« 先輩の実力 | トップページ | さようなら,スペースシャトル »

2011年7月21日 (木)

特別な日,特別な名前

  〝That's small step for (a) man, one giant leap for mankind.
  (一人の人間にとっては小さな一歩だが,人類にとっては偉大な飛躍だ)

  1969年の今日(7月21日)11時56分(日本時間,UTCは同日午前2時56分,アメリカ東部夏時間は20日午後10時56分),人類は遂に月にその第一歩を記した.アポロ11号で月に到着したアームストロング船長が,月面に降り立った瞬間である.

  この模様は全世界に生中継され(メジャーリーグの試合中,月面への着陸成功のニュースが電光掲示板に表示されたということもあったらしい),世界中が熱狂した(ちなみに,私はまだ生まれていない.念のため).
  この偉業を達成したニール・アームストロング,マイケル・コリンズ,エドウィン・オルドリンの3人は,帰還後世界各地を回り,世界中で熱狂的な歓迎を受けた.
  映画「ザ・ムーン(原題:In the Shadow of the Moon)」の中でオルドリン宇宙飛行士が語ったところによると,この時,世界中で〝We did it!” と言われたらしい.これが 〝You did it!” ではなく,主語が 〝we” であったことに大変驚いたとのことだが,「世界が一つになっていると感じた.それは短い間ではあったが,素晴らしいことだと思った」と語っていた(私の記憶が正しければ).

  ワールド・ベースボール・クラシックで日本が世界一になった時,「はやぶさ」が地球に帰還した時,「なでしこジャパン」が世界一になった時,これらもまた,短い時間ではあったが,日本は一つになっていた.こういう偉業を達成することは,それに関係のある人々を一つにする力があるらしい.「人類初」の偉業が達成された時,やっぱり人類は一つになれるのかもしれない.

  アポロ11号の指令船の名前は「コロンビア」であった.
  人類初の有人月面着陸成功から12年後の1981年4月12日(奇しくもこの日は,ユーリ・ガガーリンがヴォストーク1号に乗って人類で初めて宇宙を飛んだ日からちょうど20年の日であった),同じ名前の宇宙船が,宇宙開発の新たな扉を開いた.スペースシャトル計画での最初の打ち上げ,「コロンビア号」の最初の飛行(STS-1)である.アメリカでは「コロンビア」というのは特別な名前であり,大きな計画での最初の船にこの名前をつけることが多いのだ.
  それから30年が過ぎた今日,スペースシャトル計画での最後の飛行であるSTS-135「アトランティス」が地球に帰還し,スペースシャトル計画は遂に終了となる(アメリカの時間では,アポロ11号の月着陸は7月20日であり,「アトランティス」の帰還は一日ずれてしまったわけだが).
  4月12日と7月21日は,宇宙開発にとって特別な日であるらしい.

  オバマ大統領は「アメリカは火星への有人飛行を目指す」としている.ロシアでは,火星への有人飛行のために,閉鎖された空間で人間が生活する実験が行われている.さて,人類が次にたどり着くのは火星になるのだろうか.

  私は「人類月に立つ!」の熱狂を知らない.はたして,私が生きている間に「人類火星に立つ!」の熱狂を味わうことはできるだろうか.

 

「それが何であれ,『偉業達成』のニュースに接した時はいつも,なんだか心の底から力が涌く気がする」と思う方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 先輩の実力 | トップページ | さようなら,スペースシャトル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中川さま

こんにちは。台風はそれて、太平洋に抜けたようですね。わたしの住む奈良では(特にわたしの住む近隣では)何事もなく、風も雨も全然たいしたことはありませんでした。
四国上陸のときの雨量がすごかったので、一晩、うつうつと起きていましたけれど。
自転車の速度だったので、このまま関東・東北に動けば、たいへんだなと案じていたのですが、まずまず被災地もご無事なご様子、ほっとしています。
ほんとうに災害の多いこの国だから、地震に梅雨に台風、無事であることのほうが奇跡だな、と改めて思ったり・・・

先ほど、初心者向けの双眼鏡を注文しました。台風前から、夜中に何度も起き出しては、夜空の色を確かめたり星座に目を凝らしたり(遠視になっているから、ボケボケではなく、わりあい裸眼でも見えるので)
していましたけれど、もうすぐ孫友も泊まりにきます。彼に星空を見せてあげたいの
と、わたし自身の絵の仕事にも必要なのです。

アポロ11号の月着陸のとき、まだ中川さんは生まれていなかったとか。わたしはもう高校3年生で、70年の大阪万博のときには、
たしか月の石が展示されて、ながーーーい
行列ができたのを記憶しています。
あんまり人群れが多いところは苦手なので万博にはいきませんでしたけれど。

わたしの子供の頃の雑誌には(火星人)の想像図が、描かれていたものです。くらげを大きくしたような絵でした。
今はどんな宇宙人が空想されているのかしらん?ITみたいな、人類に近い形なのかしらん?

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年7月21日 (木) 15時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 特別な日,特別な名前:

« 先輩の実力 | トップページ | さようなら,スペースシャトル »