« 寒冷化? | トップページ | 失敗を乗り越えて »

2012年4月22日 (日)

1年ぶり

  昨年の東日本大震災で被災,その後ずっと閉館を余儀なくされていた城里町ふれあいの里天文台
  3月には復旧工事が終わり,4月から通常通り開館できるようになっていた.しかし,天気が悪かったり,私の予定が合わなかったりしてなかなか観望会に参加できなかった.
  昨日(21日)はようやく参加できるはずだった.が,夕方は曇り.
「なんてこった・・・」
と思ったものの,開館予定時刻(20:30)近くなって晴れ間が広がり,
2012年4月21日 城里町ふれあいの里天文台にてこんな「どんよりとした晴れ」ながらなんとか無事開館.私にとっては1年ぶり,震災以来初めてのふれあいの里天文台での観望会になった.

  一通り春の星座の案内をした後,早速望遠鏡で火星を見てもらう.

  ・・・

  やっぱりあんまりウケないか.私くらい慣れていれば(もとい私くらいマニアックならば),微妙に欠けていること,表面に黒い模様として地形が見えることなどが見てとれるのだが,そうでない人にはただ赤くて丸い物体が見えるだけだからこれは仕方ないかも.

  そして,参加者全員が見終わった後で,望遠鏡を土星に向ける.
  こちらの方は,シンチレーションが悪くてあまり良くみえなかったものの,
「うわ,すげー土星だよ」
「写真が貼ってあるみたい!」
大人気.いやはや,土星はやっぱり文字通り「大スター」だねぇ.
  デジカメで写真を撮ろうとしていた方があったので,とりあえず全員が見終わった後にプチ撮影会.
  私も最近買ったコンパクトデジカメで撮ってみる.
土星 2012年4月21日 うーん,昨日のシンチレーション,コンパクトデジカメの手持ちコリメートではこんなもんでしょう.

  というわけで,昨日の観望会も楽しく終了.
  これでまた震災前と同じように(晴れていれば)毎週天文台で観望会ができると思うと凄く嬉しい.
  昨日は,1年ぶりということもあってか(いや観望会そのものはその間も何度もやっているのだけれど,場所がかわるとやっぱりいろいろと違うものなんですよ),帰宅した後はどっと疲れが出た.でもやっぱりこういう疲れは「心地よい疲れ」ではある.

  来週末からいよいよゴールデンウィーク.天文台もたくさんの方で賑わうはずだ.天気に恵まれるといいんだけど.

 

この記事を読んで,「何はともあれ,無事天文台でもとのように観望会ができるようになってよかったねぇ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 寒冷化? | トップページ | 失敗を乗り越えて »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1年ぶり:

« 寒冷化? | トップページ | 失敗を乗り越えて »