« 雨 | トップページ | 近くて遠い »

2011年11月13日 (日)

結果オーライ

  昨日(12日)は城里町ふれあいの里で観望会.天文台は未だ震災の被害から復旧していないので,例によって自分の機材を持ち込んでの観望会だ.
  天気は・・・予報では「曇り」.そして,19:00頃は・・・薄曇り.
「こういうのはやりづらいんだよねぇ」
一昨日(11日)は雨で,観望会は迷うことなく中止,しかし,こういう中途半端な天気では実施すべきか中止すべきか迷う.しかも,大体において,こういう天気の時は判断が裏目にでることが多いのだ.

  で,

「多分この後曇るんだろう」
ということで,判断をギリギリまで粘った.

  が,

  ぎりぎりの時刻になっても状況は変わらなかった.木星も月も見えているし,
「やるしかないか・・・」
ということで,気分が乗らない中,準備を開始.

  ところが・・・

  望遠鏡の準備が完了,木星に向けてみると,
「うぉー!すっげー!」
まぁ上空の大気が安定している時にこういう天気になりやすいわけで,こんな天気の時にはそこそこ良くあることではあるのだが,高倍率にしてみても木星が揺れない.縞模様も5〜6本は軽く見分けられる.
「こんなに良く見えるのは今年初めてだぞ」

  ということで,一気に乗り気になった.

  観望会が始まってみると,集まった参加者は20人ほど.
  まずはその木星を見てもらう.最初に70倍程度でガリレオ衛星の様子を見てもらい,その後250倍にまで倍率を上げて大きく拡大.昨日持ち込んだ望遠鏡は20cmニュートン(ビクセンのR200SSだ)だから,250倍なんてのは過剰倍率気味だ.いやしかし,昨日はそれでも実に良く見えていた.
「へぇ,こんな風にみえるんだぁ」
「これって,(木星を指差して)あの光っている点を見ているんでしょう?すっごいなぁ」
集まった人たちも大喜び.

  次は月.昨日は月齢16くらいだ.20cm反射で見ると実にまぶしい.
「うわぁ,これも凄いや」
「まっぶしー!」
こちらも大喜び.
「今日はとても良く見えるので,クレーターが良く見えるところを拡大して見てみましょうか」
ペタヴィウス・クレーターあたりを拡大して見てもらった.
「へぇ,宇宙船の窓から見てる見たいですねぇ」

  あいにく快晴というわけではなかったので,見られたのはこれだけ,星座の案内もできなかったのだが,これだけ喜んで貰えればこちらも満足.

  観望会は21:00頃に終了したのだが,あんまり良く見えていたので,とりあえず月を一枚.
月齢16 2011年11月12日(クリックで拡大,600 x 600 pixel, 66kb)
コンポジットなし,一発勝負の一枚だが,これでも結構良く写ってくれた.

「むぅ,木星も撮りたいなぁ」
と思ったのだが,こういう天気になることはすっかり想定外だったので,いつも惑星の撮影に使うビデオカメラは持参していなかった.
「でもやっぱり撮りたいなぁ」
ということで,むりやりデジタル一眼で撮影を試みる.
木星 2011年11月12日 ビデオカメラのように数百コマとか数千コマとかいうわけには行かず,30コマだけのコンポジットだが,それでも先月撮った
木星 2011年9月28日 ↑これより少しマシだ.あぁ,きっちり準備してあればねぇ.

  観望会が始まる前は
「曇っちゃえばいいのに・・・」
と思っていたのだが,結局曇らなかった.でも,そのおかげで昨日はかなり充実した時間を過ごせてかなり満足.
  たまには「結果オーライ」なんてこともあるもんだねぇ.

 

この記事を読んで,「ま,何事も結局のところはやってみなければどうなるかわからないってことさ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 雨 | トップページ | 近くて遠い »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結果オーライ:

« 雨 | トップページ | 近くて遠い »