« 一石?鳥 | トップページ | うれしいこと »

2011年4月19日 (火)

夢にまで見た

  今日は朝から雨.昼頃は強い風とともに強く振り,近くのコンビニエンスストアまで昼食を買いに行くだけでずぶ濡れになってしまった.
  が,現在,雲は多いものの,とりあえず晴れて,日がさしている.あぁ,もう少し早く晴れてくれていれば濡れずに済んだのに.

    !

  で,唐突に思い出したことがあった.

  あれは,10年ほど前だったと思う.当時,私は天体写真を撮り始めたばかり.これがあんまり面白いので,晴れていればもちろん,曇っていても「もしかして晴れるかも」と思って,当時撮影場所にしていた公園に毎晩通ったものだ.

  その日もやはりその公園にでかけた.しかし,空はベタ曇り.しかし,
「日付が変わる頃までは粘ってみよう」
と思った.ちょっと眠かったので,車の中で仮眠をとっていたのだが・・・

  見上げた空は快晴.からす座がはっきりと見えていた.
「いつの間にか晴れているじゃないか!」
と驚いた.しかし,気がついてみれば,車の屋根を叩く雨の音.「快晴となった夜空」は,夢の中で見たものだったのだ.
  そもそも夜空を眺めている夢というのはあんまり見たことがない(記憶にないだけかもしれない)のだが,後にも先にも,夢の中ではっきりと星座の形がわかったのはこの一度きりだ.そう,私にとっては,からす座が唯一,文字通り「夢にまで見た」星座だったりするのだ.

  でも,何でまたよりによってからす座
  私は,無意識層でもやっぱりマイナー指向なんだろうか?

 

この記事を読んで,「アンタって人は,夢の中でもマニアックなんだねぇ」と思った方,こちらをクリックして応援(?)の投票をお願いします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 一石?鳥 | トップページ | うれしいこと »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

中川さま

からす座というのもあるんですね。クリックしてみてみました。、それから、ひまわり、八つ裂き、黒目、・・・いろいろ見せていただきました。
こちらも昨夕から、猛烈な雨風で、きょうは一日、冷えこみました。午後から晴れ間がすこしのぞいたので、ちいさな庭にでて、芽がではじめた銀河草(どくだみ)のスケッチをしました。今年、秋の個展には、銀河草をテーマにして、描きつくそうと想っています。
あわせて、詩の朗読もすることにきめましたので、自分の生活全般を、今以上に律して、背骨をしゃんとしなければなりません。
絵のほうは、人目みてわかりますが、声で詩を伝えるとなると、それだけでも準備がいります。文字として平面になっているものを、書いたときの気持ちをおもいだしながら、立体的にたちあげなければなりません。
おまけに今年は、山村暮鳥ほかの、自分ではないかたの作品を読むという無謀なことを実行しようとしていますから、ますます自分を律しなければなりません。
たくさんの平運や銀河のお写真、もったいないから、ぼつぼつ味わうように拝見します。
中川さんは、どういうきっかけで、星屋さんになられたのですか?
よろしかったら、教えてください。

友人の話をラジオで聞いていると、福島の事故、なかなか収束までには楽観をゆるさないようです。政府の対応が、彼の話だと、遅すぎるようです。かれはほんとうに奮闘しているのですがね。
こんなに天候が荒れると、被災地のかたがたのことが心配になります。
で、いつもひととき天空の夢をのぞいてみたくなります。
中川さんのこのブログ、被災者のかたが、たくさんアクセスしてくれるといいですね。
夢と希望がたくさんつまっていますもんね。たいへんでしょうに、お風邪などひかれませんように。

投稿: 鳥越ゆり子 | 2011年4月20日 (水) 01時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 夢にまで見た:

« 一石?鳥 | トップページ | うれしいこと »