« 不思議な感覚 | トップページ | 映画「はやぶさ」 »

2011年10月 3日 (月)

対面

  一昨日(1日),長野県伊那市内のホテルに一泊,展示されている私のペーパークラフト ロケットに会いに伊那市創造館へ.
  そしてついに,可愛い娘たちと対面.
伊那市創造館に展示中のペーパークラフトロケットたち おぉ,カッコよく展示されている!まるで貴重な資料のようじゃないか.
  昨日の朝,地元のテレビでもこの企画展が紹介されていたので,この日はなかなか人出もあった.親子連れが,これをバックに写真を撮っているのを見るのはうれしいねぇ.

  サターンロケットたちを拡大して一枚.右側には月着陸船も.
伊那市創造館に展示中のサターンロケットたち さらにその右側には,「Μ-Ⅴ-5号機」とはやぶさ.
伊那市創造館に展示中のΜ-Ⅴ-5号機とはやぶさ
会場には,こんなものもあった.
伊那市創造館に展示中の宇宙船模型たち(JAXA提供) JAXAから借りてきた,様々な宇宙船の模型.

  む!

  これは!
伊那市創造館に展示中のスペースシャトル「エンデバー」の模型(JAXA提供) スペースシャトル.よく見ると,エンデバーなのだが・・・
  自分が苦労して作ったものだとどうしても贔屓目に見てしまうということを差し引いたとしても,
1/100スケールペーパークラフトによる スペースシャトル エンデバー(軌道上のモデル) こっちの方がずっといいじゃないか.
(ちなみに,JAXA提供の模型,垂直尾翼にドラッグ・シュートのための「切り欠き」がない(「エンデバー」は「チャレンジャー空中分解事故」の後に建造されたもので,最初からドラッグ・シュートを装備しているはずだ).「これ,垂直尾翼の形が違う」ってツッコミを入れてしまった(笑))

  他の展示もじっくり見た後は,寺薗淳也さん,皆神龍太郎さん,秋の『』さんによるトークショー.

  私としては,「ちょっと物足りなかったかも」という感じだったが,印象に残ったことが2つ.

  前半の「アポロは本当に月に行ったのか」というテーマでは,

  「どれが正しいのか判断がつかないなら,まずは王道をしっかり勉強することでしょう.それをせずに,ある情報を信じてしまい,それを肯定する資料ばかりを集めて云々するようになると,判断を誤ることになる」
これは,今の状況に当てはまる.周囲が「放射線を浴びると危険」というから,現在自分の住んでいるところも危険と思い込み,「危険だ」とする資料ばかりを集めて余計危険だと思って不安になる.挙句の果てに,「米のとぎ汁を目に吹きかけると良い」とかいうとんでもない話を本気で信じて大変なことになった例(ヨウ素がいいからと言ってうがい薬を飲んじゃったという話は有名)もあるとか.

  後半の「宇宙開発最前線」では,
「本当に好きなことを見つけたら,それに一生懸命になるでしょう.それで一生懸命やっているうちに,いつの間にかそれを極めているかもしれない.始めた時には周囲には下らないと思われているかもしれないが,それを続けているうちに,それこそ自分の人生を左右することになるのかもしれない」.
  同感.
  好きなことを見付け,それに一生懸命になって,いつか人にはなかなか真似できないほどになって,時々「くだらない」と評価されることもあるけれど,それでも,それで喜んでくれる人がいるなら,「もっと極めてやりたい」と思う.

  現地を夕方出発,日付が変わる直前に帰宅.
  なかなか有意義な旅ではあった.

 

この記事を読んで,「アンタだって,自分に都合のよい見解だけをとりあげて悦に入っているじゃないか」と思った方,いや確かに多少なりともそういうところはあるかもしれません.気をつけようと思います.とりあえずこちらをクリックして応援の投票をお願いできますか?→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 不思議な感覚 | トップページ | 映画「はやぶさ」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした。電車だと水戸はめちゃめちゃ遠いんですね。
おかげさまで展示も好評をいただいております。

トークショーは前半ちょっととっ散らかっちゃた感じがあり、そわそわさせられましたが、後半はうまくまとまって一安心。

模型を前にしての中川様×皆神さん×寺薗さん対談なども、聞いていて極めて濃ゆいもので興味津々でした。
本当に来ていただいて感謝です。

それにしても、エンデバー並べてみるとその精密度に雲泥の差があり、JAXAの模型だって高いお金出して外注させたものでしょうに、やはり完成度を高めるのは作品に対する「愛」ですね。
そしてそういった愛のある作品にはひたすら感動させられます。

本当にどうもありがとうございました。

投稿: 伊那市創造館 | 2011年10月 3日 (月) 15時56分

中川さま

手塩にかけた大切な「お嬢さん」たち、なかなかの美女ぶりを発揮なさっているようですね。近ければ、わたしも見てみたいものですが、体調を崩しているのと、明日から中国・南京にいる息子のところにでかけるので、その前に、こうして写真で様子を知らせていただいて、よかったです。
息子の話だと、中国・南京は大気が汚れていて、晴れた夜でも星空はよく見えないようですけれど、中川さんのこのブログのことは話してありますので、ときどきは開いてみているようです。このごろ、メールに星マークなど、つけて送信してきますので。
それでは、また。帰国してからの楽しみといたしましょう。冷えこむようですから、暖かくしてお過ごしください。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年10月 3日 (月) 23時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 対面:

« 不思議な感覚 | トップページ | 映画「はやぶさ」 »