ(TM-32)が分離した.以後,TM-33は,次のTM-34が到着するまで,緊急帰還用としてISSにとどまることになる.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2001年10月31日の状態)

  11月22日,プログレス補給船(M-45)が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2001年11月22日の状態)

  実は新たに製作したものはひとつもなく,ただソユーズ1機をドッキングさせ,別な1機を取り外し,さらに船尾のプログレスを取り外しただけだったりするけれど,今回はこれでおしまい.

完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ→ “Flight 3S

|

« フライト 4R | トップページ | アリアン V (ES-ATV) »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

ペーパークラフトISS」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
初めまして、というのも何か変な感じですが、ふくださんから紹介されてるかとは思いますが、種子島在住のマゲシマンと申します。
以前よりこちらの作品を、高い工作技術をもっていらっしゃる方だなぁ、と感心と羨ましさで見ていました。
自分で型紙を作っても、あまりの細かさに工作技術が追い付かなくて、いつか作成をお願い出来ないかなと思ってました。

今回、思いきってふくださんのブログにコメントして、拙作の写真とJ-Ⅰの型紙を送りました。現在、H-Ⅰ、N-Ⅱのリファイン中ですので完成次第お届け出来ると思います。
もし作っていただけるのなら、小型ロケット含め全ての型紙を送りますので。

投稿: マゲシマン | 2014年4月17日 (木) 02時44分

マゲシマン様,ご連絡ありがとうございます.
私も,種子島での打ち上げ見学のブログは拝見しておりました.SRBを固定するstrutの作り込みなど,凄いなぁと思っておりました.
ふくださん経由で,J-Iの型紙を受け取らせていただきました.現在製作中のものが完成したら,挑戦させていただきます.
型紙を送っていただけるとのこと,大変嬉しく思います.是非挑戦させていただきたいと思います.私は工作はできても型紙は作れないので,型紙を作れる方を大変尊敬しております.
なお,ここのブログでも紹介しております通り,国内各地で展示を行っておりますが,マゲシマン様の型紙から作ったものもその中に加えてもよろしいでしょうか?
ちなみに,今夏は島根県松江市で展示の予定です.

以後,何かとお世話になることと思いますが,何卒よろしくお願いいたします.

投稿: Y-Nakagawa | 2014年4月17日 (木) 10時49分

こちらこそよろしくお願いします。
展示は全然構いませんよ。
今、全力で型紙の修正とPDF化を進めております。
それが済み次第、夏休みまでにはMLとドーリーを仕上げたいと思ってるのですが、H鋼材やタイヤを独立したパーツで設計するというバカをやっております。

コメ欄のアドレスに返信いただければ、過去の作品のディティールアップに使えそうなものとか送ります。

投稿: マゲシマン | 2014年4月17日 (木) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/54764510

この記事へのトラックバック一覧です: フライト 3S:

« フライト 4R | トップページ | アリアン V (ES-ATV) »