« 大風呂敷? | トップページ | 大失敗 »

2012年1月21日 (土)

青い瞳

  ヨーロッパ南天文台が,南米チリにある口径4.1mのVISTA望遠鏡で撮影した,惑星状星雲NGC7293「らせん状星雲」の見事な画像を公開した(その画像はニュース検索などで探してください・・・謝).宇宙に浮かぶ「青い瞳」のような美しい画像である.

  そういえば何年か前,ハッブル宇宙望遠鏡が撮影したこの星雲の画像がチェーンメールなどで出回ったことがあった.私も,その画像を(携帯電話で!)見せられて,
「『神の目』というので,3000年に一度の珍しい現象なんだそうなんですけど,これ何なんですか?」
と聞かれたことがあった.

  ・・・

  いや3000年に一度どころか,毎年必ず見られるんですが.

  いや確かに,今回のヨーロッパ南天文台の画像も,ハッブル宇宙望遠鏡による写真も,神々しいまでに美しい画像で,どこかそんな神秘を感じてしまうというのも解らないでもないが,どうして「3000年に一度」とかいう尾ひれがついてしまうのだろう?中には,「7つの願いがかなう」とかいうのもあった.それがホントなら,そういう天体をいっぱい見ている私の人生なんぞバラ色になってもおかしくないのだが.

  他にも,「これがフォトンベルトだ」とかいう画像もどこかにあった.これもまた,NGC4650Aという系外銀河の写真.「ポーラーリング銀河」と言われるタイプのもので,確かに銀河の分類上「普通の」とは言えないかも知れないが,ごく自然な物理法則によって形成されたものであり,そういう意味では別に変わった現象というわけではない.

  どうしてこうなってしまうのかねぇ.

  「らせん星雲」の方は,私自身も撮影をしたことがある.
「らせん星雲」2009年9月25日撮影 ふっふっふ.この程度だと妙な尾ひれがつかなくて丁度いいかも・・・いや,件のような尾ひれがついてしまうほど綺麗な写真も撮ってみたいぞ・・・

  ところで.

  昨日予定されていた「定期観望会」は悪天候のため中止.まぁきっちりと「悪天候」で,悩まずに済んだという点では「観望会日和」ではあった・・・

  ということで,
今年の観望会 予定…3 実施…2 中止…1 延期…0 屋内(外)で天文教室…0 勝率….667(2勝1敗)
今年初黒星・・・

この記事を読んで,「それほどに綺麗な写真を撮りたいなんて,『アンタにはまだ早い!』」と思った方(謎),こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 大風呂敷? | トップページ | 大失敗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青い瞳:

« 大風呂敷? | トップページ | 大失敗 »