« ソー・デルタ 1号機 | トップページ | 浮遊惑星 »

2011年5月19日 (木)

一等星3題+月

  昨日(18日)夕方はとりあえず晴れ.月は明るいし,お世辞にも透明度が高い夜空ではなかったが,訳あってアークトゥルスの写真が必要になったので望遠鏡を持ち出すことにした.

  で,まずは目的の一枚.
アークトゥルス まぁなかなかだ.
  せっかくなのでもう1題.
スピカ こちらはおとめ座のスピカ.
  せっかく望遠鏡を持ち出したのに(持ち出すのも結構大変なのだ)これだけではもったいないのでさらに1題.
ヴェガ こと座のヴェガ.

・・・

「だから何?」
と言われると答えに困ってしまうけれど,でも綺麗でしょ?

さらについでに月も一枚.
月齢15.3 2011年5月18日 (クリックで拡大,600 × 600 pixel,68kb)

この月,東の地平線から昇ってきたばかりの頃は,やたらでっかく,赤く見えていた(一部では,時が時だけに「地震の前兆なのでは?」と言う人もいるようだが,全然関係ないですよ.今頃の季節ではあんまり珍しいものでもないし).
「あ,写真撮っておこう」
と思ったのだが・・・

  訳あって,4月から自転車通勤をしている.カメラ一式を担いで自転車をこぐというのは結構大変なので(そうでなくても,ノートPCを2台担いで自転車に乗るのは結構大変なのだ)最近はカメラを持ち歩けない.
「あ゛,カメラがない」
むぅ,いつでも持ち歩けるような小型のデジカメを買っておこうかなぁ・・・すぐに何かしらの天文現象があるわけじゃないから,今買っても大丈夫だよね(「私が新しい機材を手に入れるとしばらく晴れない」というジンクスがある).

  いかん,また物欲が頭をもたげてきてしまった・・・

 

この記事を読んで,「たまには一等星をじっくり眺めてみるのも結構いいかも」と思った方,こちらをクリックして共感の投票をお願いします.→にほんブログ村 写真ブログ 天体写真へ

|

« ソー・デルタ 1号機 | トップページ | 浮遊惑星 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

中川さま
アルクトゥルスとスピカのお写真を見せていただいたのなら、やはりわたしもお披露目しなければなりませんね。

1994年6月9日の作品ですが、少々ロマンチックな詩を書いています。
この作品は、2007年6月9日に、京都市国際交流会館で、ダンスを踊る森井裕子さんのグループと組んで、詩とダンスの会を持ったときに、朗読したものです。
森井裕子さんは、ぐんぐん頭角をあらわしている前衛ダンサーで、わたしの詩を群舞で、とても魅惑的に、神秘的に踊ってくださいました。
では、以下に。


水を恋う掌(てのひら) ☆銀河氾濫

              鳥越ゆり子


子午線を枕にして
太陽の道によこたわる
水の気配が
濃くなる夜

左手にスピカを持った
ディメーテル女神のように
ゆるやかなУの姿で
目をとじて

和音や破音のいりまじる
宇宙のものおと
絹傘茸がベールをひろげる
森のほとり

銀やんまが羽化する」
魚の卵のからんだ睡蓮の沼
みどりの胞子やむらさきの菌類たちは
ささやきあって

月の光がゆらゆら流れる
姫女苑のくさむらで
息をこらした縞蛇の
ぬらっと光る鱗

乳首がとがってうす紅色ににじんで痛い
アルクトゥルスの燃えるまなざしをそそが れて
呼吸がだんだん深くなる
外と内の遠近をなくして

水は胸の鍾乳洞を流れる
ぽたぽたとまつわりあう金銀の連星
見分けもつかず銀河にこぼれる
幾すじもの金の髪の星粒

水の触覚は
下へ下へ
水の整理で
下へ下へ

雫は雫をつれながら
星は星をつれながら
視力よりも確かに
視力よりも自在に

恋う気持ちは水に似ている
水が触手をのばすように
虚空をおおう
羽衣の星群の渦巻き

水を恋い
水を呼ぶてのひら
千の指をほどき
星雲の原にさしのべる

睡蓮もねむる夜
花びらをふるわせ
水の香りを放ちながら
宇宙に耳をそばだてて



ディメーテル=おとめ座の女神。
       農耕をつかさどる神。
スピカ=おとめ座の一等星。麦の穂の意。
アルクトゥルス=うしかい座の零等星。
        オレンジ色に輝く。
6月7~12日頃、おとめ座は子午線上に  位置する。
中国では、睡蓮のことを子午蓮ともいう。(参考文献 野尻抱影「星の神話・伝説」      講談社文庫   

今から17年も前の作品。わたしも若かったせいか、ずいぶんロマンチックに仕上げたものです。
日照り続きで、雨乞いの詩を書くつもりで、こういうことになってしまったわけです。書き始めると、どういう軌道を走って、言葉ができあがってくるのか、自分でもわからないから、おもしろいですが、まずまず、いい作品のような気もしています。      

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年5月20日 (金) 00時30分

間違い、一個

水の触覚は
下へ下へ
水の生理で
下へ下へ


生理 が 整理 に なってしまった。
生理 が ほんとうです。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年5月20日 (金) 00時34分

間違い、一個

水の触覚は
下へ下へ
水の生理で
下へ下へ


生理 が 整理 に なってしまった。
生理 が ほんとうです。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年5月20日 (金) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 一等星3題+月:

« ソー・デルタ 1号機 | トップページ | 浮遊惑星 »