« 楽しい工作 | トップページ | 明け方に »

2012年3月20日 (火)

春分の日

  今日(4月20日)は春分の日.「国民の休日」ではあるが,私はあまりにもやることがいっぱいありすぎて,朝からドタバタと走り回りながらめちゃくちゃ忙しい日を過ごしている・・・のは置いといて・・・

  「春分の日」と言えば,「昼の長さと夜の長さが等しくなる日」と一般的に言われるが,実はそうではない.
  地球にもし大気がなければ,「春分の日」は,日の出の時に太陽の中心と地平線が一致してから,日の入りの時に太陽の中心が地平線に一致する時刻までの時間と,次の日の出の時に太陽の中心が地平線に一致するまでの時間はほぼ同じになる.ところが,地球には大気があるので,地平線近くに見える天体の光は大気で屈折して少し浮き上がって見え,したがって,日の出の時に太陽の中心が地平線に一致する時刻は少し早くなり,日の入りの時は少し遅くなる.また,「昼の長さ」とはすなわち日の出の時刻から日の入りの時刻までのこと.ところが,日の出,日の入りの時刻とは,太陽の上側の縁が地平線に一致した時刻と定義されている.つまり,「日の出」の時刻は,太陽の中心が地平線に一致する時刻より少し前であり,「日の入り」の時刻は,太陽の中心が地平線に一致するより少し後ということになる.
  その他,いくつかの理由も影響して,春分の日の昼は夜よりも少しだけ長いのだそうな.

  試しに,iOS用のアプリ「月読君」で調べてみると,今日の水戸地方の日の出は05:41,日の入りは17:49で,昼の長さは12時間と08分.ということは夜の長さは11時間と52分.あ,本当に昼の方が16分だけ長い.

・・・というわけで,その「春分の日の夕日」を一枚.
春分の日の夕日 2012年3月20日特に意味はないけれど・・・あ゛,「日の出」と「日の入り」両方の写真を撮っておけばおもしろかったかも・・・

 

この記事を読んで,「普段当たり前と思っていることの中には,実は当たり前じゃないことも結構あるもんなんだよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 楽しい工作 | トップページ | 明け方に »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春分の日:

« 楽しい工作 | トップページ | 明け方に »