« ネタ作り | トップページ | また南半球 »

2011年12月27日 (火)

冬の四角

  昨日(26日)夕方は晴れ.

2011年12月27日 自宅にて 夜半も快晴.透明度もなかなか良い.

  さて何か撮ってやろう・・・

  かと言って,二日連続で同じことをやっても芸がないし.比較明(合成による日周運動の写真)では面白そうな構図も見当たらない.
「・・・よし,たまにはいっかくじゅう座あたりを狙ってみるか」
ばら星雲コーン星雲など,魅力的な天体があるのに星座自体が全然目立たないいっかくじゅう座.私もいまだに線で結ぶことができない(というより,我が家からは全然見えない).そんないっかくじゅう座を,たまには中心に据えて写真を撮ってやろうというわけだ(いや空が暗い場所で,達人が撮影すれば凄く綺麗な写真になるはずなんだけど).

  ポタ赤と,久々に改造デジタル一眼を持ち出して撮影開始.今回はコンポジットを前提に20コマほど撮ってみた.
  そして,その成果が↓.
いっかくじゅう座周辺(クリックで拡大,600 × 730 pixel,212kb)
むぅ・・・右下に強烈な明かりが・・・(全天の写真を見ると,オリオン座の右下に明るい光があるのがわかる)
とりあえずばら星雲なんかは写っているのがわかるけど,これじゃあ鑑賞には耐えないねぇ.

  さて上の写真,ベテルギウス(右上),シリウス(下),プロキオン(左上)の「冬の大三角」の中にいっかくじゅう(一角獣)座.「さんかく+いっかく」で「冬の四角(よんかく)」・・・ダジャレのネタにでもするか.

 

この記事を読んで,「どうしてもオチがついちゃうのも相変わらずだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« ネタ作り | トップページ | また南半球 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

中川さま

おはよう。
「冬の四角」なんて書いてあるから、冬場の空の新機軸か?と思って、わくわくしたけれど、冗談、とわかって、すこし残念。

近畿北部・北陸地方は雪空が続いていますけれど、奈良の夜空は、よく晴れていて、星座の姿がくっきりみえます。
特に明け方が綺麗です。
4時に眼が覚めて、まっさきに戸外にでて
(布団のぬくもりのまま)しばらく星空を眺めてから、身支度を整えることに・・・

今夜はまた孫友二人が泊まりにくるので、「星空作戦」冬バージョン、「お空の熊さんとお友だち」でも決行してみましょうか

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年12月28日 (水) 07時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の四角:

« ネタ作り | トップページ | また南半球 »