« フェイント | トップページ | サターン INT-21 »

2012年11月25日 (日)

どうしていつも

  昨日(24日)は城里町ふれあいの里天文台で観望会.
  夕方には一時全天が雲で被われ,こりゃダメかもと思ったのだが,その後再び快晴になった.
「こりゃ昨日と逆のフェイントか?」

  とにもかくにも,天文台は開館.連休中ということもあって,ふれあいの里はお泊まりのお客さんでいっぱい.天文台も結構混雑が予想された.
  昨日,南の空には半月過ぎの明るい月,そして東には木星.来館者が少ない時ならば,
「先の木星を見てもらって,そのあと月」
というパターンなのだが,混雑している時は,なかなか望遠鏡を二回覗いてもらうというのは難しく,どちらか一方ということになる.

  月と木星とで,どっちが珍しいかというとやっぱり木星だろう.

  ということで,天文台の望遠鏡では木星を見てもらうことに.かと言って,月もやっぱり捨てがたい.
  そこで,ドームのそばに私の小さい望遠鏡を設置,そちらで月を見てもらうことにした.

  開館.案の定,天文台はたくさんの来館者で賑わった.
  作戦も成功,ドーム内の望遠鏡では木星,ドームそばの私の望遠鏡で月を眺め,皆さん歓声をあげておられた.
「いやぁ,こういう望遠鏡でも良く見えるものですねぇ」
「我が家の望遠鏡よりずっと良く見えます」
(いや,そりゃそうですよ.これだって結構なお値段したんですから)・・・とは心の声.

  そんなこんなで,昨日の観望会はなかなか盛り上がって終了.

  実は昨日,
「今晩は(観望会の後)木星を撮ってやろう」
と張り切っていた.
  観望会終了後,早速準備開始.ノートPCを立ち上げ,カメラを望遠鏡に取り付け,ケーブルを接続して,画面を見ながらピントを合わせ,さていよいよ撮・・・え゛?
  画面の木星が見る見る暗くなった.ドームの外に出てみると,

  げ・・・

  いつの間にか雲がいっぱい.どうしていつもいつもこうなっちゃうのかねぇ.

  それでもしばらく粘り,雲の間を縫うようにして何度か撮影.でも結局,まともに撮れたのは10秒程度の動画が1回だけ.
  とりあえずその動画を処理したのが↓
木星 2012年11月24日 まぁこんなもんか・・・

  観望会の最中は凄く良く見えていたので,実は上の画像,大きさを除けば,望遠鏡で見たまんまのイメージに近い.そういう意味ではこういうのもアリか.

  とは言えこれでは満足できないので来週リベンジの予定.

  来週晴れてくれるかなぁ・・・

 

この記事を読んで,「ホント,アンタのやることにはいつもオチがつくんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« フェイント | トップページ | サターン INT-21 »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうしていつも:

« フェイント | トップページ | サターン INT-21 »