« 地震 | トップページ | 避難所にて »

2011年3月17日 (木)

近況

  すっかり更新がご無沙汰になってしまった.

  件の地震は,三階の一室で作業中に起こった.とりあえず屋外へ避難,揺れが収まり,大きな余震が少なくなった頃,恐る恐る建物の中に戻り,そこに見たものは,展示してあったペーパークラフトたちが無残にも倒れ,一部崩壊している姿だった.
  この後,自宅が近い私は自宅の様子と家族の無事を確認してから,職場にもどり,数時間一人で留守番をすることになった.この間,ガス漏れ警報器が鳴り出した(後でわかったことだが,これは天井裏の配管が折れ,それによるガス漏れ警報器の断線警報だった)り,時々大きな余震で揺れ,真っ暗な中で非常に心細い時間だった.
  自作プラネタリウムなどが置いてある三階の部屋の様子を見に行ったのは夜も遅くなってからのこと.真っ暗な部屋の中にはいろいろなものが散らばっていて足の踏み場もなかった.この時点では,ガス漏れの心配が解消できていなかったので,確認できたのはこの様子だけだった.
  この夜は快晴.市内は停電で真っ暗だったので,空は満天の星空.職場の皆さんも「今日は星が綺麗だ」といっていた.いろいろな意味で,この夜に見た星空は生涯忘れないかもしれない.

  翌日,明るくなってから三階の部屋を片付けに行った.そこで見たものは,机の上から転落,ものの見事に崩壊した自作プラネタリウムの駆動部分だった.
Ppls1_110316_1 恒星球を固定するアクリルの部品が見事に割れている.上の写真では良くわからないが,
Ppls1_110316_2 そのアクリルの部品を取り付けてあったアルミの部品も見事に変形している.恒星球を固定する部分はこの辺から作り直す必要がありそうだ.ただ,取り外し,ダンボール箱に入れて床においてあった恒星球は奇跡的にも無傷.
  また,2年にわたって続いた太陽系模型と三球儀も机の上から転落,こちらはどうやら修理不能のようだ.

  幸い,ものが軽いだけに,ペーパークラフトたちは潰れてしまったりしたものは少なく,ほとんどは修復が可能なようだ.修理にはだいぶ時間がかかりそうではあるけれど.
  自宅の方は,地震発生から2日間は断水と停電が続き,13日の昼間になってようやく水が出るようになったが,停電は15日の深夜になってようやく回復した.

  水戸市内は電気,水道ともほぼ復旧,だいぶ日常生活を取り戻しつつあるが,ガソリンの不足は深刻,また,コンビニ等では食料品などは手に入れることが非常に困難になっている.
  こういう状況ではあるが,こんな時こそ,星を見て少しでも気持ちを明るくしてほしいということで,予定通り明日は観望会を行う予定.ガソリン不足の折,参加者はゼロかもしれないけれど.

  ・・・という状況で,自宅の自分の部屋はいまだほとんど地震直後の状態のまま.ブログ更新再開まではまだしばらく時間がかかりそうです.ご了承ください.

  最後になりましたが,もっともっと深刻な被害を受け,心に大きな傷も負われた上,いまだ苦しい生活を余儀なくされている東北地方の方々に心からお見舞い申し上げます.

よろしければこちらをクリックして応援の投票をお願いします.大きな大きな励みになります→にほんブログ村 科学ブログ 天文学・宇宙科学・天体観測へ

|

« 地震 | トップページ | 避難所にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

地震の被害、お見舞い申し上げます。
ご本人もご家族もご無事だったのことで少し安心しました。
おうちの方や仕事場の復旧にまだまだ時間がかかると思いますが、近い将来に、またすばらしい作品群を見せていただけると信じて楽しみにしています。
それではお身体をお大事に。

投稿: ぱっくん | 2011年3月21日 (月) 19時13分

コメントありがとうございます.
おかげさまで,(ペーパークラフトの方は)修復作業も進みつつあり,新しいものの製作にもかかっております.
ただ,自宅の自室はいまだ地震発生直後のまま,職場では,ボイラーや配管に被害が出たため,いまだ暖房が使えず,(他のところでも同じ状況かと思いますが)ガソリンはなかなか給油できずといった状況です.
でも,ブログ更新再開を機に,新しいことも始めるつもりですので,もうしばらくお待ちください.

投稿: Y-Nakagawa | 2011年3月24日 (木) 14時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 近況:

« 地震 | トップページ | 避難所にて »