« やっぱり | トップページ | 人工衛星の落下 »

2011年9月21日 (水)

M-3S-1(作り直し)

  ペーパークラフトロケットシリーズ,今回は
1/100スケールペーパークラフトによる Μ-3S-1 「Μ(ミュー)計画」の第2世代,「Μ-3C」の発展型「Μ-3H」をさらに改良,Μシリーズ第3世代となる機体,「Μ-3S」.型紙は塩屋天体観測所から(第一段〜第二段接続部分など,ディテールアップ用のパーツは “Space-paper-models (Yahoo! Groups)” から.ダウンロードには要Yahoo! ID).

  これもまた,以前に作ったものを “Space-paper-models (Yahoo! Groups)” からダウンロードしたディテールアップパーツを使って作り直したものなので,実機についての細かいことは以前のページまたは “Papercraft Aeronautics and Space Administration” の Μ-3H-1 のページを参照いただくことにして・・・

  これまた「Μ-3C」や「Μ-3H」と作業内容はほとんど同じ.第一段〜第二段接続部などは細かくて大変な作業だが,3度目となればそれなりに工夫もできて,それほど苦戦することなく完成.「Μ-3H」を作った時にはややミスったところも,最初から警戒して作ったので今度は無問題.
  ちなみに,最初に作った時には気づかずに無視してしまった,テイルフィン先端にある「SMRC」(機体の回転を制御するための小型の固体燃料ロケット)も,今回はちゃんと作ってある.

  完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→Μ-3S-1(たんせい4号)

  というわけで, “Space-paper-models (Yahoo! Groups)” からダウンロードできるディテールアップパーツを用いた,Μ-3ロケットシリーズの作り直しはこれで終了.3基を並べて記念撮影.
1/100スケールペーパークラフトによる Μ-3ロケットシリーズ うん,なかなかいい感じだ.

  で,残ったのが「Μ-3SⅡ」なのだが,さてどうしよう・・・「Μ-3SⅡ」だけは第一段〜第二段継ぎ手の部分のサイズが違う.その内側に見える第二段ロケットモーターのノズルの大きさも良くわからないし・・・

  これだけたくさん,人の作った型紙を作っておきながら,その「型紙を起こす」ということは全然できないのであった.

  ほんと,軟弱者かもねぇ・・・(謎)

ロケットのペーパークラフトは是非↓こちらもご覧ください
PASA : Papercraft Aeronautics and Space Administration

 

この記事を読んで,「いやでもなんやかんやと言いつつ,アンタもそういうこまい作業をよくやるよ」と思ってくださった方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« やっぱり | トップページ | 人工衛星の落下 »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

コメント

ミュー3sーⅡロケットは、屋外展示物の写真から図面を起こしてケント紙から作ります、1/34のビックサイズです

投稿: ミューロケットファン | 2011年10月17日 (月) 10時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/41885161

この記事へのトラックバック一覧です: M-3S-1(作り直し):

« やっぱり | トップページ | 人工衛星の落下 »