« アブ・シンベル大神殿 | トップページ | 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 »

2012年2月23日 (木)

そんなもんだ

  昨年9月に発表された,「ニュートリノが光速より早く運動する」という驚くべき実験結果.しかし,その結果は実験を行ったグループですらにわかには信じることができず,グループの内はもとより,国際的に検証が行われた.その結末は,ある意味「唖然とする」,そしてある意味「そんなもんだ」という結末になりそうだ.

  研究グループによると,GPSとコンピュータをつなぐ光ケーブルに緩みが見つかったとのこと.5月に行われる再実験の結果を待たなくてはならないが,「ニュートリノが光より早く運動する」という計測結果になったのは,この光ケーブルの緩みが原因である可能性が出てきたらしい.

  なんのことはない,「驚くべき結果」は「至極単純なミス」によるものだったのかもしれない.

  もしかしたら,実験を行った研究グループは「驚かしやがって」と激しい非難を浴びてしまうことになるかもしれないが,私としては「まぁそんなもんだ」と思う.
  一生懸命になっている時というのは,些細な,そして単純なミスには気がつかないものだ.誰もそんなところに問題があるなんて考えてもみない.

  私なんかしょっちゅうだ.

  天体写真の撮影をしようとして,赤道儀がどうしても動かない.赤道儀まわりの配線などを慎重に何度も何度も調べてみても,どこにも問題がない.どうしてもうまく行かなくて,「こりゃあ故障しちゃったか・・・」と思いっきり鬱になって機材の撤収を初めてみれば,大元のコンセントが抜けていた,とか.赤道儀の赤経側はちゃんと動くし,ちゃんと追尾もしているのに,赤緯側が動かない.これまた配線やらなにやら全部細かく点検したのに異常が見つからない.途方にくれてぼーっとしているうちに望遠鏡に「ゴンっ」とぶつかってみたら,何とただクランプが緩んでいただけだった・・・などなど.

  「物理学の根底を揺るがす実験結果」が,なんのことはないケーブルの緩みが原因だったというのはなんとも拍子抜けではあるが,まぁそんなもんだ.研究チームには,
「懲りることなく頑張ってください」
と,とりあえずエールを贈りたい.

  でも,5月の再実験でやっぱり「超高速」になったりするとさらに厄介なことになって面白いかも・・・なんて思ってみたり.

 

この記事を読んで,「いやほんと,必死になっている時ほど単純なミスには気づかないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« アブ・シンベル大神殿 | トップページ | 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: そんなもんだ:

« アブ・シンベル大神殿 | トップページ | 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 »