« 避難所にて | トップページ | 逆 »

2011年3月25日 (金)

未来の予測

  天文の世界で,未来の予測,特に大きな天体の未来位置の予測は簡単だ.
  例えば,次の新月は4月3日だとか,6月16日と12月10日に皆既月食が起こるとか,人工衛星や国際宇宙ステーションが何時何分何秒にどっちの方角に見えるとか.そういった天体の運動は,近くにある大きな天体の引力でほぼ決まってしまい,不確定要素が少ないからだ.方程式が示され,その方程式を解いて大体の未来位置を予測するだけなら,高校生でもできると思う.

  それに対して,不確定要素が多いものは未来の予測が難しい.その良い例が天気だ.その地点の気圧,風向,風速,温度,湿度などをどれだけ正確に測定してみたところで,数時間後の天気が確実に予報できるなんてことはありえない.全世界レベルの気象観測データ,人工衛星による観測データ等を用い,専門家が発表する天気予報ですら当たらないことも多く,私なんぞは散々泣かされている.様々な気象条件と,その地点での実際の天気の間には実に複雑な不確定要素がからんでいるからだ.

  人間の体もまた,そういった不確定要素の多いものの一つだ.健康に良くないと言われるものを長年食べつづけていながら至極健康でいられる人(私がそのいい例かもしれない)もいれば,健康に細心の注意を払っていながら,重い病気にかかってしまう人もいる(実は私の母親がいい例だったりする).体に悪いものを摂取したからといって,その人が将来病気になるかどうかがわかる人なんているわけがない.

  昨日,帰宅途中にスーパーに寄ってみて驚いた.ミネラルウォーターがすっかり売りきれていたのだ.このあたりでは水道水の摂取制限なんて出ていないのに.
  不安なのはわからなくもない.かくいう私だって全然不安じゃないと言ったら嘘になる.でも,「病は気から」.必要以上に不安がっていたら,それこそ病気になってしまう.せっかくミネラルウォーターを買い占めしても,気にしすぎて別な病気になってしまったら仕方ないじゃないか.

  震災発生直後から,ネット上でも「私には祈ることしかできない」という書き込みや,そういう人の記事を多く見かけた.今,やれることがある.

  買い占めはやめよう.

(摂取制限の出ているものは別.乳幼児を抱えた方,若い女性の方は少し例外かもしれないが)
  福島県をはじめ,被災地域の産物・製品を積極的に選んで買おう.

  それだけで助けられる命もあるはずだ.

  大体,身の回りの危険を気にし始めたらきりがない.今日,帰宅の途中に交通事故に遭うかもしれないし,次の瞬間,隕石が頭の上に落ちてくるなんてことがないとは言いきれないのだ.

  被災地域で避難生活をされている方々,原発近隣の方々は今,本当に苦しい想いをされている.
  そういう差し迫った苦しさがないならば,なるようになるし,なるようにしかならないさ.そのくらい気楽にいた方が健康でいられる気がする.

 

この記事を読んで,「アンタほどのノーテンキ野郎ならどんな状況でも健康でいられるかも」と思った方,こちらをクリックして応援(?)投票をお願いいたします.→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 避難所にて | トップページ | 逆 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 未来の予測:

« 避難所にて | トップページ | 逆 »