« 太陽がいっぱい | トップページ | 想定外 »

2012年1月18日 (水)

ぎりぎりで

  昨日(17日)夕方はほぼ曇り.
「こりゃ今晩はダメだね」
とのんびり過ごしていた.

  そして,いつものように・・・じゃなくて,少し寝過ごして04:30頃目が覚めた.
「曇り空でも見てくるか」
と外に出てみれば,
2012年1月18日 自宅にて 快晴.こいつはびっくり.

「月でも撮ってみるか・・・あ,彗星があったんだっけ・・・間に合うか?」
この時既に05:00少し前.薄明開始は05:17.彗星の位置を調べ,機材を準備して撮影まで,薄明開始に間に合うのだろうか・・・

  大急ぎで彗星の位置を調べ,ポタ赤を用意してカメラを彗星があるはずの方向に向ける.月明かりが強烈で,彗星がいるはずのヘルクレス座すら良くわからない.うしかい座のアークトゥルス,かんむり座のアルフェッカ,こと座のヴェガを頼りに,位置を見極めて一枚.
「むぅ,いないか・・・」
「このへんだと思うんだけどなぁ」
「やっぱりいないか・・・」
「このへんでどうだ!」
これを数回繰り返し.でも,思ったよりも早く,
「いた!」
目当てのギャラッド彗星を見つけられた.デジカメのモニター画面でもぼぉっと見えるだけだが,写真では,青緑色に写るのですぐそれとわかる.他にこんな色で広がった天体があるはずがないからだ.
  もう時間がギリギリなので,カメラを連写モードにして30秒ずつの露光を開始.実は慌てたので残り容量の少ないメモリーカードを用意してしまっていたので9コマで終了.まぁどのみにもう時間がなかったのでこのくらいが精一杯だったか.
  その成果が↓
2012年1月18日早朝のギャラッド彗星 200mm望遠レンズだったので小さくしか写っていないし,真ん中を少し外してしまったが,とりあえず彗星はちゃんと写っている.
  彗星の部分をトリミングした画像が↓
2012年1月18日早朝のギャラッド彗星(彗星部分拡大)(クリックで拡大,600 × 800 pixel,132kb)
右上方向に尾が伸びているのが辛うじて解るか.ばっちり撮影した人の写真を見ると,左上方向にも伸びているはずなのだが,そちらの方は全然解らない.

  ・・・というわけで,写真としては大したものではないが,短時間でこの彗星を見つけられたということが一番の収穫.しばらくこうした天体写真からは離れてしまっているが,「勘」はそれほど鈍っていないらしい.

 

この記事を読んで,「『勘』ってのは鈍ってしまうと取り戻すのは大変だから,時々はそうやってきっちりリハビリしとけよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« 太陽がいっぱい | トップページ | 想定外 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ぎりぎりで:

« 太陽がいっぱい | トップページ | 想定外 »