« やはりと言えばやはりだが | トップページ | the Seven Minutes of Triumph »

2012年8月 6日 (月)

震災後初

  昨日(5日)も城里町ふれあいの里天文台で観望会.夕方,西の空に雷雲は見えたものの,20:00頃はほぼ快晴で問題なく開館が決定.

  最近,月明かりに邪魔されながらも,結構星も見えていたので,最近の空は透明度が高いのではないかと期待していた.
  昨日の月の出は20:10頃.観望会の時間帯はまだ低いので,天頂近くに見える環状星雲あたりは結構見えるだろうということで,観望会が始まる直前に一度望遠鏡を向けてみた.
「おぉ,がっつり見えるじゃないか!」
思った通り,なかなか良い空らしい.

  「来館者は少ないんじゃないか」
という予想だったので,ベガ→環状星雲→アルビレオ のコースを考えていたが,開館してみると結構な数の来館者となった.ベガ→アルビレオ→オプションとして環状星雲 に予定を変更.

  ベガ,アルビレオを見て,
「ここまではぱっと見てわかる対象だったんですが,次はちょっと中級編.よーく見ないとわからないかもしれませんが,輪っかのような星雲です」
と言ったところで,なんと環状星雲のあたりに雲・・・なんていうトラブルもあったけれど,こと座の神話などお話ししながらなんとか環状星雲も見てもらうことができた.

  で,観望会終了後.

  空の状態が良かったので,一人天文台に残り,主砲の40cmニュートンで写真撮影をすることにした.ふれあいの里天文台は昨年の東日本大震災の時,望遠鏡が台座からズレてしまい,今年の3月に復旧工事が終了するまで閉館を余儀なくされていた.その後もなかなか天候に恵まれなかったため,この望遠鏡で写真撮影をするのは震災後初めてのことだ.さて光軸や極軸に問題はないだろうか.
  月が昇ってくるまでに時間がなかったので,時間をかけてじっくり撮影というわけにはいかなかったが,とりあえず環状星雲を狙ってみる.
「おぉ!いいじゃないか!」
短い露光時間でもいい感じに写る.2分ほどまで露光時間を伸ばしてみたけれど,追尾誤差は気にならない.どうやら,光軸にも極軸にも問題がないようだ.

  で,その成果が↓.
環状星雲 2分×4コマしか撮ってないが,なかなかいい感じ.

  うーん,これから先が楽しみになったぞ.

 

この記事を読んで,「撮影だけじゃなくて,観望会もしっかりやれよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« やはりと言えばやはりだが | トップページ | the Seven Minutes of Triumph »

天体写真」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 震災後初:

« やはりと言えばやはりだが | トップページ | the Seven Minutes of Triumph »