« どっちが多い? | トップページ | 月が熱い »

2011年6月 6日 (月)

古川さんもうすぐ宇宙へ

  昨日(5日),日本人宇宙飛行士の古川聡さんが搭乗予定のソユーズロケットが発射台に据えられた.ソユーズロケットは横倒しの状態で列車に載せられ,組み立て棟を出発,発射台に到着してから垂直に立てられる.

  この様子が昨日の夕方のテレビニュースで放送されていたが,それを見ていた母が一言.
「これ,50号(水戸市内を通っている国道)を通るんだって?」
・・・え゛・・・
どうも福島へタンクを運ぶニュースと勘違いしたらしい.

  それはさておき.

  ソユーズロケットとは↓こんなロケット.
1/100スケールペーパークラフトによる ソユーズロケット (この模型,現行のものとはだいぶ色が違う.別な型紙で作り直そうとは思っているのだけれどなかなかねぇ)
  この先端,白い部分に,
1/100スケールペーパークラフトによる ソユーズ宇宙船(TMA-5) (クリックで拡大,800 × 880 pixel,162kb)
↑「ソユーズ宇宙船」が格納されているわけだ.このロケットを下から見ると,
1/100スケールペーパークラフトによる R-7 ヴォストーク(エンジン部分) こんな感じ(↑これは「ヴォストーク」だが,ソユーズも基本的には同じ).
  一見すると,真ん中に本体があり,その周囲にブースターが取り付けられているようにも見えるが,このロケットの場合,周囲の4本が「第一段」,真ん中の1本が「第二段」である.軽量化の結果,中央の第二段が周囲の第一段の重量を支えられないため,発射台に据えられる際は,発射台に取り付けられた4本の支柱を用い,第二段上部で全体を吊るしている.エンジンに点火,ロケットの推力がロケット自体にかかる重力より大きくなった時,4本の支柱が外側に倒れ,「発射」の運びとなるわけだ.
  この方式を「チュルパン」と呼ぶ.ロシア語で「チューリップ」のことだ.いいネーミングだと思う.「チューリップ」の花の中から発射されるロケット.ふむ,なかなか絵になるねぇ.

  古川さんが搭乗したソユーズロケットの打ち上げは日本時間8日午前5時12分の予定.先日の記事にも書いたように,ソユーズロケットの打ち上げは美しいので,「チュルパン」にも注目して,是非ネット中継を見てみよう(中継の予定は「宇宙ステーション・きぼう広報・情報センター」からどうぞ).

 

この記事を読んで,「宇宙に関わる人って,想像力豊かだよねぇ」と思った方,こちらをクリックして共感(?)の投票をお願いします→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« どっちが多い? | トップページ | 月が熱い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 古川さんもうすぐ宇宙へ:

« どっちが多い? | トップページ | 月が熱い »