« 太陽系の仲間 | トップページ | 親子彗星 »

2011年8月 2日 (火)

リポビタンD

  夜空に見える天体も,探査機や人工衛星などの人工天体は決して人の都合など考えてくれない.ある天体を観測できる時間というのは決まっているし,人工天体の運用はどうしたって「その時刻」にやらなければならない.昼間だろうが夜だろうが明け方だろうが関係ない(天体観測の場合,太陽を除けば「昼間」っていうことはあまりないけれど).疲れていようが眠かろうが風邪をひいていようがこれも関係ない.もちろん,一切の言い訳は聞いてくれない.

  というわけで,宇宙開発や天体観測など,宇宙に関わる人たち(一応私も含めて)は,周囲が見るよりもずっと実は体力勝負だ.

  学生時代,私も太陽観測衛星「ようこう」の運用に関わったことがある.「ようこう」の運用は比較的平穏であった.それでも,運用が深夜の時間帯にあたった時は結構辛かったものだ.

  波乱万丈の旅だった「はやぶさ」ではなおさらのことであったろう.
  「はやぶさ」では,運用室の様子が実況中継されていた.そう,その中で話題に登ったのは,机の上に多数置いてある「リポビタンD」の空き瓶であった.
  それがきっかけとなり,運用室には度々「リポビタンD」が差し入れられるようになったのだとか.

  そして今度は,「リポビタンD はやぶさ限定バージョン」の登場である.有楽町の「東京国際フォーラム」にて開催される「はやぶさi」の会場で限定配布される.

  写真を見た限りでは,何のことはない「はやぶさ」をモチーフにしたラベルが貼られているだけのようではあるけれど,

「リポビタンD はやぶさ限定バージョン」

「肉体疲労時の栄養補給」だけじゃなくて「精神疲労時の気力補給」にも効果がありそうじゃないか.

 

この記事を読んで「普通に市販したら,案外飛ぶように売れるかも」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 太陽系の仲間 | トップページ | 親子彗星 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中川さま

大雨に地震、水戸のほうは無事でしたか?
奈良は、さっきまで雨が激しかったですが、今は晴天で、みんみん、シャーシャーと蝉が鳴き始めました。
毎日、楽しく、このブログ、拝見していますよ。一時、まったくアクセスできなくなったのでしたが、復旧しました。わたしの操作がまずかったのかもしれません。

大震災以後、このブログに、何度も助けられて、きました。弱るときもあったのですが、ユーモアを提供していただきました。

双眼鏡が手に入ったので、夜空の観察に励もうと思っています。天候が梅雨時のようで、安定しないので、なかなか、じっくり星空を観察できないでいますけれど。

天の川の絵、それでも、完成に近づきました。この夏はもっともっと全力を尽くさなれば、・・・。
疲れたときには、リポビタンDを飲んで、体力を維持しましょう。絵描きも体力勝負の肉体労働者なのよ。うん。ほんとに。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年8月 2日 (火) 17時08分

ご無沙汰してます

お元気のことと勝手に思っています

細君もアルも元気です

突然ですが、大和高田の民家に5m×5mの

絵を描く人を探しています

何はともあれ、一度ご連絡下さい

TELの方が早いので

090-9612-8432迄

投稿: 井上民雄 | 2011年8月 8日 (月) 17時28分

民雄くんへ

誰かと思ったら、民ちゃん、ではありませんか? こんなところに、ひょっこり顔を出して、「ご無沙汰しています。絵を描くひとを探している」なんて、中川さん、やほかの方が、????????・・・

一行目から「いきなり本題に入って、読者のこころをつかまえなければならない」というのは、つねづね、おばあちゃんがわたしに教えてくださっていたことだけれど、
それは詩をつくる時の話。
ほんとに、もう・・・。

中川さん、すみませんね。井上民雄くんは、なにを隠そう永瀬清子さんの、お孫さん、なのです。
詩を書く人は、全体にどこか突拍子もないところがあるのですけれど、民雄くんにも、いくぶんその気味があります。

民ちゃんも、いい機会だから、夏の夜空を見上げて、星探しをすると、いいわよ。
中川さんのブログで、たくさん教えていただくといいね。おばあちゃんも、星の話はとても好きだったから、詩のなかに、たくさんの星が出てきますものね。
お仕事のお休みのときに、またわが家へいらっしゃい。夕食をご一緒してから、夜空の観望会でもしましょうか?

民家の絵のことは、その家にお住まいの方の意向を、まず一番に考えて、よく相談してみてください。額の絵と違って、かけ替えはできないのですから、どんな作風の、どんな画家の絵が好みなのかが、一番重要になります。あんまり簡単に考えないでくださいね。一番いいのは、時間がかかっても、その家の方が、画廊まわりをして、気に入った画家を見つけることです。
時間と功をあせって、禍根を残すことのないように、持ち主の方にお伝えください。
銭湯の職人絵とは、また意味合いが違ってきますから。
それに、やはりある程度は力量のある画家でなければ、歳月に耐えうる絵でなければ、とわたしは思います。
ほかの家具や家の造りとの調和も必要でしょうし・・・。
ゆりこねえさん、に言えることは、そのくらいです。
では。また。

中川さん、ごめんね。びっくりなさったでしょう。わたしだって、びっくりです。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年8月 9日 (火) 00時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/41051764

この記事へのトラックバック一覧です: リポビタンD:

» リポビタンDはやぶさバージョン(限定) [栄養ドリンクまとめ]
宇宙を長い間旅し、大きな成果を得たはやぶさ。 その運用室で、リポビタンDが多く映っていると話題になったようだ。 下記のブログで見つけました。 http://y-nakagawa.cocolog-nifty.com/murmur/2011/08/d-7081.html 「はやぶさ」では,運用室の様子が実況中継されていた. そう,その中で話題に登ったのは,机の上に多数置いてある「リポビタンD」の空き瓶であった. それがきっかけとなり,運用室には度々「リポビタンD」が差し入れられるようになったのだとか. ... [続きを読む]

受信: 2011年8月11日 (木) 14時12分

« 太陽系の仲間 | トップページ | 親子彗星 »