« 春分の日 | トップページ | アークトゥルス »

2012年3月21日 (水)

明け方に

  本当ならば休日の昨日(20日),私は朝からドタバタ.職場の1階,2階,3階それぞれの部屋で4つの作業を同時進行.当然,階段を上がったり下りたりもするわけで,夕日の写真を撮った後はあまりの疲れに爆睡.
  それでも,日付が変わる頃には目が覚めた.夕方は晴れていたわけで,
「もしかして晴れてるのかな?」
と窓から外を見たところ・・・ベタ曇り.
「なぁんだ,曇ってるじゃないか」
安心してもう一度布団へ.

  しかし習慣とは恐ろしいもので,こういう状況でもやっぱり03:00頃にはまた目が覚めた.この時刻に目が覚めると,やっぱり夜空が気になるもので,
「どうせ曇っているんだろうけど・・・」
と思いつつやっぱり窓から外を見てみると・・・
「ありゃ,晴れてるじゃないか!」
快晴.

  急いで身支度をして,とりあえず全天の写真を一枚.
2012年3月21日 自宅にて このおよそ3時間前は確かにベタ曇りだった(もしかして夢だったのか?)のだが,雲一つない晴れ.しかも透明度もなかなか良いようだ.

  かと言って,この状態からばっちり機材を準備する気力はなく,東から昇ってきたさそり座を一枚.
東天に昇るさそり座
そして,なんとなくスピカとならぶ土星にカメラを向けてみる.
スピカと並ぶ土星 そう言えば,去年はついにじっくり土星を見ることがなかったなぁ.

  去年,夕方の空で土星が見られるようになってきた・・・という頃に,あの震災だった.城里町ふれあいの里天文台は被災して開館できなくなり,私自身も震災のドサクサの中,そしてその後の余震と天候不純で,結局,落ち着いて星を見られるようになった頃には,土星の見頃はとっくに過ぎていた.

  そのふれあいの里天文台もすっかり復旧,4月からは開館の見込み.天気さえ良ければ,今年は多くの人に土星を見てもらえるだろうし,私自身もじっくり見て,また撮影もできるはず.楽しみ楽しみ♪

 

この記事を読んで,「去年の分までたくさんの人に楽しんでもらえるように,アンタもしっかり精進しなよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 春分の日 | トップページ | アークトゥルス »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明け方に:

« 春分の日 | トップページ | アークトゥルス »