« 祝!?「はやぶさ」ギネス認定 | トップページ | 皆既月食・・・ »

2011年6月15日 (水)

フライト 2A.2a

  ペーパークラフト国際宇宙ステーションシリーズ,第4回の今回は,フライト2A.2a,STS-101ミッションのスペースシャトル「アトランティス」によるミッションである.
  2000年5月20日,STS-101ミッションのスペースシャトル「アトランティス」がドッキングした.
  本来このフライトはロシアのサービスモジュール「ズヴェズダ」が打ち上げられた後,「フライト 2A.2」として行われる予定だった.しかし,ロシアの財政難に加え,「ズヴェズダ」打ち上げに先立つプロトン・ロケットの2度にわたる打ち上げ失敗の影響から,「ズヴェズダ」の打ち上げが大幅に遅れることになってしまった.軌道上にある「ザーリャ」モジュールは,「ズヴェズダ」ドッキング後にほとんどの機能が停止される予定であり,設計寿命が短く設定されていたため,「ズヴェズダ」到着前に,その機能の一部に不具合が発生される可能性があった.中でも,「ズヴェズダ」とのドッキングに必要な機器の一部は「ズヴェズダ」打ち上げ前に交換・修理する必要があり,予定されていた「フライト2A.2」は「2A.2a」「2A.2b」の2回に分け,「2A.2a」は「ズヴェズダ」打ち上げ前に,「2A.2b」は「ズヴェズダ」ドッキング後に行われることとなった.
  こうして実施された「フライト 2A.2a」では,「ザーリャ」モジュール内の機器の交換・修理,米露の補給品の搬入,そして,「ズヴェズダ」ドッキングのための最終準備が行われた.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2000年5月20日の状態) (STS-101ミッションのペイロードも “AXM Paper Space Scale Models” でも型紙が公開されておらず,別のミッションのものからパーツを流用して製作したため,ペイロードの細部やその配置などは正確ではない)

  そして,5月26日,STS-101「アトランティス」が分離.
1/100スケールペーパークラフトによる 国際宇宙ステーション(2000年5月26日の状態)  この時点でもまだ無人である.

  実は・・・

  どうせこのミッションのペイロードも型紙が公開されていないのでどうせ正確じゃないし,ということで,ペイロードは全部フライト 2A.1で作ったものをそのまんま流用.
  なので,ペイロードには全然苦労していないわけだが,フライト 2A.1は「ディスカバリー」,フライト2A.2aは「アトランティス」で,オービターそのものは作らなきゃならないわけで・・・
  もともと,スペースシャトルのペーパークラフトは作るのが結構大変.これも結構苦労したわけだが,フライト 2A.1との違いは「ディスカバリー」が「アトランティス」に変わっただけ,そしてその「アトランティス」分離後は結局「ザーリャ」と「ユニティ」だけの状態に戻ってしまう.

  う゛ぅ・・・本体が全然進まない・・・(それぞれのフライトのスペースシャトルまで作ってやろうなんて)余計なこと思いつかなきゃよかった・・・

  完成写真の大きな画像はこちらからどうぞ.→フライト 2A.2a

 

この記事を読んで,「今さら後悔しても後の祭りだ.ここまでやったのなら,最後まできっちりやらなきゃ!」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 祝!?「はやぶさ」ギネス認定 | トップページ | 皆既月食・・・ »

ペーパークラフト」カテゴリの記事

ペーパークラフトISS」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11449/40371357

この記事へのトラックバック一覧です: フライト 2A.2a:

« 祝!?「はやぶさ」ギネス認定 | トップページ | 皆既月食・・・ »