« どんよりとした・・・ | トップページ | 暴風の中で »

2012年6月19日 (火)

元の姿に

  先日から開始した自作プラネタリウムの修復作業,作業は思いのほか順調に進み,一昨日(17日)には恒星球下部のアクリルの部品(この部分を作るのが一番厄介だったのだ)が完成.
  これを駆動部分の先端に取り付け,(震災で倒壊した際に)破損した電球の冷却ファンを新しいものに交換,全ての配線のハンダづけをして,震災直後
Ppls1_110316_1 ↑こんな姿だったものが,
Ppls1_120618_01綺麗に元通り.これに恒星球を取り付け,「なんちゃって青空投影機」も取り付けて,
Ppls1_120618_02 震災発生から15ヶ月ぶりに元通りの姿に.
  そして,動作試験をした後,久々に灯を入れる.
「う〜ん,久しぶりだ・・・」
自分が作った「星空」に久々に対面.やっぱりめちゃくちゃ嬉しい.

  震災後,壊れた姿を見て思わず笑ってしまうしかないほどのショックを受けたことを思い出す.あまりのショックの大きさにずっと修理にかかれずにいたのだが,作業を始めてみれば,なんのことはない,結構あっさり,2週間ほどで修理完了.やっぱりものごとはやってみるもんだねぇ.

  で,回転軸の調整(投影される星空の「天の北極」がきちっと回転軸の真上にくるように)をして,全ての作業が完了.これで完全復活だ.

  ちなみに,このプラネタリウムで投影されるのは↓こんな感じ.
Ppls1a1 投影恒星数約6万5000個.プレセペ星団Mel.111などの散開星団はしっかりと確認できる.

・・・というわけで,震災以来の心のつかえが降りてすっきり.また子供たちの盛大な歓声を聞くのが楽しみ♪

 

この記事を読んで,「とにもかくにも,元通りになって何より.これから先は,操作や説明など,“ソフト”の面を充実させなきゃね」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« どんよりとした・・・ | トップページ | 暴風の中で »

自作プラネタリウム」カテゴリの記事

コメント

よかった。

投稿: ヒゲキタ | 2012年6月23日 (土) 12時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元の姿に:

« どんよりとした・・・ | トップページ | 暴風の中で »