« 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 | トップページ | いつの間にか »

2012年2月26日 (日)

「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 もう一度

  昨日(25日)は午後から市民向けの講座をやる予定があった.そして夕方は城里町ふれあいの里で観望会の予定.
  講座の準備が間に合わず,昨日は朝から時間ギリギリまで準備(それで昨日はここの更新ができなかったという訳だ・・・言い訳だけど).
  講座の内容は,昨日は小惑星の話.
「実は私も含めて,『イトカワ』という小惑星が,火星と木星の間を回っていると思っている人が多いと思うんですが,実は『イトカワ』はアポロ群と分類される「地球近傍小惑星」なんですね」
  で,軌道による小惑星の分類など.アポロ群,アテン群,アモール群,トロヤ群,ギリシャ群,ヒルダ群・・・などなど(時間が足りなくなって,組成による分類の話はできなかった).
  大人向けの講座だったのだが,
「今日はちょっと話が難しかったですかね」
と言ってみたら,
「いや面白かったですよ」
とのこと.ちょっとホッとした.

  で,この後は城里町ふれあいの里で観望会の予定だったのだが,天気が悪くて早々と中止が決定.もともとこの観望会のために時間を開けてあったので,
「そうだ!『はやぶさ』に行こう!」
ということで即断即決,映画館へ.

  2日前に観たばかりだが,昨日で2度目.
「さすがに退屈するか?」
という心配もあったけれど,結局最後まで全然退屈しなかった.まぁそういう映画なんでしょう.
  最初に観た時には,
「やっぱりドキュメントには及ばないな」
というのが正直な感想だったが,昨日全然退屈せずに楽しめたのは,むしろ実際の「はやぶさ」とは切り離してあくまで「ドラマ」と割り切って観られたせいかもしれない.以前,川口教授の講演の際,
「映画はあくまでフィクションです」
と言っていたのがちょっと分かった気がする.

  というわけで,映画はあくまで映画,「はやぶさ」の真実はまた別.映画をご覧になった方,これからご覧になる方,川口教授の自著「はやぶさ そうまでして君は」とか,映画の原作にもなっている,山根一眞著「はやぶさの大冒険」とかを(観る前にでも観た後にでも)是非読んでみることをおすすめしたい.

 

この記事を読んで,「なんやかんやと言いつつ中一日でまた観に行っちゃうあたり,アンタやっぱりビョーキだわ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 | トップページ | いつの間にか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 もう一度:

« 「はやぶさ 〜遥かなる帰還〜」 | トップページ | いつの間にか »