« 小さな宇宙展 | トップページ | ちょっと悔しい »

2011年10月12日 (水)

どんどん安くなる!?

  「天文教室」などの際,子供たちに,
「君たちが大人になる頃には,宇宙旅行が普通にできるようになってるかもしれないよ」
なんて話をときどきする.

  しかしこれ,まんざら夢物語でもなさそうだ.

  スペースシャトルが全機退役した現在,宇宙への人員輸送はロシアのソユーズが唯一の手段である.現在,そのソユーズで国際宇宙ステーションに行く場合,その費用はお一人様約5000万ドル(日本円にして約38億3000万円).まぁこれは地球周回軌道に達し,さらに国際宇宙ステーションまで行く場合のことで,宇宙に「ちょっとだけ顔を出す」弾道飛行ならばもっと安いだろう.それにしても,10分の1でも3億8300万円,100分の1でも3830万円.
  現在,民間が開発している宇宙船による宇宙旅行(これも弾道飛行だろう)で,もっとも実現に近いものだと思われるのが,スケールドコンポジッツ社が開発している「エンタープライズ号(スペースシップ 2)」によるもので,このお値段が20万ドル(約1520万円).まだまだ一般人に手の届く値段ではないが,ソユーズの例に比べれば破格のお値段であるとも言える.もう既に400人以上の人が予約金を支払っているのだとか.
  さらに,エックスコア・エラロスペース社が開発中の宇宙船「リンクス」では,「エンタープライズ号」の約半額,10万ドル(約760万円)での宇宙旅行を目指しているらしい.その他,シエラ・ネバダ・コーポレーションが開発中の宇宙タクシー「ドリーム・チェイサー」も来年夏のテスト飛行を目指している.

  「宇宙旅行ビジネス」の競争はかなり激化しているようだ.

  この調子で行って,私が生きていられるこれから数十年の間にどのくらいまで安く宇宙に行けるようになるのだろうか.

  「100万円台で行ける!」なんてことになるなら,今から無理をしてでも貯金するんだけどねぇ.

 

「100万円台で行けるなら,一生に一度くらいは宇宙に行ってみたい!」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 小さな宇宙展 | トップページ | ちょっと悔しい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どんどん安くなる!?:

« 小さな宇宙展 | トップページ | ちょっと悔しい »