« ついに! | トップページ | 月光浴 »

2011年12月12日 (月)

H-IIA20号機

  今日午前10時21分,種子島宇宙センターから,H-IIAロケット20号機が打ち上げられた.
  打ち上げ後21分で搭載された衛星は無事に分離,予定の軌道に投入されたことが確認され,打ち上げは見事成功した.
  これで,H-IIAロケットは一段目のエンジンが破損して推力を失ったため指令爆破された8号機を覗き19機が打ち上げ成功,ロケットの信頼性の目安とされる,成功率95%を達成した.

  ・・・というのはとても喜ばしいことで,この記事のタイトルも,(いつものように)「祝!H-IIAロケット20号機打ち上げ成功!」としたいところなのだが・・・

  搭載されていたのが情報収集衛星(言ってみればスパイ衛星だ)だというのが,なんとも悲しく,手放しでは喜べない気がする.いや,そのテの衛星の是非をここで云々するつもりはないし,こんなところで云々すべきことでもないと思う.ただ,そんなものが必要とされる状況があるということがなんとも悲しい.

  新しい技術を搭載し,これから先役に立つであろう人工衛星とか,新たな発見を求める観測衛星,そして,遠い宇宙を目指す探査機など,新たな「挑戦」のために飛び立って行くロケットの姿は,実に美しく,勇壮であると思う.

  もちろん,様々な事情があって,理想の通りとは行かないのだろうが,やっぱり「宇宙」というところはいつも夢と感動,そして挑戦の舞台であって欲しいと思う.

 

この記事を読んで,「情報収集衛星では,『はやぶさ』のようなドラマは期待できないからねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« ついに! | トップページ | 月光浴 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: H-IIA20号機:

« ついに! | トップページ | 月光浴 »