« 遠くにあると | トップページ | 国際航空宇宙展にて その2 »

2012年10月16日 (火)

国際航空宇宙展にて その1

  9日から名古屋のセントレアとポートメッセを会場に行われていた国際航空宇宙展.
  主催者展示の一部として,私のペーパークラフトロケットを展示した.

  準備のため7日の午前中に会場に行き,ロケットたちを並べ終えて会場をあとにしたのが8日の午後6時過ぎ.
  この時,会場全体の準備はまだ完了していなかった.でも,翌日(9日)からはオープンするわけで・・・

  準備が完了したら,会場はどんなになるんだろう?

  と後ろ髪を引かれる思い.そんなわけで,水戸駅に帰り着くやいなや,次に行く予定の13日は会場に最も早く到着できる新幹線を予約したのだった.
  それから4日間.会場のことが気になって気になって・・・仕事もなかなか手につかない始末.13日が来るのが待ち遠しかったこと!

  で,その13日.
  自宅を出発したのは午前3時半頃.駅まで歩いて,午前4時半過ぎの始発列車に乗る.
  そして会場に到着したのが開場1時間前の午前9時頃.
Ja2012_121013_01 既に開場を待つ人の列(この列を尻目に,「Staff」のパスでサクッと中に入るのは快感だったり).
  そして,私のロケットたちの展示ブースは
Ja2012_121013_02 おぉ,素晴らしい!
  とりあえずロケットたちが倒れたり(無くなっていたり)破損していたりしないかチェック・・・問題なし!
「お前たち,ちゃんとみんなに見てもらったかい?」
主催者側の方の話では,トレードデーの頃から,ここはずっと人気だったとか.
  そりゃ嬉しいですねぇ.
  でも,そんな話を聞いても,「本当にみんなに見てもらえるんだろうか?」と不安.

  そして10時.会場.
  しばらくすると,近くにも人がやって来る.やはりJAXAのブースは人気らしい.
  そのJAXAのブースの隣が私の展示のブース.
  そしてさらに少し経つと,私のロケットの展示も
Ja2012_121013_03 結構人気.写真を撮って行かれる方も多々.
「すげー」
「これ紙?」
という声も.
  この展示の一角に,私の顔写真入りで「製作者の紹介」というパネルが置いてある.
  お子さんに,
「これ,このお兄さんが全部作ったんだって!」
というお母さんも(おじさんじゃないらしい).
  さらに,私に向かって(私はこの時,スタッフのブルゾンを来て,「Staff」のパスを首にかけていた),
「これ,全部(件のパネルを指差して)この方が作ったんですか?」
という方も.
「いや,それ私です」
「あ,あなたですか!」
この方にはこの後握手を求められた.
  また,気がついたのか,同じパネルを指差して,
「あなた,この方ですよね?」
と声をかけて下さる方も.そして,
「一緒に写真に写って頂けますか?」
とか.もちろん,一緒に写りました.

  結局,この日は終日人が絶えることがなかった.おかげで一日中立ちっぱなしだったけれど.
  この日は17時の終了の後はとくにやることがないので,さっさとホテルへ.

  ホテルに着くと,立ちっぱなしだった疲れですぐに爆睡.目が覚めたのは午前2時過ぎ(これ,もしかしていつもの習慣?).
「あ゛,昼飯も晩飯も食べてない・・・」
  この時刻から遠くへ行く気力はなく,ホテルの隣の某牛丼チェーン店で牛丼をかきこみ,すぐにホテルに戻って麦を原料とするある種の炭酸入り有機物水溶液を服用してさっさと就寝.

  長くなるので続きはまた別記事で.

 

この記事を読んで,「とにもかくにも,たくさんの人に見てもらえて良かったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 遠くにあると | トップページ | 国際航空宇宙展にて その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国際航空宇宙展にて その1:

« 遠くにあると | トップページ | 国際航空宇宙展にて その2 »