« M-3S-1(作り直し) | トップページ | その星はホシではなかった!? »

2011年9月22日 (木)

人工衛星の落下

  今ひとつ話題になっていないようなのだが・・・

  アメリカの上層大気観測衛星「UARS」の破片が,明日(23日)を含む前後1日の間(つまり,もうその“間”に入っているわけだ)に,南緯57度から北緯57度の範囲のどこかに落下する.衛星のほとんどは大気圏で燃え尽きて消滅するが,推定では合計532kg,26個の部品が地上まで落ちてくるらしい.そして,その部品が地球上の誰かに当たる確率は3200分の1だそうな.

  む,そりゃ危ないじゃないか!

  とも思うのだが,「地球上の誰か」に当たる確率が3200分の1で,「誰か特定の人物に当たる確率」,言い換えれば「あなたに当たる確率」は21兆分の1だとか.宝くじで1等を当てる確率が1000万分の1だそうだから,それよりはるかに低い確率だ.また,1年間に事故に遭う確率が111分の1だそうで,そんなものに当たってしまうほど運が悪ければ,それに当たらなくたって他に「ツイてない」ことはいくらでもありそうだ.

  どうやら,空から落ちてくる“人工衛星の破片に当たってしまうかも”なんていうことを心配するのは,文字通り「杞憂」であるらしい.

  自分に当たる可能性がほとんどないとなれば,

  「落ちてくる様子をぜひ見てみたい」

  そりゃあもう大変な見ものだろう.

  さて今夜の天気は・・・
  水戸地方は昨日台風が直撃(幸いなことに,那珂川も氾濫することなく,大事に至らずに済んだ),今晩はちょうど台風一過♪・・・を期待したのだが,なんと現在はまた雨.
  どうやら今晩は晴れそうにない.やっぱり世の中そううまくは行かないか.

  とりあえず,地球上の誰にも当たらないことを祈るとするか.
  ここをお読みの皆さん,とりあえずこのニュースには気をつけておきましょう.「大当たり!」なんてことにならないように・・・

 

この記事を読んで,「でもやっぱり,そんなものが空から落ちてくると思うとちょっと怖いかも」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« M-3S-1(作り直し) | トップページ | その星はホシではなかった!? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人工衛星の落下:

« M-3S-1(作り直し) | トップページ | その星はホシではなかった!? »