« the Seven Minutes of Triumph | トップページ | 初めて聞かれた・・・けど »

2012年8月 9日 (木)

最新画像続々

  日本時間6日午後2時32分に火星に着陸したNASAの火星探査車「キュリオシティ」.現在は様々な観測・分析機器の立ち上げを行っている最中らしいが,「キュリオシティ」が撮影,地球に送信してきた画像が続々と公開されている(それらの画像は「キュリオシティ」のミッションページで見ることができる).
  無数の小石が散らばる大地に映る「キュリオシティ」の影.遠くに霞んで見える「ゲール・クレーター」の外輪山.高くそびえるシャープ山・・・
  「先輩」の「オポチュニティ」(余談だが,オポチュニティの愛称は「Oppy(オッピー)」なのだそうな)や「スピリット」が送って来た画像もそうなのだが,NASAの火星探査車が送ってくる画像というのは,どれもこれも誰かがそこに行って撮ったスナップ写真のように実に自然な印象がある.なんだか「道祖神の招きにまねきにあひて」明日にでも行けてしまいそうだ.

  想像力とは便利なもので,「キュリオシティ」の影を自分の影に置き換えてみたり,職場の3階から眺めた遠くの山々をゲール・クレーターの外輪山に置き換えてみたり,新幹線の窓から見た富士山をシャープ山に置き換えてみたりと好き勝手に「脳内画像処理」をやって妄想を楽しんでいたりする.

  もっとも私が「そこ」に行くのは,星になってから(!)だろうが.

  ところで,今日のニュースでも「小中学生の理科離れ」の記事があった.意識調査では小中ともに「理科好き」が多い一方,中学になると,授業内容の理解度が低くなることが判明,中学で「理科離れ」が進む実態が浮かびあがった・・・のだそうな.
  この記事を読んで,「あれ?」と思った.

  「理解度が低くなる=理科離れ」と考えてしまうことがそもそも間違いなんじゃないのか?

  ちなみに,私自身,小学生の時は「星」についての学習は大嫌いだった.「星の動き」なんていうことを観察してその記録を提出することが宿題だったりするともの凄く嫌だった.それが大人になって,天文の仕事をしているのだから世の中不思議ではある.

  無理して子供たちの「理解度」とやらを上げようとするより,「キュリオシティ」から続々と送られてくる火星の画像をたくさん見せてあげて欲しいなぁと思ったりもする.まぁ私は学校の先生ではないので,無責任にいろいろなことを考えられるのではあるが・・・

 

この記事を読んで,「子供たちに『最新の科学の成果』を見せてあげるのも大切なことなのかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« the Seven Minutes of Triumph | トップページ | 初めて聞かれた・・・けど »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最新画像続々:

« the Seven Minutes of Triumph | トップページ | 初めて聞かれた・・・けど »