« 七夕の夜に | トップページ | 雨のあと »

2011年8月 8日 (月)

小惑星の接近

  こうしてブログを書いていると,
「小惑星が接近」
とかいうことが話題に上ったことはすぐにわかる.

  そんなことが話題に上ると,その小惑星の名前で検索してこのブログにやって来る方が急増するからだ.

  そして最近,また話題に上った小惑星があるらしい.

  その小惑星は「2005 YU55」.直径約400mの小惑星で,今年11月8日から9日にかけて地球に最接近する.
  最接近時の距離は32万5000km.この距離,近いと見るか遠いと見るか.
  天文学的には,「も〜のすごく近い」のだが,だからと言って35万kmもあれば衝突するというようなことは心配する必要はない.もちろん,こんな小さな天体が35万km程度まで接近したからといって,その引力で云々なんていうことはあるはずもない.

  それより,「2005 YU55」が最接近した時,これは肉眼で見えるという.ということは,うまく行けば背景の星々の中を移動してゆく姿を見られるかもしれない.
  これはかなり地味ながら,結構見ものかもしれないと期待している.少なくとも貴重な機会ではある.
  流星群は極大日がことごとく月の明るい時にあたってしまい,目立った天文現象と言えば皆既月食くらいという今年.夜空を移動してゆく「2005 YU55」の姿は是非見ておきたい.

  問題は当日晴れるかどうかだ.ここのところず〜っと天気にはたたられているからねぇ・・・

 

この記事を読んで,「とりあえず,この時のために新たに機材を買ったりするなよ.アンタのジンクスのせいで曇っちゃうから」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 七夕の夜に | トップページ | 雨のあと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小惑星の接近:

« 七夕の夜に | トップページ | 雨のあと »