« 初めての旅へ | トップページ | 太陽がいっぱい »

2011年9月13日 (火)

中秋の名月

  昨日(12日)は中秋の名月の日.水戸では,なかなか好天に恵まれた.
  まず,昇って来た月を一枚.
2011年“中秋の名月”の日の月の出 う〜ん,昇って来たばかりの月って,見た目では凄く印象的なのに,こうして写真にするとつまらないねぇ.今回は,私としては珍しく「夕暮れ時」の雰囲気は出ていると思うけど.
  こういう写真,もっと面白く撮る方法はないもんだろうか・・・

  昨日は特に観望会の予定はなかったのだが,せっかく「6年ぶりの満月」となった中秋の名月,急遽ミニ観望会も実施した.まぁ急なことだったので,参加者は数人だったが.

  昨日,満月となる「瞬間」は18:26.この瞬間を写真に撮ってやろうと狙っていた.
  ところが,何を勘違いしたのか,機材を準備する段階になって,この時刻を20分ほど勘違いしていた.それに気がついたのは18:35頃.
「あぁ,過ぎちゃってるじゃないか」
  でもとりあえず一枚.
中秋の名月 2011年9月12日 ま,10分くらい違ったって大した違いじゃないさ.

 

この記事を読んで,「結構こだわる割には最後はアバウトなんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 初めての旅へ | トップページ | 太陽がいっぱい »

天体写真」カテゴリの記事

観望会」カテゴリの記事

コメント

中川さま

手塩にかけた「お嬢さん」たち、遠く長野で社交界デビューとか。おとうさまとしては、さぞかし気が揉めて、はらはらなさることでしょう。
わたしにも、とっても嬉しい楽しいお話。お喜びを申しあげます。
「お嬢さん」たち、その美女ぶりを発揮して、たくさんの方たちに賞賛されるといいですね。
それにしても、「お嬢さん」とは知りませんでした。その容姿から、てっきり「坊ちゃん」たちとばかり思っていました。詩の世界では「男の子」の暗喩としてイメージされているものですから。失礼しました。
手塩にかけた「子供」たちが、無事会場に到着するまでの、はらはらどきどきは、わたしにも、よくわかります。
会場で、どうしたら、より美人に、輝いて見えるだろう、と毎年秋には、気を揉みますから。わたしの子供たちは、絵、ですけれど。

月が綺麗ですね。
足元には虫が織り上げた声の絨緞。
久しぶりに清冽な気持ちが甦ってきます。

昨日、草はらの絵を一点描き終えたので、今度はクズの花とヘクソカズラの花を描こうと、採取してきてスケッチしています。
みんなが、あっ!と驚くくらいの、美魔女に
してやろう、と策を練っています。
かぼちゃを馬車に、鼠を馬に、灰かぶりのシンデレラをお姫さまにするように、ね。
魔法の杖(絵筆)を、どう振ろうか、と。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年9月13日 (火) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中秋の名月:

« 初めての旅へ | トップページ | 太陽がいっぱい »