« ディスカバリー(STS-26 "Return to Flight") | トップページ | 初物 »

2012年1月 5日 (木)

2つの星座と2つのひしゃく

  昨日(4日)夕方は曇っていた.しかも,今にも降り出しそうな天気.風も冷たく,
「雪が降ってきても別に不思議じゃないぞ」
という天気だった.

  それが,例によって例のごとく,午前3時過ぎに外に出てみると,
2012年1月5日 自宅にて 快晴.

  ・・・

  実はこの時のように,おおぐま座しし座が南中している頃の星空を眺めるのが大好き.
  そう言えば以前にも↓こんな写真もあった.
2006年1月7日 城里町ふれあいの里天文台玄関前にて この写真,結構お気に入りだったりする.

  上の写真から,(西を向いて)肉眼で見たイメージで切り出して見ると↓こんな感じ.
中天のおおぐま座としし座 2012年1月5日(別段大した画像じゃないけれど,このイメージをちょっとだけ実感して頂きたいのでクリックして拡大.600 × 444 pixel,58kb)
  なぜ?と聞かれても別段理由は思い浮かばないのだが,とにかく好き.こうして真上を見上げていると,何というか,心地よい風がすーっと吹き抜けていった時のように清々しい気分になるのだ.

  この時はもう午前4時すぎ.しばし考えたが,この時刻から撮影できる面白いネタが思い浮かばず,しばし上を向いて,その清々しい気分に浸っていた.

  そして,ふと思いついて,北天の一角にカメラを向けて一枚.
おおぐま座とこぐま座2つのひしゃく(クリックで拡大,600 × 900 pixel,181kb)
これはネタで使うため.以前にも同じような構図で撮ったことがあるが,おおぐま座こぐま座,2つの“ひしゃく”を縦位置で撮影できるのはこの位置に見えるタイミングだけということで.

  この記事とは全然関係ないが,はやぶさ帰還ブログにいい言葉が書かれていた.
「ゆっくりでも止まらなければけっこう進む」
いいねぇ.まったく同感!

 

「澄んだ星空の下で,ぼーっと空を眺めているのって結構気持ちいいかも」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ディスカバリー(STS-26 "Return to Flight") | トップページ | 初物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2つの星座と2つのひしゃく:

« ディスカバリー(STS-26 "Return to Flight") | トップページ | 初物 »