« 虹 | トップページ | ハンディプロジェクター »

2012年6月23日 (土)

マーフィーの法則

  マーフィーの法則とはげに恐ろしきものである.いや,この世はマーフィーの法則に支配されていると言ってもよい.
「バスを待っていると,反対向きのバスが来る」
「強風とは,向かい風と決まっている」
こういうことは,誰しも経験があると思う.

  実は,「天文マーフィーの法則」なるものも存在する.
「晴れていても,機材を準備すると曇る」
「三脚につまづくのは,極軸を合せた後と決まっている」
多少なりとも,天文でディープな世界に足を運んだことのある人なら,自分の経験の中で,思い当たることがあるだろう.

  昨日(22日)は市内某小学校で観望会.
  朝は激しい雨で,観望会は絶望的だと思っていた.それが,午後から天気が好転して,観望会開始予定時刻の30分前,19:00頃にはほぼ快晴になった.
「いやぁ,今朝の天気ではもうダメだと思っていました」
「今朝の天気を思うと,(現在の天気は)信じられないですよね」
などという会話を交わしていた.

  で,観望会開始.まずはちょっとお話・・・なんて思っていたのだが,いつの間にか,西の空には黒い雲が.
「なんだか雲の様子が怪しくなってきたので,とりあえず見られるうちに見てしまいましょう」
観望対象はもちろん土星.シーイングはイマイチだったが,それほど悪いというわけでもなかった.
「うわー,絵みたい」
「なんだか作り物のようですね」
滑り出しはよかった.しかし,雲はどんどんと近づいてくる.そのうち,土星が見える方向にも雲がかかり,薄雲を通して見るハメに.
  時間には余裕があったので,薄雲を通してでも全員に見てもらった後,
「もう少し雲が少なくなったらまた土星に(望遠鏡を)向けますので,今はとりあえず別なものを見てみましょう」
この時点で雲がかかっていなかった東の空,環状星雲に望遠鏡を向ける.
「どう?わっかが見えるでしょう?」
「あ,ほんとだぁ」
「えー?どれ?このぼんやりしてるやつ?」
「え,全然見えないんですけど」
最初は良かったけれど,いつしか環状星雲も雲の向こうに.そしてこの時,土星はしっかり見えていた.

  う゛ぅ,恐ろしい,ここにも天文マーフィーの法則
「雲は,望遠鏡の向いている先に集まる傾向がある」
まったくその通り・・・

  そんなわけで,私としてはやや不完全燃焼の観望会ではあったけれど,
「やっぱり実物を見ると感動が違いますねぇ」
と言われた.

  それがわかってもらえれば,ま,いいか.

 

「やっぱりマーフィーの法則は偉大だ」と思う方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 虹 | トップページ | ハンディプロジェクター »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マーフィーの法則:

« 虹 | トップページ | ハンディプロジェクター »