« くいしんぼう万歳 | トップページ | 雪!? »

2012年2月16日 (木)

宇宙の掃除機

  かつては米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げ,現在は国際強力のもと,国際宇宙ステーションも運用されているし,各種人工衛星が地球をまわり,またいろいろな探査機が宇宙を旅している.また,衛星放送,カーナビなどのGPSなど,もはや我々の日常の中にまで宇宙開発の恩恵は浸透している.
  ただし,これまでの宇宙開発は言ってみれば「散らかしっぱなし」だった(私と同じじゃないか!).ロケットの残骸や,故障したり寿命が尽きたりして機能しなくなった人工衛星もそのまんま軌道上を周回している.さらに,数年前には人工衛星同士の衝突があったり,意図的にミサイルで破壊したりして,その残骸を軌道上にまき散らしてしまっている.最近は,用済みとなった衛星を大気圏に突入させて処分したりとか,もっと上の「墓場軌道」に移動したりとかして,「これいじょう散らかさない」工夫はされているが,軌道上のゴミ「スペースデブリ」の問題は深刻になりつつある.

  この状況にあって,スイスのローザンヌ工科大学宇宙センターでは,この「スペースデブリ」を回収する小型衛星ロボットを開発,1号機を2015年に打ち上げることを目指すプロジェクトを発表した.

  ニュースサイトのコメント欄には,

「日本の技術でやってほしかった」

というコメントもあった.同感.
  いや,日本でなくとも(日本も含めて),アメリカ,ロシア,中国,フランスなど,これまでに宇宙開発を牽引してきた国々がやってほしかったし,今はだめでも,これから先に取り組んでほしいとも思う.
  技術が確立された後は,「打ち上げた宇宙機はその処分まで打ち上げた国が責任をもって行う」という時代になるのかもしれない.

  やっぱり「散らかした人が片付ける」のが基本でしょ?

  むむ,私も片付けなきゃならないものがいっぱい・・・(鬱)

 

この記事を読んで,「何にしても,散らかすのは簡単でも片付けるのは大変だからねぇ」と思った方(?),こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« くいしんぼう万歳 | トップページ | 雪!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宇宙の掃除機:

« くいしんぼう万歳 | トップページ | 雪!? »