« 薄曇りの下で | トップページ | 恨めしや »

2012年8月13日 (月)

ペルセウス座流星群の夜に

  昨日(12日)から今朝にかけては夏の風物詩ペルセウス座流星群の極大.
  城里町ふれあいの里天文同好会恒例の合宿があった.

  流星群や合宿とは関係なく天文台では観望会の予定もあったのだが,夕方はそこそこ晴れていたものの,20:00頃には一等星がいくつか見える程度の天気となり,天文台は閉館.
  ということで星は見えないわけで,同好会のメンバーたちはふれあいの里のキャビンで,ある種の有機物水溶液で目の増感処理(懇親会ともいう).
  21:00過ぎ,晴れ間が広がったので,皆で空を眺めた.雲は多かったが,雲の切れ間には(増感処理の効果もあって?)結構星も良く見えていた.その頃撮った写真が↓.
はくちょう座付近 2012年8月12日 城里町ふれあいの里天文台にて写真には写らなかったが,流星もいくつか.そして,眺め始めて10分くらい経っただろうか,火球クラスのものも.

  なんかちょっと満足.

  上の写真でもわかるように,雲はあったものの透明度は良かったので,天文台の40cm反射望遠鏡でいろいろ眺めてみる.M57M13M15NGC7331・・・などなど.

  その後,また雲が広がってきたので,またキャビンに戻り,増感処理のやり直し♪

  そして午前2時過ぎ.ふと外に出てみたところ,ほぼ快晴になっていた.
「こりゃ二重星団が見たいぞ」
ということで,再び天文台へ.ドームのスリットを開け,望遠鏡を・・・あれ?
  ドームの外に出てみてびっくり.ついさっきはほぼ快晴だったのに,この時にはすっかりベタ曇り.ほんの数分の間にこんなこともあるのか・・・

  ・・・ということでまたキャビンに戻り,(以下略)

  そんなこんなで.
  流星は少ししか見られなかったものの,雲の隙間からとは言えじっくりと天体を眺めることができて(「増感処理」も楽しめたし),なかなか有意義な「ペルセウス座流星群の夜」ではあった.

 

この記事を読んで,「でももしかして,その“増感処理”の方がメインだったんじゃ・・・」と思った方,いや実はそうだったんですけどね・・・とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 薄曇りの下で | トップページ | 恨めしや »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群の夜に:

« 薄曇りの下で | トップページ | 恨めしや »