« 素数 | トップページ | 南極でも「聞こえた」「爆発音」 »

2013年2月16日 (土)

小惑星 2012DA14

  今朝早く,2012DA14という小惑星が地球のすぐそば,しかも静止衛星軌道より内側を通り抜けて行った.

  この情報は事前に話題になっていたので,その軌道を調べ,
「午前5時頃しし座δ星のあたりに網をはっていれば捕まえられるはず」
と思っていた.
  で,昨日の昼間,星図を見ていて気がついた.
「そこって,系外銀河トリオのすぐ近くじゃん」
ここは一つ,三つの銀河と共に小惑星の軌跡を写真に写してやろうという作戦を立てた.

  そして夕方.

  昨日の晩は市内某小学校で観望会の予定があったのだが,夕方は雨で,この観望会は屋内での天文教室となった.
(これ,朝までに晴れるのか?~)
  ベテルギウスの超新星爆発の話題など話しながら,心の片隅では翌朝の天気を心配していた(参加者の皆様,ごめんなさい)

  でも,天文教室が終わった頃には月がうっすらと見え出し,後片付けが終わって帰宅する頃にはかなり晴れ間が広がっていた.
「こりゃいけるかも!?」

  寝過ごしてしまわないように注意して,とりあえず就寝.

  目が覚めたのは午前3時頃.天気は・・・快晴!

  とにもかくにもポタ赤と望遠レンズを用意.
  まずは,狙ったあたりにカメラを向け,テスト撮影.
「よし,これでちゃんと写る!」
カメラのモニターに写し出された画像には,件の銀河たちが確かに写っている.
  そして,画像と星図を見比べ,小惑星の軌道がきちんと中央を通るように微調整.

  04:40頃.
  いよいよ撮影を開始.

  え?

  いきなり線になって写る天体があった.まだ早いじゃないか・・・って,これは人工衛星か・・・

  そして04:51.
「来た!」
画像には確かに南から北に移動する天体が写っている.いやぁ,カメラの画角に入ってきた時は感動した.

  そのまま,小惑星が画角から出て行くまで,30秒の露出を繰り返す.
  05:02頃,小惑星2012DA14は画角の北へと去って行った.

  撮影終了.満足して後片付けに入ったのだが,このタイミングで急に強い風が吹き始めた.
  何というタイミング!
  今朝使ったのはポタ赤.強風下ではブレてとても望遠レンズでの撮影なんぞできる訳がない.風が吹き始めるのが30分早かったらアウトだった.

  そして夜が明け,撮影した画像を「比較明」で合成したのが↓.
2012da14_130216_2 (クリックして是非大きな画像でご覧ください.1200 x 1800 pixel,884kb)
上下にまっすぐ貫いているのが小惑星2012DA14の軌跡,横切っているのが直前に見られた人工衛星,そして,右上の方には,フレアを起こしたとみられる人工衛星も写っている.また,小惑星の右側には,狙い通りM65,M66,NGC3628の3つの銀河たちもきっちり写っている.

・・・そういえば・・・

以前に撮った写真には↓こんなものも.
Ngc3628_030108 銀河はNGC3628,中心やや下に写っている線は,丁度通りかかった小惑星「アクィタニア」.

  ・・・「NGC3628の近くを小惑星が通過する」って,私には結構縁があるのかねぇ.

  ところで.

  この小惑星の撮影が終わり,「さっそくネットにアップ♪」と思ったところで,「ロシアで隕石が落下」というニュースを見つけた(遅い?).隕石の落下で多数のけが人が出たというのは多分史上初めての出来事.この隕石は北から南に向かう軌道で,2012DA14は南から北に向かう軌道なので両者には全く関係はないのだが,史上初めての出来事と,小惑星の「超接近」がほぼ同じ日に起こるなんて,こんなこともあるもんなんだねぇ.

  とにもかくにも,ロシアで被害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます.

 

「小惑星の超接近が気になっていたところで,方や隕石の衝突なんて滅茶苦茶驚いた」という方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 素数 | トップページ | 南極でも「聞こえた」「爆発音」 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント


http://www.asyura.com/11/bd60/msg/530.html

このスレッドのコメント欄>25.~ラストまでを読んでみてはもらえないでしょうか?
そして、願わくば真実の拡散にご協力を…。

投稿: Y | 2013年3月 2日 (土) 16時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星 2012DA14:

« 素数 | トップページ | 南極でも「聞こえた」「爆発音」 »