« フライト 2A.2b | トップページ | いつものごとく »

2011年8月13日 (土)

ペルセウス座流星群の夜に

  昨日(12日)夕方は「定期観望会」.
  天気は「そこそこの晴れ」.
  まぁでも,満月近くの月が見られるので大丈夫だろうということで実施を決定.「定期観望会」を「実施」と決定したのは実に久しぶりだ.

  ただ・・・

  世の中昨日からお盆休み.天文台など,「施設」のあるところは,こういう時こそ忙しいもの(例年ならば城里町ふれあいの里天文台も大変混雑するのだが,今年は東日本大震災で被災,いまだ開館の見込みが立っていない)なのだが,「施設」をもたない我が「移動天文車」は逆で,こういう時は人が集まらないものだ.

「せっかく晴れたのに,今日は誰も来ないかも」

  それでも,母子一組が参加してくれた.
「いやぁ,震災後,定期観望会が実施できて,人が来てくれたのは今日が初めてなんですよ」
震災後,定期観望会が実施できる天気だったのは2回だけ.そのうち1回は震災の翌週,もう一回中途半端な天気で,年度初めだったこともあって参加者は0だった.

  とりあえず観望対象は月.
  昨日もやっぱり中途半端な天気で,月の他にはあんまり見られるものがなさそうだったので,夏休み期間中ということもあって,「コルキット スピカ」でも月を見てもらった.
「この望遠鏡,手作りきっとなんですが,見てくれ以上に良く見えるでしょう?」
「ほんとだぁ,良く見えるぅ.すっごーい」
「夏休みの工作にいかがですか?」

  その後,ヴェガやアークトゥルスといった明るい星を望遠鏡で見てもらった後,肉眼では見えていなかったアルビレオに挑戦.でもどうやらきっちり色の違いはわかったようだ.
「これ,赤と青に見えるでしょう?これ,宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』にも出てくる星なんですよ.夏休みの間に『銀河鉄道の夜』も読んでみたら?」
「文字ばっかりじゃやだ」
むぅ,君は結構現代っ子だねぇ.
「それじゃ,アニメなんかのビデオがあるはずだから,それを見てみたら?」

「そうそう,今日はペルセウス座流星群の極大日ですから,流れ星がたくさん見られるかもしれませんよ.流星群の方はこれからの時間本番ですから,帰った後も空を眺めてみてくださいね」

  とまぁ,この観望会は1時間半ほどで終了.

  観望会終了後は,毎年恒例となった,ふれあいの里天文同好会の「ペルセウス座流星群観測合宿」に参加すべく,城里町ふれあいの里へ.到着し次第,◯ールにありつけることを期待して・・・

  ところが・・・

  忙しかったり,体調をくずされた方があったりしてメンバーが集まらず,天候も思わしくないので,私が到着した時には,合宿は「中止」ということになっていた.まだ残っていたメンバーと,日付が変わるころまでは談笑していたのだが,その頃にはベタ曇りになっていたので諦めて帰宅.結局流星は一つも見られなかった.

  この合宿,毎年,夏一番の楽しみにしていたのだけれど・・・残念!

 

この記事を読んで「まぁ,ペルセウス座流星群は来年も必ずあるんだから・・・」と思ってくださった方,こちらをクリックして慰め(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« フライト 2A.2b | トップページ | いつものごとく »

観望会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペルセウス座流星群の夜に:

« フライト 2A.2b | トップページ | いつものごとく »