« 第二の地球? | トップページ | 連載終了 »

2012年12月21日 (金)

冬至

  今日(21日)は冬至.

  ツイッター上でちょっと話題になっていて,私自身も新鮮に驚いたことがある.

  今年5月21日には金環日食が見られた.これを全長2mの「ピンホール望遠鏡」で見てやろうと準備していたのだが,実はこの「ピンホール望遠鏡」,2009年の部分日食の際に用意したものだった.
  その時と違い,今年の金環日食が見られたのは朝で,当然太陽の高度も低い.当然,もともとはそんなに仰角を低くすることは考えてなかったものだったので,金環日食の前日,果たして低い太陽に向けることができるかどうか,同じ時刻にリハーサルをやってみた.
「低い!」
当然,その仰角に向けられるように手を加えてはあったのだが,リハーサルをしてみて,改めてその低さに驚いたものだ.

  そして金環日食当日.この日,食が始まって,金環になる前,
Ecl120521_070758 このくらいの欠け具合の頃(写真は07:07:58に撮影したもの),太陽の高度は30.3°だった.
  この頃の観望会場の様子が↓.
Ecl_kanbou_120521_01 中央に「ピンホール望遠鏡」がある.その向いている先に太陽があるわけで,この頃の太陽の高さがよくわかる.

  で.

  水戸の北緯は36.3°.ということは,冬至の今日,太陽の南中高度は90°-36.3°(北緯)-23.4°(地軸の傾き)=30.3°.

  ということで,今日の太陽の南中高度は,あの金環日食があった日の午前07:10頃の太陽の高さと同じというわけだ.

  いやぁびっくり.あの日,「低い!」と驚いた太陽の高さと,今日の太陽の南中高度が同じくらいとは!

  いや,当然と言えば当然のことだし,ちょっと考えてみればわかることではあるけれど,「頭で理解していること」と「実感として感じること」って違うもんだねぇ.

 

この記事を読んで,「こうして具体的に比べてみると確かにびっくり」という方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 第二の地球? | トップページ | 連載終了 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬至:

« 第二の地球? | トップページ | 連載終了 »