« なにもそこまでしなくても | トップページ | 金星と木星 »

2012年3月13日 (火)

久々の星空

  ここのところ天気が悪く,しばし星空を眺めるチャンスもなかった.
  昨日(12日)の夕方,西の空には並んで輝く金星と木星が綺麗だった(写真に撮りたかったのだが,カメラは手元になかったので残念!).

  03:00過ぎ.
2012年3月13日 自宅にて 快晴.やや寒かったが,とりたてて冷え込んでいるというわけでもなく,まぁこの季節ならこのくらいだろうといった程度.
  ふと目をやると,東の空に夏の大三角が昇っていたのでとりあえず一枚.
昇る夏の大三角 2012年3月13日 月が明るかったのであまり撮影意欲は沸かなかったが,しばし夜空を眺めながら散歩してみた.

  ・・・

  やっぱり思い出すのは1年前のこと.
  震災直後,災害対策として,私も夜間職場に詰めていることがあった.
  夕方になると,夕食を求めてあちこちと歩き回る.ガソリンが手に入りにくい状況だったので,自家用車を使えなかった.まだ停電で市内は暗く,営業している店も少ない.方々歩きまわってようやく営業しているお店を見つけて入ってみるが,食べ物の棚は空っぽ.最初の数日はスナック菓子などが手に入ったが,それも数日で手に入らなくなった.ようやく缶入りの「コーンポタージュ」を見つけた時の嬉しかったこと!
  ある日,職場の同僚と,
「さて,晩飯を探しにいくか」
と出かけたのだが,この日はどうにも何も手に入らなかった.しばし歩き回って,見つけた自動販売機.
「あ,バナナオレ・・・」
「これなら少しは腹の足しになるんじゃね?」
この日の夕食は缶入りのバナナオレだった.
  職場への帰り道,バナナオレを飲みながら,夜空を眺めながら歩いた.この晩は快晴,月齢は違うけれど,空には今朝と同じように明るい月が輝いていた.停電はまだ一部しか復旧しておらず,人工の明かりが少ない中,月光に照らされた光景は印象的だった.普段見慣れているはずの街並みが,まるで別世界だった.

  ・・・

  そんなこともあったなぁ・・・

  地上のことと関係なく,夜空に輝く星々は去年とおんなじだ.こうして星空を眺めていると去年のことはなんだか悪い夢を見ていたのではないかという気にもなる.

  でも,そんな気分で去年のことを思い出していられるのは幸せだ.そもそも思い出せない人も,まだまだ思い出したくない人も,思い出す余裕すらない人も多いのだから.

 

この記事を読んで,「些細なことかもしれないけれど,今普通の生活ができる人は,普通の生活ができることのありがたさ,いまだ普通の生活ができない人がいることを忘れないのも大切なことかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« なにもそこまでしなくても | トップページ | 金星と木星 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久々の星空:

« なにもそこまでしなくても | トップページ | 金星と木星 »