« 片道切符 | トップページ | 小惑星 2012DA14 »

2013年2月 8日 (金)

素数

  学生時代,私の身の回りで,「素数」がブームだった.駅のコインロッカーの前で,飲み屋や銭湯の下駄箱の前で,しばし考え込む.
「これ,素数だろうか?」
ロッカーや下駄箱で,自分が使うものの番号が素数かどうか確認するのである.もし素数を見つけたら,その番号の場所に自分の荷物や靴を入れるのである.会話の最中に,何らかの数字が話題に登ると,
「だってそれ素数じゃないじゃん」
とかいう無意味なツッコミが入ったりするわけだ.実に妙なブームではある.

  1999年,「コズミック・コール・プロジェクト」によって,近隣の星に向かって,あるメッセージが送信された.メッセージ全文はそこそこ長いものだったらしいが,その「表紙」には,そのメッセージを解読するためのヒントが書かれていた.それは,十進法と二進法で表した数字,その下に素数が小さい順にいくつか,そして,一番下には,1999年の時点で見つかっていた最大の素数が記されていた.↓このように.
2の3021377乗-1 これは1998年に発見された素数で,これの意味するところは,23021377-1,90万9526桁の素数である.つまり,我々の文明は,「これだけの大きさの素数を見つけられるレベル」ということでもあるのだろうか.
  その後も「最大の素数の発見」は続き,ついこの間まで,最大の素数は2008年に発見された243112609-1,1297万8189桁の素数であった.これを同様に表すと,
2の43112609乗-1 こうなる.そして,つい最近,さらに大きな素数が見つかったらしい.その素数とは,257885161-1,1742万5170桁の素数.これも同様に表すと
2の57885161乗-1
・・・

  どうやら,我々の文明も着実に進歩しているらしい.

 

この記事を読んで,「『最大の素数の発見』というニュースを見て,そんな画像作っているなんて,アンタ結構暇人?」と思った方,いやそうでもないんですよ.とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 片道切符 | トップページ | 小惑星 2012DA14 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 素数:

« 片道切符 | トップページ | 小惑星 2012DA14 »