« 春眠・・・ | トップページ | それだけでも嬉しい »

2012年3月30日 (金)

アポロのエンジン?

  ニュースサイトに
「アポロのエンジン発見,回収へ」
というニュースがあった.
  一見して,
「そんなわけあんめぇ」
と思った.だって,アポロのエンジンって,
Apollo11_engine これでしょう?
  エンジンがついている「機械船」は大気圏突入の直前に切り離された.地上に帰還する指令船と違い,機械船には耐熱シールドなどは装備されていないから,この程度の大きさなら大気圏で燃え尽きてしまうはず.それが海底で発見されるなんてことがあるはずがないじゃないか.

  と思ったのだが,記事を良く読んでみると,発見されたのは
「アポロ11号を打ち上げたサターン V型ロケットの第一段に使われていたF-1エンジン」
で,つまり
Sa506_sic_engine ↑これのことだ.

  しかし,記事中にもあったが,これを海底から引き上げるというのは大変だ.何せ,F-1エンジンは全長約6m,最大直径約4m,重量約9tというバケモノエンジンである(ちなみに,H-IIAのメイン・エンジンであるLE-7Aは全長3.7m,最大直径1.8m,重量約1.8t).
「エンジン5基がひとかたまりになっているとしたら,大西洋で沈没した豪華客船タイタニック号の船体の大きな部分を引き揚げるような困難な作業になる」
と指摘されているそうな.

  さもありなん.

  で,ふと思った.こんなものが落っこって来た時の光景ってどんなだったんだろう?さぞかし凄かったんだろうな.でもさすがに怖いので「近くで見たかった」とも思わないけれど・・・

 

この記事を読んで,「とかなんとか言って,『近くで見られる』とかいうニュースがあったら,そこへ飛んでいっちゃうんじゃない?」と思った方,・・・むぅ・・・鋭いですな・・・とりあえずこちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 春眠・・・ | トップページ | それだけでも嬉しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アポロのエンジン?:

« 春眠・・・ | トップページ | それだけでも嬉しい »