« 久しぶり | トップページ | 初めての旅へ »

2011年9月11日 (日)

二晩連続

  昨日(10日)は城里町ふれあいの里で観望会.東日本大震災で被災した天文台は未だ復旧していない(再び開館できるのは来春の見込み)ので,天文同好会のメンバーが望遠鏡を持ち寄っての観望会だ.
  私ももちろん,主砲の20cm反射を持ち込んで参戦.

  参加者は15名程度と少なかったが,明るく輝く月や,その他ヴェガやアルビレオ等を見てもらった.
  月が明るい上に,やや薄雲が漂っていたために,見られる対象は限られていたが,子供たちは月の地形をあーだこーだと言いながら何度も何度も見てくれたし,大人の方たちも交えて,流星の話やら地球外文明の話やらでだいぶ盛り上がった.

  観望会が終了した直後,望遠鏡にカメラを取り付けて月を一枚.
月齢12 2011年9月10日  この写真を撮る直前から雲が広がり,望遠鏡を片付け終わる頃にはベタ曇りとなっていた.

  うん,昨晩は“ツキ”があったらしい.

  一昨日(9日)は水戸で,昨日はふれあいの里で.こうして二晩連続で観望会を開催できたのは一体いつ以来だろう?
しかも,二晩とも,なかなか完全燃焼できて,こちらも二晩連続で帰宅した後はすぐに力尽きて爆睡.昨日はふれあいの里で夕食をご馳走になってから帰宅したので,「目が覚めてみたら枕元に(食べるはずだった)弁当が」ということはなかったけれど.

 

この記事を読んで,「そうやって完全燃焼できて,さらに喜んでもらえるっていうのは嬉しいことだよね」と思った方,こちらをクリックして応援の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 久しぶり | トップページ | 初めての旅へ »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 二晩連続:

« 久しぶり | トップページ | 初めての旅へ »