« 国際宇宙ステーション | トップページ | 天の川モザイク »

2012年6月28日 (木)

ボイジャーの模型

  先日,アメリカの無人探査機,「ボイジャー1号」が近い将来恒星間空間に到達するだろうというニュースがあった.人工物が歴史上初めて恒星間空間に到達する「Xデー」はどうやら今年末くらいになるらしい.

  「その日」に,手元には「ボイジャー1号」の模型を持っていたい

  と思う人も多いだろう.
  だから・・・なのかどうかは知らないが,アストロアーツのオンラインショップでボイジャーのプラモデル(ハセガワ製)を入荷したらしい.

  もちろん私は早速注・・・いや,私が注文するはずがない.「ペーパークラフト職人」(笑)のプライドにかけてそんなものは買わない.
  実を言うと,もう数日前からボイジャーのペーパークラフトの製作を始めている.もちろん,スケールはロケットたちと揃えて1/100(型紙が1/48なのでかなり苦労している)で.

  ここまで世界各国の方が作った型紙を結構な数組み立ててきたが,そこで思ったことがある.日本ではかなり精巧なプラモデルが普通に販売されているが,海外ではそうでもないらしい.そういう訳なのか,どうも欧米では,プラモデルは「子供のおもちゃ」で,ペーパークラフト(欧米では “Papermodel”あるいは“Cardmodel”と呼ぶことが多いようだ)の方が「大人の趣味」という感覚があるような気がする.ロケットや人工衛星など,プラモデルよりもペーパークラフトの方がよっぽど精密だったりする.

  そんなわけで・・・

  「ボイジャー」のプラモデルに妙に対抗意識を燃やしていたりする.

  負けてなるものか!

 

この記事を読んで,「ったく,アンタって人は,妙なところで“燃える”ねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 天の川モザイク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボイジャーの模型:

« 国際宇宙ステーション | トップページ | 天の川モザイク »