« 金環日食! | トップページ | 祝!ファルコン9 打ち上げ成功! »

2012年5月22日 (火)

百聞は一見に如かず

  昨日(21日)は日本全国が「日食フィーバー」の一日だった.
  で,今日になると「スカイツリーフィーバー」になってしまってはいるのだけれど,そこはそれ,あの興奮がただの一日で冷めるというものでもなく,朝出勤した時にその話になった.
  その中で,
「月があんなに速く動くのにビックリした」
という話になった.同じことを感じた人は大勢いるはず.

  ちょっと理屈で考えてみれば,月は半径約38万kmの軌道で地球を回っており,28日ほどで一回りしてしまうほどの猛スピードで動いている(ちょっと計算してみると,時速約3,700km)ことがわかるが,だからと言ってそんなことは普段少しも実感しない.
  それが,昨日のような日食では,月の影がどんどん動く(10分も目を離していると,だいぶ変化している)のを見れば,強烈に実感できる.
「昨日一日ですごく利口になった気がする」
とか.
  いやまさに「それ」ですよ.
  一般的にはあまり馴染みがないとも言える天文の世界の話でも,月や太陽,惑星や星座たちのことなど,それほど天文に興味がなくても本やネット等で見て「知識」として持っている人も意外に多いようだ(やや「宇宙ブーム」と言える昨今ではなおさらだ).でも,それは「知識として持っている」というだけで,「理解している」こととは少し違う.それが,昨日の日食のような時には,それを強烈な実感として感じることができ,一瞬で「理解」できるというわけだ.まさに「百聞は一見に如かず」である.
  子供たちにとってはなおさらだ.自分自身を振り返ってみても,子供の頃に受けた印象というのは強烈に記憶に残っているものである.天文や科学に限らず,そういう「実感」を得られるようにすることは大切なことだと思う.
  そしてその「場」を提供するのが私の役目でもある.昨日の金環日食が終わって軽い「燃え尽き症候群」ではあるけれど,そうも言ってられない.さぁ,「次」に取りかからなくては!

 

この記事を読んで,「そうだ,アンタには燃え尽きている暇なんかないんだぞ!」と思ってくださった方,こちらをクリックして激励の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 金環日食! | トップページ | 祝!ファルコン9 打ち上げ成功! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百聞は一見に如かず:

« 金環日食! | トップページ | 祝!ファルコン9 打ち上げ成功! »